• 院長プロフィール
  • WEB予約はこちら
  • 喜びの声を頂きました!
  • 驚き!こんな身体の使い方が腰痛の原因だった
  • ホームページ限定クーポン

お知らせ

アクセス

店舗外観

〒444-1154
愛知県安城市桜井町阿原7-1

【受付時間】
9:00~13:00
16:00~22:00(21:00受付終了)

【定休日】
水曜日

tel.0566-55-4508 お問い合わせはこちら
スタッフブログ

HOME > ブログ > 椎間板ヘルニア症例 > 椎間板ヘルニア・ギックリ腰の症例

ブログ

< 椅子に浅く座るのは腰痛の原因です  |  一覧へ戻る  |  アクセル・ブレーキの踏み替えが腰痛の原因 >

椎間板ヘルニア・ギックリ腰の症例

椎間板ヘルニア・ギックリ腰の症例
かなり重症のギックリ腰と椎間板ヘルニアの方

安城市在住 20歳代 男性 T・Kさん 会社員

問診: 2~3年前からギックリ腰を発症
    以後数回の発作を経験、右大腿部前面に
    しびれと痛み、右骨盤に痛みがある。
    軽いO脚がある。
   
触診結果: 踵骨が軽い回内
    背中に強いハリがあり、骨盤は右が内方後方
    左は外方後方。
    まっすぐに立てない状態でかなり痛みが強い
    腰椎に不整列がありヘルニアの発生個所。
 
初回施術: かなり症状が悪い。
    典型的なギックリ腰で3回目にはやや
回復傾向がみられる。
 
施術結果: 7回目あたりから回復速度が速まり
    徐々に施術間隔が開いてきた。
 
今後の予想:12回目で施術間隔は3週間に開いて
    間もなく1ヵ月に到達できる見込み。
    最後の仕上げの段階。

カテゴリ:

< 椅子に浅く座るのは腰痛の原因です  |  一覧へ戻る  |  アクセル・ブレーキの踏み替えが腰痛の原因 >

同じカテゴリの記事

お客様の喜びの声 碧南市 O・Aさん 50歳代 会社員 男性

スキャン_20150829小笠原.png碧南市 A・Oさん 50歳代 会社員

・・・2度目の来院後しびれは消えた・・・
・・・椎間板ヘルニアでご来店の方です・・


<喜びの声>ぎっくり腰後、腰からふくらはぎ
、足の裏へのつっぱり感を経て痺れを感じる
ようになり来院しました。
3か月ほど接骨院や整形外科に通院、MRI診断
を行ったものの、「神経に触れている様子は
ない」と診断されました。
知り合いの紹介で、腰痛バスターに来院し
説明を受け、骨のズレ・ゆがみについて丁寧に
おしえてもらった。
2度目の来院後しびれは消えた。
徐々にツッパリ感もなくなりつつある。
 
健康保険をつかえないことが気になるが
自分のマネースタイルに合わせて、定期的に
骨のズレ・ゆがみを直してもらえるのがいいと思う。
 
<腰痛バスター安城からひと言>
完全によくなるまでの時間とかかる費用を
トータルで考えると、はるかに安上がりかと思います
1回あたりは安くても、いつまでも通い続けるのでは
安くはありません。
はるかに少ない時間と回数で確実に回復しています。
<症例>
主訴: 左右の腰から脚にかけてのしびれと痛み。
   
問診:4か月ほど前からつっぱり感・痺れを感じる
頭上での作業をすることが多く、非常につらい。
 
施術内容: ムチ打ちは無いとのことだが、非常に
軽い痕跡がある。
これを解消することで他の部分が矯正可能となる。
特に腰椎部分を念入りに矯正する。
骨盤は内方後方の変位を矯正。
 
今後の予想:つっぱり・痺れは解消しているが、
間隔があくと骨格は悪い状態に戻りやすい。
これまでの経緯を考えると、もう少し時間を
かけた方が早く安定する。

安城市 椎間板ヘルニア こんな症例もあります

ヘルニア日記(22)
このページは椎間板ヘルニアやぎっくり腰
など、重症の腰痛にまつわるあれこれを 
紹介いたします。          
 
8月19日 
22年前にぎっくり腰を患い、10年前に
椎間板ヘルニアの診断をMRIの診断で受けて
それ以降年に1回程度のペースでぎっくり腰
を発症、左の腰から下に常に痛みを抱えて
いる方の症例です。

 
40歳代で安城市にお住いの男性です。
最近は2~3か月に1回のペースになり
しかも症状が重篤化して心配になりご来店。
 
拝見したところ骨盤が左に変位している
ギックリ状態。
かなり大きな変位です。
 
背骨も随所に変位が見られ、
特に腰椎部分が顕著でした。
 
やはり20年以上の積み重ねが重症化の原因です。
 
しかし体質的に恵まれており筋肉質が
柔軟な方でした
 
そのためか2回目の施術後には痛みと
痺れが消失、施術間隔を広げてゆく段階に移行、
経過観察を行っています。
 
ただ安心できないのは、これまでの
長年の積み重ねがあり、放置することにより
簡単に戻る可能性があります。
 
定期的な点検はもちろんですが、異常を
感じたらすぐに対処をする必要があります。
 
完治したわけではなく、爆弾を抱えているという
緊張感は忘れないでください。
 

かかとの骨により腰痛が発症します

ヘルニア日記⑰ 8月7日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や
ギックリ腰にまつわるあれやこれやを
お話しするページです。

