HOME > ブログ > アーカイブ > 2014年12月

ブログ : 2014年12月

サイクルスポーツと腰痛

趣味の多様化に伴い、サイクルスポーツもブームと言われております。
ところがこのブームによって、自転車に由来する腰痛が増えています。

状態を起こして乗るタイプの自転車は問題ないのですが
前傾姿勢で乗るスポーツタイプに腰痛が多発しています。

これはその前傾姿勢自体に問題があります。

腰痛の原因は骨盤が後ろに倒れることなのですが
ペダルに体重を乗せるために取っているこの前傾姿勢の為に
骨盤が後ろに倒れます。

さらにその前傾姿勢のままでペダルを踏み続ければ
骨盤はますます後傾を強めます。

この状態がまさに腰痛になるわけです。

けれだけですと非常に簡単な腰痛ですが、我慢を重ねてこじれた場合や
転倒して体を強打した骨格のズレが加わると非常に難解な腰痛になります。

あまりこじれないうちに治療をしましょう。
転倒した場合は、倒れた時の状況を詳しく伺って原因を突き止めます。

いずれにしてもそのまま放置していて自然に回復することはありませんので
早い時期に骨格矯正を受けることをお勧めします。

腰痛バスター安城は、一人一人の症状に応じて施術をしています。






やっちゃったー 正月早々ぎっくりかよー 第2弾

 ②故郷の四国へ自家用車で帰省をしたBさん。
途中の高速道路で30Km以上の大渋滞につかまりノロノロ運転。

ブレーキとアクセルを踏み続けているうちに右の腰に違和感が出始め、
しばらくすると激痛になってしまった。

楽しいはずの帰省が激痛との戦いになり、帰宅するころには
まっすぐ立てないほどになっていました。

原因はブレーキとアクセルを踏みかえるたびに足の重量が骨盤に集中して
骨盤がずれたものでした。

またBさんは座席に浅く腰掛ける座り方をしていたために、
痛みを増大させる結果になりました。
椅子にはできるだけ深く腰掛けるのが腰痛の予防になります。

フットブレーキが多くなるときはサイドブレーキに切り替えて、
たまには骨盤を休ませることも必要です。
サービスエリアで休憩をとるのもいいですね。

骨盤リセット工房 腰痛バスター安城では
もっと詳しい椅子の座り方をお話ししております。
腰痛予防に是非お役立て下さい。

あなたを骨格矯正技術 ”すごい骨盤矯正” でお待ちしています。

12月31日から1月3日まで正月休みをいただきます。



やっちゃったー 正月早々ギックリかよー

 例年 正月明けにこのような皆さんが大勢おいでになります。
日頃から軽い腰痛を繰り返しながら、ギリギリのところで持ちこたえていた皆さんが
ついにその限界を超えてしまったようです。

