• 院長プロフィール
  • WEB予約はこちら
  • 喜びの声を頂きました!
  • 驚き!こんな身体の使い方が腰痛の原因だった
  • ホームページ限定クーポン

お知らせ

アクセス

店舗外観

〒444-1154
愛知県安城市桜井町阿原7-1

【受付時間】
9:00~13:00
16:00~22:00(21:00受付終了)

【定休日】
水曜日

tel.0566-55-4508 お問い合わせはこちら
スタッフブログ

HOME > 股関節痛

股関節痛

股関節痛・変形性股関節症

【股関節痛】
多くはぎっくり腰のような強い腰痛を経験することで起こっているようです。
坐骨神経痛と同じく背骨の歪みにより神経が圧迫されることで
股関節周りの筋肉に張りや痛みが起こる神経症状です。

時には硬くなった筋肉や腱がこすれるときに「パキッ」という音がすることがあります。
腰椎2番~仙骨の歪みで起き、インナーマッスルの大腰筋・腸骨筋
で起きれば太腿が上がりにくくなります。

股関節痛.png
このほか恥骨筋・縫工筋・内転筋など大小さまざまな筋肉が股関節周りにあり
重要な動きをすることで複雑な体の動きを助けています。

これらのどの筋肉でも起こる可能性があります。

対処としては、骨盤と背骨の形を修正することで解消することがほとんどです。
筋膜リリース・トリガーポイントなどと診断されることがあると思いますが、
痛みが取れるなどの結果が全てです。
一般的に言われる股関節痛はこのように神経障害のことです。

しかし変形性股関節痛は若干様子が違います。

【変形性股関節症】
四足歩行用にできている骨盤を二足歩行で使うことにより、
まれに大腿骨頭を支えきれない形に変形することがあるようです。

骨盤の歪みが大きくなり大腿骨の骨頭が骨盤の窪み(臼蓋)からはみ出してしまい、
かろうじて残っている部分に負荷が過重にかかり軟骨がすり減ったと思われます。

IMG_0006.JPG      
     四足歩行の股関節、これが本来の形です

「股関節は骨盤側のくぼんでいる臼蓋(きゅうがい)といわれる部分に、
大腿骨の先端の丸い骨頭がはまり込む形をしていて、前後左右斜めと自在に動かすことができます。
しかし、日々歩くことで常に体重を受けるので大変過酷な状態といえます。
正常ならクッションの役割をする軟骨が股関節にかかる負担を軽減しますが、
スポーツや転倒によって臼蓋に少し傷がつくとか、寛骨臼形成不全(かんこつきゅうけいせいふぜん)
と呼ばれている臼蓋の被りが浅い状態などでひとたびほころびが出ると、
股関節は徐々に悪くなっていきます。」
【藤井 英紀】関節痛い.comより引用(https://www.kansetsu-itai.com/doctor/doc195.php)
 
IMG_0007.JPG
二足歩行で骨盤をやや後方に変異した形 大腿骨頭が寛骨臼蓋に浅く収まっています

整形外科では骨の変形・奇形と判断していて手術によって骨盤を切り取り
前方に移動して骨盤の被りを大きくするようです。

当店では骨盤の形を本来あるべき形に戻すことで股関節の接触面を増大させ負担を軽減します。

すでに軟骨が摩耗している場合は、自費による再生治療が有効のようです。

いずれにしても骨盤のずれは、腰痛のみならずこのような重症の障害にも発展しますので
常に適正な形に維持することが重要です。

ホームページトップへ
http://www.youtuu-anjou.com/

ご予約お問い合わせは
0566-55-4508

Web 予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています

この施術は数多くの実績があります。
したがって初回の施術終了後に何一つ
効果を感じていただけない時は初回料
金(施術料+初診料)は頂きません。


土日営業(水曜定休) 20:20最終受付
 予約優先  安城市桜井町阿原7-1
(スギ薬局桜井店正面 横山医院隣) 

アクセスを見る
 http://www.youtuu-anjou.com/access/
料金を見る
 http://www.youtuu-anjou.com/price/

このページのトップへ