• 院長プロフィール
  • WEB予約はこちら
  • 喜びの声を頂きました!
  • 驚き!こんな身体の使い方が腰痛の原因だった
  • ホームページ限定クーポン

お知らせ

アクセス

店舗外観

〒444-1154
愛知県安城市桜井町阿原7-1

【受付時間】
9:00~13:00
16:00~22:00(21:00受付終了)

【定休日】
水曜日

tel.0566-55-4508 お問い合わせはこちら
スタッフブログ

HOME > ブログ > ギックリ腰症例 > 豊田市  ギックリ腰 K・Iさん 40歳代 会社員 男性

ブログ

< 産後の骨盤矯正 安城市 Y・Oさん 30歳代  |  一覧へ戻る  |  ヘルニア日記 7月18日 >

豊田市  ギックリ腰 K・Iさん 40歳代 会社員 男性

<ギックリ腰のお客様 喜びの声>

豊田市 K・Iさん 40歳代 会社員

!!!!今では定期的にメンテナンスとして通っています!!!
10年ほど前から腰痛があり、疲れが溜まると
特にひどくなることがしばしばありました。
そんなある日、町内の行事で朝からたち作業をして
いると、夕方には立っていることすら出来なくなり
そのとき一緒にいた知人から腰痛バスターを紹介され
施術を受けました。
その後、お陰様で腰は勿論ですが、首、膝とみて
頂き、今では定期的にメンテナンスとして
通っています。 
<症例>
主訴:腰の痛み(腰椎部分)、首の付け根の部分の痛み、
   
触診:頚椎6~7、軽度の左旋回のぎっくり腰,腰椎1~5左変位
 
 
施術内容:頚椎6~7を修正、腸骨左を内方前方・右を外方前方
     腰椎1~5を修正、ぎっくり腰を中心に施術
     腸骨の歪みが大きいため、仙骨をはじめ腰椎の捻じれ
     につながり痛みが出た。
 
     5回目(約1ヵ月経過時)左膝に痛みを訴える
     腰椎の影響を受けて両膝廻りりの炎症が進行して
     いた模様。
 
     腰痛の痛みに隠れていたものが、腰痛が収まってきた為に
     顕在化したものか。
     腰椎の影響による筋肉と靭帯の張りを解消するとともに、
     膝関節の調整を行なう。
 
     9か月経過後、四十肩の兆候が見られ経過観察中。
     進行が速いようであれば施術頻度を上げて
     対処の必要あり。
 
施術効果:比較的早期に対処できたため大事には至らず済んだ。
     あと2~3日先延ばしをしていたら、悪化していた
     可能性大。
     早期の手入れが早期回復の早道です。
 

カテゴリ:

< 産後の骨盤矯正 安城市 Y・Oさん 30歳代  |  一覧へ戻る  |  ヘルニア日記 7月18日 >

同じカテゴリの記事

安城市 椎間板ヘルニア こんな症例もあります

ヘルニア日記(22)
このページは椎間板ヘルニアやぎっくり腰
など、重症の腰痛にまつわるあれこれを 
紹介いたします。          
 
8月19日 
22年前にぎっくり腰を患い、10年前に
椎間板ヘルニアの診断をMRIの診断で受けて
それ以降年に1回程度のペースでぎっくり腰
を発症、左の腰から下に常に痛みを抱えて
いる方の症例です。

 
40歳代で安城市にお住いの男性です。
最近は2~3か月に1回のペースになり
しかも症状が重篤化して心配になりご来店。
 
拝見したところ骨盤が左に変位している
ギックリ状態。
かなり大きな変位です。
 
背骨も随所に変位が見られ、
特に腰椎部分が顕著でした。
 
やはり20年以上の積み重ねが重症化の原因です。
 
しかし体質的に恵まれており筋肉質が
柔軟な方でした
 
そのためか2回目の施術後には痛みと
痺れが消失、施術間隔を広げてゆく段階に移行、
経過観察を行っています。
 
ただ安心できないのは、これまでの
長年の積み重ねがあり、放置することにより
簡単に戻る可能性があります。
 
定期的な点検はもちろんですが、異常を
感じたらすぐに対処をする必要があります。
 
完治したわけではなく、爆弾を抱えているという
緊張感は忘れないでください。
 

かかとの骨により腰痛が発症します

ヘルニア日記⑰ 8月7日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や
ギックリ腰にまつわるあれやこれやを
お話しするページです。

