HOME > ブログ > アーカイブ > 2014年7月

ブログ : 2014年7月

枕は高さが全てです(素材や値段ではない)

首の痛みを訴えてこられる方の多くに枕が高すぎるための痛みがあります。
みなさん共通しているのは、首の付け根部分が本来ありえないほど前方に大きく湾曲していることです。
あごが突き出た状態で首の骨(頸椎)は一直線になり、いわゆるストレートネックなどと呼ぶ人もいます。

首の痛みのほかに肩こり、頭痛、めまい、吐き気などの症状を訴える方もおいでになります。

では適正な枕の高さはというと、体格により個人差はありますが、標準的な方で仰向けになった状態で首の部分の高さで、
手の薬指の長さくらいの高さをお勧めしています。

後頭部はもう少し低くなり、背中の肉付きによっても多少の増減はあります。
また高さが調節できる素材でしたらなんでもかまいません。

中にはこの高さにすると苦しい方もおいでになりますが、この場合は高い枕に合わせた形に骨格が変形している為ですので
腰痛バスター安城で適正な形に矯正することで楽になります。




お子さんにも腰痛はあります

意外に思われるかもしれませんが 、実はお子さんにも腰痛はあります。
骨格が成長途中にあり筋肉量もまだ十分とは言えないケースが多く、
骨格のズレや歪みを発症しやすいためです。

しかし筋肉が柔らかいために歪みを痛みとしてとらえられない場合があり、
痛みを感じた時にはかなり進行していることがあり、
放置していると全身の発達に悪影響を及ぼします。

内臓機能や体格、運動機能の発達障害などにも影響を及ぼします。
お子さんが一言「痛い」といった時は、もしかしたら重大な異常が潜んでいるかもしれません。
またご自分で痛さを表現できない場合もあります。

又まれにですが骨格が原因ではない腰痛もあり、その場合は内臓疾患などが原因のこともあり
病院の受診をお勧めいたします。

骨格の痛みに年齢は関係ありませんので、もしもの場合を考えてあげてください。
腰痛バスター安城では小学校中学年以上から対応していますので
お気軽にお越しください。






五十肩:はやめの手入れで早期解消

多くの方が苦しんでいる五十肩とは:
40歳以上の方で、肩周辺の強い痛みで腕が動かない状態で、ほかにこれといった原因がない場合に五十肩と呼んでいます。

あまり身体を使わない為に筋肉が硬くなって発症する場合と、逆に腕を使いすぎて筋肉が硬くなり発症する場合があります。
最初に痛みを感じることから始まりますが、進行のスピードは個人差があるようです。

上や後ろへの動きが制限され、重症化すれば肩関節の亜脱臼にまで至る場合があります。
ご自身の身の回りのことも不自由になり、睡眠にも支障をきたすなど深刻な苦痛を伴い、生活の質が著しく低下します。

1~2年で自然に回復するようですが、完全に元通りにならない場合も多いようです。

腰痛バスター安城では、頸椎と胸椎にも原因の可能性の一部があると考えますので、肩関節も含めた骨格の矯正を行うと同時に、肩周辺の筋肉のケアの両面から回復を図ります。

できるだけ早めに施術を開始する方が早期回復の近道です。
進行期、安定期、回復期それぞれ施術密度が違いますので詳しくは一度ご相談ください。

腰痛ケアのタイミング(今は痛くないから大丈夫?)

「腰が痛い事もあるけれど、今は何ともないし・・・」
 腰痛の手入れを先延ばしにしているあなた。

それは骨格のズレに体が馴染んでいるだけで、決して治っているわけではありません。
一時的に痛みを感じなくなっているだけで、ゆがみは着々と拡大してゆきます。
痛い~痛くない~を繰り返しながら、すっかり忘れていると
 
  ある時突然・・・。

そうならない為には、いつ手入れをすればいいのでしょう。

答えは 「痛くないときに」です。

痛みのないときであれば、比較的少ない回数で効果が実感できます。
しかしこじれて痛みの激しい時には、炎症が起きており骨格矯正の正しい効果を得られません。
さらにギックリ腰や椎間板ヘルニアを発症してからでは何倍もの時間を必要としますし、余分な痛みを我慢しなければなりません。

二足歩行をする人間にとって腰痛は宿命のようなもので、老若男女を問わず発症するといっても過言ではなく、
人類共通のトラブルと言えます。

したがって腰痛のケアは特別なものではなく、気になった時に気軽に行うのがベストです。

そのためには、いざという時の 腰痛のかかりつけ を決めておくのがいいでしょう。

「はやめの〇〇〇〇」という風邪薬がありますが
  「はやめの腰痛バスター」です









HPをリニューアルしました!!

HPをリニューアルしました!!今後ともカイロイズム 腰痛バスター安城をよろしくお願いいたします。

1

メインページ | アーカイブ | 2014年8月 »

このページのトップへ