• 院長プロフィール
  • WEB予約はこちら
  • 喜びの声を頂きました!
  • 驚き!こんな身体の使い方が腰痛の原因だった
  • ホームページ限定クーポン

お知らせ

アクセス

店舗外観

〒444-1154
愛知県安城市桜井町阿原7-1

【受付時間】
9:00~13:00
16:00~22:00(21:00受付終了)

【定休日】
水曜日

tel.0566-55-4508 お問い合わせはこちら
スタッフブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年1月

ブログ 2015年1月

安城市周辺の整体のかかりつけと言ったら、腰痛バスター安城です

皆さんが体調を崩した時には、お近くの
病院へ行きますね。

症状別にかかりつけの病院が
何軒かありますね。

気軽に行けて、これまでの病歴を記録
してくれて、相談にも応じてくれる心強い
お医者さんです。

ところが腰痛をはじめとする、骨格の
異常は専門家がいないのが現状で
腰痛難民が世の中に溢れています。

これといった治療が受けられずに
悪化していく場合もあります。

元々人類は二足歩行をしていますので
非常に無理な姿勢をしています。
誰が腰痛になっても不思議ではありません。
特別なことをしなくても腰痛は起きます。

いつ痛くなってもすぐに行けるように
かかりつけの整体院を決めておくとよいでしょう。

腰痛バスター安城には定期的なメンテナンスの
コースもあります。
貴方の身体の状態を把握しておけば
いざという時の対応も早くなります。

整体のかかりつけとしてご利用ください。





しつこい便秘の驚きの原因とは

今明かされる驚きの真実 これを知らないあなたは人生の多くを無駄にしています。

常に心のどこかで「苦しい・・・」「まだ出ない・・・」「ウコ・・・」と引っかかっていること。

良いといわれることはすべてやってみた。でも・・・やっぱり駄目だ。

そんな便秘に悩むあなたに思いがけない朗報です。

まだやっていないことがあります。

貴方は腰と背中の下の方が痛くないですか。

もしそうだとしたら、ますますこの話の主人公の可能性があります。

 食べたものが胃や小腸を通って大腸へ来た事を脳へ知らせますが、これがうまく伝わらない。

次に蠕動運動を始めて送り出しなさいという指示を脳から
便秘.png出しますがこれも伝わらない。

このように情報が止まってしまう場所が実は背中の下の方
(腰椎)なのです。

腰が痛い方の多くは骨盤がずれて腰椎もずれて曲がって
います。

この腰椎の間から体中へ神経が張り巡らされていますのでずれた骨が神経をつぶしてしまい、
情報のやり取りがうまくできなくなります。

もちろんすべての便秘にあてはまるわけではありませんが、多くの方から腰痛治療のおまけとして 
「出たーーー!!」
といううれしい報告をいただいております。

中には施術中にトイレに駆け込む方も。

あなたも一度試してみては?。

骨格矯正の匠 腰痛バスター安城は矯正技術 ”すごい骨盤矯正” を駆使して
貴方のお役に立ちます。









しつこい便秘の驚きの原因とはの続きを読む

ご存知ですか 分離症 すべり症は疲労骨折です

今回は大変重いお話で 背骨の骨折
についてです

<分離症>

長い間腰痛を我慢していると背骨の
下の方(腰椎)で疲労骨折を起こす
ことがあります。

腰痛とは骨盤が後ろに傾くことで起
こる事が多いですが、そのために
腰椎の湾曲が大きくなりすぎて、腰椎
の一部分に骨折を起こすものです。
(図のの部分)
分離すべり2.jpgのサムネイル画像
日常生活には大きな支障が無いのと
根本的な治療法がないので、そのまま
放置されることがほとんどで、一生
うまく付き合うしか方法はありません。

この状態を分離症と言います。

見分け方としては身体を後ろに反らせると
背骨の下の方、お尻が痛みます。

ただの腰痛他思い込んで一生を終える
方もいます。

<すべり症>

分離症の状態でさらに激しい運動や
仕事を続けると、骨折によって抑えを
失った背骨が前方にずれることが
あります。(赤の

背骨の中には神経の束が通って
いますから、激しい痛みと下半身の
神経障害や排せつ障害を起こします。

分離 すべり症をそれ以上進行させ
ないためには、骨盤の後傾を修正して
腰椎の湾曲を適正にもどしてずれを
防止する必要があります。

腰痛は早い時期のお手入れが必要です。



愛おしき腰痛よ 汝の名は "そり腰"

