• 院長プロフィール
  • WEB予約はこちら
  • 喜びの声を頂きました!
  • 驚き!こんな身体の使い方が腰痛の原因だった
  • ホームページ限定クーポン

お知らせ

アクセス

店舗外観

〒444-1154
愛知県安城市桜井町阿原7-1

【受付時間】
9:00~13:00
16:00~22:00(21:00受付終了)

【定休日】
水曜日

tel.0566-55-4508 お問い合わせはこちら
スタッフブログ

HOME > ブログ > ハイアーチ > ハイアーチのお客様 喜びの声と症例

ブログ

< とっても嬉しいご報告です  |  一覧へ戻る  |  腰痛の手入れを怠っていると将来はどうなるのか >

ハイアーチのお客様 喜びの声と症例


名古屋市 会社員 女性 50歳代  
喜びの声
一年半前に足底筋膜炎により、歩くのが困難な時期がありました 。
整形外科に行ったらハイアーチと診断され、それをカバーするインソールを処方されました。
それにより歩くのに不自由がなくなったのは良かったのですが、足裏の痛みやしびれは完全には治らずに、
靴にそのインソールを入れたとたんに激痛が走る状態が続いていました。
そんな時、腰痛バスター安城さんを知りました。
そもそもハイアーチを治すという発想がなかったのですが、ホームページでそこに触れられていたので
思い切って施術を受けてみました。

そしたら通い始めて1ヵ月ですが、あんなにしつこかった足裏のしびれが無くなり、
高額インソールを使わなくても歩けるようになりました。
私もでしたが、整体って言ったことの無い人には敷居が高いものでした。
でも根本である骨格を正すことって大切なんだなあと感じました。
それとこちらの思いを汲んで施術してくださるのでいいと思います。

症例
主訴:足底筋膜炎、内反小趾、右膝痛、O脚、両足のしびれ、坐骨神経痛
触診:前足部外反変形と一連の付随した症状、第1指・第5指の付け根にタコ
   骨盤の後傾、足底アーチ部分にインソールによる皮膚の肥厚 両膝外旋

施術:ハイアーチ矯正術を行い両膝の外旋を修正、内反小趾の矯正を行う

経過:週1回の間隔でスタート、5回目の頃から痛みが軽減。
   10回の施術で経過観察に移る。

カテゴリ:

< とっても嬉しいご報告です  |  一覧へ戻る  |  腰痛の手入れを怠っていると将来はどうなるのか >

同じカテゴリの記事

足底筋膜炎

足底筋膜炎は ハイアーチや偏平足で引き起こされます。
昨日、愛知県安城市から2回目の来店のハイアーチの足底筋膜炎の方、
朝起きて歩き始めの1歩・2歩が特に痛かったのですが、
激痛はかなり減少しているようです。

このように腰痛バスター安城の骨格矯正はかなり効果があります。
同時にギックリ腰も軽くなって動きが楽になっているようです。
ギックリ腰もハイアーチが原因の可能性があります。

ハイアーチ(甲高の足)と腰痛のケアは骨格矯正で

ハイアーチの原因でいちばん大きな原因と思われるのが、立っている時の体重のかけ方です。
皆さん無意識に小指の付け根の部分に体重がかかっているようですが、この足の形がやがてハイアーチという重大な結果となって帰ってくることになります。
KIMG0134.JPGのサムネイル画像
まさかそんな仕組みが体に備わっていようとは思ってもみませんから、無理もないことですね
立つ時の体重は足の裏全体にかけていたほうがいいのです。
しかしその前にすでにハイアーチになっている場合は、いくら気を付けても小指に乗ってしまいま
す。事前に骨格を矯正して中立に立てるようにしておくことをお勧めします。
 

ハイアーチ(甲高の足)と腰痛のケアは骨格矯正で

腰痛バスター安城ではハイアーチ整体が好評です。
ハイアーチは脚の苦痛だけでなく重症の腰痛(椎間板ヘルニア・タコの足.jpg

坐骨神経痛・ギックリ腰)や変形性膝関節症の原因と思われます。
厄介なハイアーチについてのあれこれを書いていきます。
今回は、原因について。
整形外科では遺伝か原因不明とされていますので、対処法はインソールを処方されて苦痛を緩和するだけしかありません。
腰痛バスター安城では独自に研究を行ってきた結果、歩き方と体重のかけ方が大きな原因になっていることを突き止めました。

お客様の喜びの声と症例

腰痛バスター安城のお客様の喜びの声と症例
豊橋市 30歳代 会社員 男性
 
ハイアーチからくる変形性膝関節症 および腰痛Scan_20170110.jpg肩関節の亜脱臼による手根管症候群でご来店
 
2016年9月中旬、実家の法要を控えた数日前から以前も時折苦しんでいた腰~尻の痛みに襲われ、普通に立つことや歩くこと、腰かけることすらままならない状態が続いていました。
 