代表的な例を1~2ご紹介いたします。

①正月の間、これと言って外出の予定もなく、寝正月だったAさん
日頃の睡眠不足を解消しようと食っちゃ寝の生活。

途中までは良かったものの、だんだん背中と腰が痛くなり
ついには歩くのもままならない状態に。

営業開始早々にご来店で、かなり重症のギックリ腰でした。

Aさんの場合は骨格自体が寝られる状態ではなかったようで、
寝れば寝るほど腰痛は悪化する一方でした。

腰痛も進行してくると、仰向けに寝られないようになってきて
椎間板ヘルニアや腰椎分離症などの発症の恐れもあります。

横向きではギックリにも発展します。

更にこの方はベッドが柔らかすぎたことも原因の一つとして挙げられ、
仰向けになるとお尻の部分が大きくへこんでいるので、
余計に骨盤の後傾が助長されたものです。

体の不調は寝て治すという先入観があって、身体を休ませることが多いですが
腰痛の場合は寝ても治ることはありません。

腰の痛みを感じたらこじれないうちに、
骨盤リセット工房 カイロイズム 腰痛バスター安城へお越しください。

腰痛バスター安城は 12月31日(水)~新年1月3日(土) までがお休みですが
それ以外は通常営業です。
骨格矯性技術 ”すごい骨盤矯正” でお待ちしています。










肩こり 五十肩の思いがけない原因とは・・・

肩こり 五十肩にもいくつかの原因があって
その一つが胸椎(背骨の上の方)の曲りがあります。

もう一つ多くの方に見られる症状として巻き肩があります。
腕(上腕)が 内旋している場合です。

両手で何かものを持つ時などに、重さの為に内向きに回旋する力が働きます。
本来は歩行をするための前足だったのに、本来とはかけ離れた使い方をした為に
肩関節が回転したものです。

肩の関節の動きがぎこちない、肩回りの痛みがなかなか取れない、変な音がするときには
いちど調べてみましょう。

同じような症状でも、亜脱臼をしていることもありますので
きちんと処置をした方が安心です。

腰痛バスター安城では、いろいろな場合を想定して対処しています。

2015年 新年の営業のご案内

2014年 12月31日から
2015年  1月 3日まで
正月休みをいただきます。

2015年は腰痛と無縁の生活が出来るように
腰痛バスター安城で治療をしてください。

皆様 よいお年をお迎えください。

小さなお子さんがいてもベビーサークルがあるので大丈夫

腰痛バスター安城では小さなお子様用にベビーサークルを用意しています。
リラックマです。
「預かってもらえるところがない」「誰にも頼めない」ので「なかなか治療に行けない」
という方も多いようです。

予約制なので貸し切り状態のため、泣いても騒いでも大丈夫!
活発に動き回ってけがをする心配もありません。

ただおもちゃやおやつなどは衛生面の問題がありますので、各自ご用意ください。

あとベビーカーをご利用の方は、そのまま店に入っていただいて結構です。
お子さんと並んで治療を受けて頂けます。

遠慮なくお越しください。

冬来たりなば 腰痛遠からじ

 例年木枯らしが吹くころになると、腰痛をはじめとして全身の痛みを訴える方が増えてきます。
皆さんのお体の手入れをしていると、その痛みが尋常なものではないことがよくわかります。
長年にわたり激しい痛みと戦ってきているようで、その苦しさや絶望感を感じるにつけ、
何とかして差し上げようと心を引き締める毎日です。

施術中に痛みが消えた時の驚きの様子からは、半信半疑で何度も体を動かし、やがて確信に変わっていく過程が喜びに満ち溢れており、私も目頭が熱くなります。
この仕事をやっていてよかったと思う毎日です。

一般的に言われていることですが、二足歩行の人間にとって腰痛はつきもので、
いつの間にか全身の骨格はずれてゆきます。

これは老若男女、美しい方もそれほどでもない方も、分け隔てなく平等に起こることです。

この歪みは気温の上昇とともに消えてなくなるといいのでしょうが、
生憎と進行のスピードは加速しております。
そしてある時突然、息もできないくらいの激しい痛みに襲われることになります。
ギックリ腰や椎間板ヘルニアが発症した瞬間で、更に腰椎分離症に進行することもあります。

入浴などで一時的に楽になったりもしますが、筋肉が柔らかくなり痛みが引いただけで
骨格が正常に戻ったわけではありません。

痛みを感じた時点で、早めに骨格の手入れをすることが早期回復の近道です。
また定期的にメンテナンスをすることで、常に良好な状態を維持してください。
骨盤リセット工房 腰痛バスター安城は「腰痛のかかりつけ」です。
 
また腰痛のほかに全身の骨格を調整いたしますので、腰痛の匠 腰痛バスター安城で
ほれぼれする骨格 を手に入れてください。

春の訪れのころには 楽な体になりましょう。






1

« 2014年11月 | メインページ | アーカイブ | 2015年1月 »

このページのトップへ