~~今回は踵(かかと)のお話です。~~
 
毎日骨格の痛みを抱えた皆さんと接して
いると、非常にスムーズに骨格が動く
グループとなかなか動かないグループに
分けられます。
 
その大きな原因としてムチ打ち症により
脊柱のコントロールがきかないグループと、
踵の骨の傾きによって下半身の骨格の
バランスが崩れることが、骨格の矯正の
障害になっているグループに分けられます。
 
首も踵も想像もしなかった原因かと思いますが、
かなりの割合で存在します。
 
踵の骨(以下 踵骨)が内側に倒れると
扁平足・外反母趾、外側に倒れるとハイアーチ
となることが多いようです。
 
偏平足・外反母趾は足の甲の高さが低くなります。
左右の甲の高さに差があると、骨盤の高さも
同じ高低差で決定されます。
 
この時点で腰痛が発症します。
 
同時にふくらはぎ・太腿ともに内側に回転して、
骨盤は前方に傾きます。
 
この2種類の動きにより骨格は歪みを起し、
腰痛を発症します。
 
このように腰痛バスター安城では踵の骨の調整
により腰痛・ギックリ腰・椎間板ヘルニア・
坐骨神経痛のケアを行っています。
 
色々な改善を試みて効果の見られない方、
一度腰痛バスター安城をお試しください。
 
劇的な変化が現れる場合があります。
 
ハイアーチは次回でアップします。
 
 

むち打ち症・四十肩・ギックリ腰・椎間板ヘルニアの合併症

ヘルニア日記⑬ 8月2日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や
ギックリ腰にまつわるあれやこれやを
お話しするページです。

~~このような症例もあります~~
 
西尾市 A・Oさん 50歳代
 
4か月くらい前にギックリ腰を患ってから
ヘルニアを発症。
 
左右の腰からつま先までの痛みと足裏の
しびれに悩み来店。
 
仕事が、椅子に座り頭上のパネルを操作する
事が多いので首も辛くて、腕も上がらない。
 
ご本人はムチ打ち症の記憶はないようだが、
骨格にはその兆候があり対処する。
 
肩関節周囲炎もあって腕が上がらないので
メニューに加える。
 
ギックリ腰と椎間板ヘルニアの矯正を
行って終了。
 
劇的に軽くなったとの感想がもらえる。
 
3回目終了の時点で足のしびれと痛みは
ほぼ解消した。
 
あとは施術間隔を広げてゆき、経過観察に移る。
 
この症例はムチ打ち症・四十肩・ギックリ腰・
椎間板ヘルニアの合併症です。
 
こちらの方の喜びの声と症例は後ほどご紹介します。

ギックリ腰症例① 岡崎市 M・Oさん 40歳代 会社員女性  

岡崎市/西尾市/東海市/大府市のギックリ腰は腰痛バスター安城へ
ギックリ腰症例① 岡崎市 M・Oさん 40歳代 会社員女性
 
激しい側彎と、強い痛みでまっすぐに歩けない状態でご来店しま
した。
 
主訴:数年前から腰痛があり、しばらくは安定していたものの、
   ここ数日で急激に痛みが強くなる。
   痛みの場所は腰全体、特に腰椎・仙骨付近。
 
問診:正面から見て左腸骨は外方 右腸骨は内方 仙骨は右方向
   へそれぞれ変位。
   身体全体は大きくS字カーブを描いており、強いハりと
   強い痛みがある状態。
   極端にゆっくりでなければ動けない状態で、座る・寝る
   などの動きも制限されている。
   うつ伏せも苦痛のため、腸骨を調整して事なきを得る。
 
触診:頸椎3番右 6・7番左 胸椎6・7番右 腰椎1番左
   4番右 をそれぞれ頂点として湾曲を形成。
   左右腸骨左 仙骨右 に旋回 右腸骨後方に変位。
   背筋は湾曲部分で特に強いハリがある。
 
施術方針:腰椎1番と4番 腸骨の変位が主原因と推定。
   腸骨の変位を減少せることで全身的な針を緩和させ
   痛みを減少させるのが最優先事項。
   ”すごい骨盤矯正”で全身骨格を矯正する。
   
 
結果:初回施術後の感想~身体全体の力が抜けて痛みが緩和した。
   3回目(12日目)のご来店で強い痛みは収まるものの
   腸骨の左右の変位は残る。
   骨格矯正プログラム”すごい骨盤矯正”を使用しています。
   6回目(21日目)でS字は消滅し、身体の前屈も  
   身体の正面に曲がるようになる。
   今後は経過観察を行って、微調整をしながら安定を保つ。
   腰痛発症のメカニズムと簡単な腰痛予防法を説明しました。
 
評価:左腸骨の可動性が悪いのが最大の原因。
   長年の積み重ねの結果と思われる。
   今後はある程度の期間、  

このページのトップへ