<幼児体型>
ややお尻とお腹が突き出た幼児体型で、何とも愛おしいそり腰ですが
ご本人にはたいへん深刻な腰痛です。

腰の奥深くに重苦しい痛みがあり、仰向けで寝ている時に尾骶骨が寝具に当たり
寝起きも苦しいです。

長く立っていても重苦しい痛みが出てきます。

他の人の体型と比べてみて、人知れず悩んでいる方も多いです。
特に女性の方はコンプレックスになるなど、心理面の負担もあります。

この体型の方は痛みが少なくても腰痛予備軍ですので、
症状の軽いうちに手入れをしておくことをお勧めします。

<原因は?>
原因として多いのが
〇ベッドのマットレスが柔らかすぎたり、古くなっている
〇椅子の座り方が悪い
〇前かがみの姿勢になることが多い
などが考えられます。

骨盤が後に傾いているために、背骨の下の部分(腰椎)の
湾曲が急になり痛みが出ています。

特にベッドの場合、マットレスのお尻の部分のへこみが大きい時は、
バスタオルをたたんでへこみに敷いて調節してください。
寝た感じが楽になるようでしたら、それが原因です。

<ご用心!>
この状態で放置していても、自然に改善されることはありません。
さらに進行して、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰椎分離症などに
発展しやすいので早目に手入れをしておくことが大切です。








前にかがむと痛い腰痛

<ひそかに進行する第一段階>
いちばん多いタイプの腰痛です。
痛くてもかがめる場合と、痛くてかがめない場合があります。

骨盤の両方または左右どちらか片方が、後方に傾いて起きるものです。
二足歩行をする人類の宿命と言え、誰に起きても不思議ではありません。

炊事や掃除機掛けなどの簡単な動きで痛むこともあります。

骨盤の関節に無理な力が加わることで、本来ありえない形にずれたものです。
痛みがない場合は、身体が硬くなったと感じている場合があります。

<第二段階がお手入れのタイミングです>
骨盤は後方に傾くと次に、内側にも傾き始めます。
この段階になりますと、身体を左右に傾けるのも辛くなります。

背骨にもずれが生じてやがて背中や首にも痛みを感じるようになります。
身体に硬さもかなり進行していて普通ではない感じになっています。

仰向けでなられないほどに痛みが増してきます。

<こんなことが主な原因と考えられます>
〇椅子の座り方が悪い(車の運転を含む)
〇体を左右にひねる
〇ベッドのマットレスが柔らかすぎる

<予想される最終段階 放置しているとこんな大変なことに・・・>
〇ぎっくり腰
〇椎間板ヘルニア
〇坐骨神経痛
〇脊椎分離症
いずれも辛い症状で、症状が安定するには日数がかかります。
脊椎分離症は骨折ですので回復は望めません。

こんな段階になる前に手入れをしましょう。
 


長時間立ったり座ったりしていると痛い腰痛は整体でケアしよう

腰痛の症状別の説明です

骨盤がずれを起こし左右のバランスが取れなくなり、それにつれて
背骨の下の方(腰椎)が捻じれと傾きを起こしたものです。

背骨には横突起と呼ばれる羽のような部分があり
そこから周囲に筋肉が張り巡らされています。

背骨の捻じれと傾きにより筋肉に引っ張られる部分ができ
その部分に痛みが出ます。

動けないような激しい痛みではないですが、
身体の奥深い部分に重苦しい痛みが続き
横になると痛みは止まります。

腰椎のズレは内臓の色々な部分の不調を招きます。
便秘などもその典型です。

整体で骨盤と腰椎を修正することで痛みはなくなります。

ご自身で簡単にできる対処法としては、
何でもいいですのでぶら下がってください。

一度に数秒程度、痛みを感じた時にぶら下がると効果的です。
一時的にではありますが楽になりなす。






仰向けに寝られないあなたの腰痛は、身体からのSOSです

〇聞こえていますか?身体のSOSを
〇誰にあってもおかしくない腰痛ですが、ない方がいいに決まっています
〇放置していると悪化を続けています 現状維持はありません
〇予防法はあるけれど、ご自分で改善はできません


~~~聞こえていますか?身体のSOSを~~~

腰痛でおいでになる方に共通した自覚症状に、仰向けで寝られない
ことがあります。
膝を立てたり横向きで寝たり工夫しています。 

この痛みは実はあなたの身体からの、「なんとかしてー!」という
SOSなのです。

長年続いていることなので、こんなもんだと思っていませんか。
痛いということは異常を知らせるサインです。

骨盤や背骨にズレがあって、正常な動きが出来なくなっていると
骨格に負担がかかって痛みが出ます。

~~~誰にあってもおかしくない腰痛ですが、ないほうがいいに決まっています~~~

二足歩行をする人間に腰痛はつきもので、
骨格にズレのない人を探す方が難しいと思います。

しかし腰痛はないほうがいいに決まっています。
痛みだけではなく、自律神経や内臓の働きにも重大な影響を及ぼすからです。

~~~放置していると悪化を続けています 現状維持はありません~~~

一度ずれができると体全体のバランスが崩れるので、次から次へと広がってゆき
より重大な全身症状になります。
今の症状が今後も維持できるわけではありません。