~~今回は踵(かかと)のお話です。~~
 
毎日骨格の痛みを抱えた皆さんと接して
いると、非常にスムーズに骨格が動く
グループとなかなか動かないグループに
分けられます。
 
その大きな原因としてムチ打ち症により
脊柱のコントロールがきかないグループと、
踵の骨の傾きによって下半身の骨格の
バランスが崩れることが、骨格の矯正の
障害になっているグループに分けられます。
 
首も踵も想像もしなかった原因かと思いますが、
かなりの割合で存在します。
 
踵の骨(以下 踵骨)が内側に倒れると
扁平足・外反母趾、外側に倒れるとハイアーチ
となることが多いようです。
 
偏平足・外反母趾は足の甲の高さが低くなります。
左右の甲の高さに差があると、骨盤の高さも
同じ高低差で決定されます。
 
この時点で腰痛が発症します。
 
同時にふくらはぎ・太腿ともに内側に回転して、
骨盤は前方に傾きます。
 
この2種類の動きにより骨格は歪みを起し、
腰痛を発症します。
 
このように腰痛バスター安城では踵の骨の調整
により腰痛・ギックリ腰・椎間板ヘルニア・
坐骨神経痛のケアを行っています。
 
色々な改善を試みて効果の見られない方、
一度腰痛バスター安城をお試しください。
 
劇的な変化が現れる場合があります。
 
ハイアーチは次回でアップします。
 
 

むち打ち症・四十肩・ギックリ腰・椎間板ヘルニアの合併症

ヘルニア日記⑬ 8月2日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や
ギックリ腰にまつわるあれやこれやを
お話しするページです。

~~このような症例もあります~~
 
西尾市 A・Oさん 50歳代
 
4か月くらい前にギックリ腰を患ってから
ヘルニアを発症。
 
左右の腰からつま先までの痛みと足裏の
しびれに悩み来店。
 
仕事が、椅子に座り頭上のパネルを操作する
事が多いので首も辛くて、腕も上がらない。
 
ご本人はムチ打ち症の記憶はないようだが、
骨格にはその兆候があり対処する。
 
肩関節周囲炎もあって腕が上がらないので
メニューに加える。
 
ギックリ腰と椎間板ヘルニアの矯正を
行って終了。
 
劇的に軽くなったとの感想がもらえる。
 
3回目終了の時点で足のしびれと痛みは
ほぼ解消した。
 
あとは施術間隔を広げてゆき、経過観察に移る。
 
この症例はムチ打ち症・四十肩・ギックリ腰・
椎間板ヘルニアの合併症です。
 
こちらの方の喜びの声と症例は後ほどご紹介します。

豊田市 K・Mさん 46歳 会社員 男性

<喜びの声>
豊田市 K・Mさん 46歳 会社員 男性
 
                  ヘルニアで来ました。16年の間色々と      
声KM_20150728.jpg やってみたけどだめで、今度もやっぱり
ダメかなと思ったけどここは違いました。

思い切って来てよかった。
  

今は先生に感謝感謝の気持ちです。
 
最初は軽い腰痛だけだったけれど、10年位
前からはしびれが強くなってきて、最近は
足の感覚がありません。
 
車の運転ができないので仕事にならなくて、
現在休職中です。
 
蓄えを切り崩しての生活で、だんだん心細くなり、
まだ小さな子供がいるので、自由にならない
自分の身体に情けない思いをしていました。
 
それまでに整形外科を2軒、接骨院・整体・
カイロプラクティックは何軒も試したけれど
どれもだめで、効果はありませんでした。
 
そんな時ふと目にとまった腰痛バスター安城
に「多分だめだろうな」と思いながら来てみました。
 
思い切ってお店へ行ってそれまでの事を
説明していると、丁寧に話を聞いてくれて
腰痛の原因やヘルニアの実績を話してくれて
「心配はしなくてもいい」と言ってくれました。
この一言でずいぶん救われました。
 
いろいろと身体を調べながらどんな状態なのかを
説明してくれて、これからどんな事をやるのかを
詳しく説明してくれました。
 
自分の身体がどうなっているかがよくわかり、何だか
希望が持てるようになりました。
 
痛い部分の骨格矯正は確かに痛いです。
でも「イタキモチいい」のと終わった後が
すごく楽になるので我慢できます。
 
回数を重ねるごとに楽になっていき、5回目
あたりから、痛みと痺れが軽くなっていくのが
実感できて、毎回楽しみになっています。
 
今回はどんないいことが起こるのか、
こんな気持ちは久しぶりのことです。
 
もう少しで仕事にも復帰できそうで、そうすれば
生活も安定してくるし元の生活に戻れます。
 
もっと早く来ていればよかった。
先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとう、これからもまだお願いします。
 
<症例>
主訴:10年ほど前からのヘルニア
   両足(腰から下)の痺れ・痛み・知覚障害
 
触診:ムチ打ちはなし
   頸椎・胸椎・腰椎・骨盤・仙骨すべてに
不正列多数あり。
特に腰椎の変位は強い
仙骨に左回旋
骨盤は内方後方
 
施術内容:腰椎を中心に施術を進める。
     1~2回目は痛みをとることを主眼に
     3回目からは全身を対象にする
     5回目からは顕著な変化がみられ、
     回復が早まる。
     以後順調に推移する。
 
施術効果:かなり重症だったので戻りの傾向が強い。
     施術後は軽快するがしびれが出てくるのも早い。
     もう少し回数がかかるものと思う。
  
 

このページのトップへ