それまでは、痛みを感じて辛くなると鎮痛剤の服用やお灸をすえたり家電量販店のマッサージチェアに乗ったりとその場しのぎの事をしてきました。しかし今回ばかりはそれらを行っても痛みは改善しません。
 
妻から「とりあえず法要だけは乗り越えてほしい」と言われ、インターネットで整体を調べてくれ、実家に近い事もあってかここを進めてくれたので、わらをもすがる気持ちで訪れました。
 
早速訪れ症状を伝えると完全予約制の旨説明を受け、夕方に1枠空いているとのことで再度訪れました。
 
先生には詳細な症状を丁寧に聞いていただき、60分の施術後は老人のごとく腰を曲げていた自分が嘘なくらいとても快適に帰宅することができ、翌日の法要も無事終わることができました。
 
妻からも「昨日の朝までが見違えるようね」と言われました!!
 
とはいっても時折無理したりすると痛むことがあるので定期的に見ていただいています。
 
腰痛バスター安城 略してyba 最高です!!
 
《症例》
主訴:腰全体の痛み、右大腿部後の痛み
 
問診:ムチ打ち経験あり、ギックリ腰は1~2年前からあり
   偏平足、反張膝、右脚捻挫の経験あり、右手親指がばね指
   以上の症状がある
 
触診:偏平足は右足だけで、左脚はハイアーチになっていて
左右の骨盤の高さが違うことによる腰痛の可能性
   更にハイアーチ由来の反張膝と思われる
   右親指は育児による腱鞘炎の可能性があります
 
   歩行動作を動画に取り込み分析したところ、左膝の外旋によって
   接地時の踵の内旋が起きていることが判明
 
施術経過:筋肉質が柔らかいためか腰痛はほどなく快癒
  6回目のご来店あたりで全身が良好な状態になるが
  唯一右手親指のばね指のみ症状に変化が見られず
  肩関節を調整したところ劇的に回復した模様
  現在経過観察期間中
 
評価:身体の一番下部の足はまさに土台ですが、ここの骨格のバランスが狂うと
  全身の骨格に狂いが生じます。
  このように非常に大切な脚の骨格ですが、足も含めて骨格医療は大変遅れていると言わざるを得ません。
  症状を悪化させないためにも、まず自身の骨格に関心をもって、身体の使い方に注意を払っていただくのが大切です。

お客様の喜びの声と症例

お客様の声
安城市 会社員 50歳代 女性
 
一度ひどいギックリ腰をし、接骨院でのScan_藤田千春.png電気治療と毎日の湿布で治ったのか、
月日が経ち忘れるようになりました。
 
気を付けてはいたものの、二度三度と
ギックリ腰です。
 
よく人が言う ゛癖になる“ ってこれだ
と思いました。
 
不定期に起こる首の痛みにも悩んでいた
ので、インターネットからカイロイズム
を知り腰痛バスターさんにたどり着き
ました。
 
最初の日、腰を曲げて来院しましたが、
帰り道には足取りも軽く、買い物も
できました。
 
首の痛みはむち打ちだと分かり、頭痛薬が
手放せなかったのが飲まなくて済んでます。
 
骨格の歪みはけがのように自分の目では
分かりにくく、足腰の痛みは筋肉のなさと。
年齢によるものだと思い込んでいました。
 
将来今以上の症状があることは明らかです。
もう少し自分の身体を大切に使っていこう
と思います。
 
毎回汗だくで治療して頂き感謝しつつも、
私は痛みが薄れスッキリでき、申し訳ない
程です。(笑い)
 
 
<症例集>
ギックリ腰と坐骨神経痛のお客様
 
主訴:右の腰の痛み、大腿部のしびれ、頭痛、
   肩甲骨周辺の痛み
 
問診:ムチ打ち経験はなし(その後2年前に
軽いむち打ちの経験に訂正)
5年ほど前から3回のギックリ腰
自律神経系にも問題がある様子。
 
触診:全身の筋肉量の不足、ムチ打ちの影響と思われるが
   強く複雑な全身の歪みがあり、これでは非常につらい状態と思われる。
   体幹の全てが歪んだ状態。重症の部類。
 
施術経過:4~5日の間隔で施術を開始。
   当初はムチ打ちとハイアーチを中心に処置を行う。
   頸椎1番(環椎)左に変位して自律神経の不調の原因か
   4回目からは7日間隔の施術に拡大し、次第により広げてゆく。
 
   頭痛、めまい、吐き気、肩こりも収束し坐骨神経痛と肩甲骨周辺の痛みもおさまり、薬なしでも生活に支障をきたさない程度まで回復。
 
   
 
評価:長い期間体調不良が続き体力が落ちていました。
   筋肉量が少なく骨格を維持するのがやっとの状態です。
   頭痛やめまいなどの神経症状を抑えるために、ムチ打ちの処置から開始。
   またハイアーチもかなり強めの症状で、骨盤を後傾していたために腰痛が悪化していた。
   両者とも程なく安定し体力の回復を待ちながら施術をすすめている。
   
体調に波はあるものの経過観察期間を過ごしています。

このページのトップへ