~~~予防法はあるけれど、ご自分で改善はできません~~~

身体の使い方や動かし方に注意をして予防することはできます。
しかしすでに悪くなっている骨格をご自分で改善することは無理です。

筋肉の問題ではないので、ストレッチやマッサージで改善はできません。
間違った対処をすればさらに悪化することもあります。

もしあなたが思いっきり仕事がしたい、趣味やスポーツを楽しみたい、
お子さんやお孫さんとの時間を充実させたいとお思いなら、
骨格矯正の方法を習得して経験を積んだ専門家の整体に任せるべきです。
それが楽な体への最短距離です。


腰痛バスター安城は全身専門?の整体院です

多くの皆さんからお問い合わせをいただくのが、
「腰だけしか見てくれないのですか?」という事です。

確かに店の名前からはそのように思われるのも当然ですね。

しかし人間の骨格というのは全身でワンセットになっていて、
絶妙のバランスでできている完成品と言えます。
どこか一か所に不具合があると他の部分に影響が及びます。
一か所だけでとどまる事はあまりありません。

逆に痛みのあるところだけをケアしても、原因が他の部分にある場合や
他の部分まで影響が及んでしまった場合は、全く施術効果がありません。

顎関節から膝、足首、踵まで関連個所を施術して全身のバランスを整える事で
根本からケアをします。

その意味で腰痛専門ではなく 全身専門の整体院と言えます。

家事・育児ストレスに打ち勝つのは筋肉だ!!

〇育児ストレスは最大級
〇体力、筋力は最小限
〇予防しましょう

~~~育児ストレスは最大級~~~
子育て中の若いお母さん方が、腰痛やかたっこりのお手入れに来て下さっています。
大変ありがとうございます。

でも皆さんに接していてつくづく思うのは、皆さんが心も体も深刻な状態で
何とか持ちこたえているということです。

肉体面・精神面の両方で追い込まれています。
家事の疲れにさらに育児ストレスが追い打ちをかけています。

全く生活のリズムの違う家族が一人増えて、しかもこちらの都合はお構いなしで
泣きわめく(失礼!)のでこれは大変です。

皆さんを観察していて感じるのは、一日中押し寄せてくる家事や育児を
手際よくこなしていくにしては、身体の筋肉量や体力が足りていないのではないかということです。

~~~体力・筋力は最小限~~~
多くの方がダイエットで食事を制限して、お腹がすくから身体を動かさない生活をして
スリムになることを目指していたでしょう。
これでは体を動かす最小限の筋肉しかありませんし体力もありません。
精神的にも行き詰まってしまします。

近くにおじいちゃんやおばあちゃんがいて何かと手伝ってもらえれば助かりますが、
それが望めない方は孤立無援状態です。

更に筋肉量が不足している方は、腰痛や肩こりになりやすく、出産も難産の傾向があります。

~~~予防しましょう~~~
若い女性の皆さん、出産・家事・育児が控えているのですから、筋肉も体力も付けましょう。
ご自分と将来の家族の為に、ダイエットよりシェイプアップをしましょう。

女性は筋肉ムキムキにはなりませんからご安心を。

太腿の筋肉が不足していると、お年を召してから変形性膝関節症になります。
痛いですよ。

運動した後はストレッチを忘れずに。

ジョギング・ランニング・スイミング・自転車など、楽しく体を動かしましょう。
安城市には 快足AC というランニングクラブがあって、初心者でも
いろいろと相談に乗ってくれるので、よろしかったらお試しください。

それでもだめなら腰痛バスター安城へ







炎のランナー(with 腰痛、膝痛 and 足首痛)

〇走りたい―!
〇痛い―!
〇しまったー!
〇はしるぞー!

~~~ 走りたい―! ~~~
今大変なランニングブームということで、街中でも楽しそうに
走っている方をたくさんお見かけいたします。

走ることは実に楽しいですね。
それにいつまでも健康で痛いという気持ちの現れもありますね。

ところが・・・

~~~痛いー!~~~
健康のために始めたランニングなのに、
重大な故障を抱えている方が見受けられます。

一度トレーニングを中断すると元に戻すのに時間がかかるので
なかなか休む気になれないのですね。

先延ばしにしているうちに重症化して、故障の範囲も広がり
満身創痍の状態の方も・・・。

~~~しまったー!~~~
トラブルを抱えた体では高いパフォーマンスは望めません。
何より高齢になった時にはもうすでに
取り返しのつかないという事態も予想されます。

多くの手遅れの方に接している関係で、
おせっかいですが言わせてもらいました。

追伸
~~~走るぞー!~~~
それでもあなたは走るのですね。








12

« 2014年12月 | メインページ | アーカイブ | 2015年2月 »

このページのトップへ