HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年3月

ブログ : 2016年3月

注意が必要 左肩のこり

<肩こりバスター>
肩こりバスターは国民病ともいえる肩こりにまつわるあれこれをご紹介します。
 
腰痛バスター安城の肩こりバスターには、数々のサプライズを求めて、名古屋市をはじめとして、豊田市、岡崎市など近隣の地域からも大勢お越しになっています。
 
・・左肩の異常・こり・痛み・・
左肩にコリや痛みを訴えてご来店になる方がいます。
 
この場合、心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患の予兆である場合がありますので、心臓に持病がある方は注意が必要です。
 
左肩にコリと痛みを感じたら、念のためにかかりつけの病院で調べてみてください。
 
もう一つは胃の機能が低下している時にも左肩にコリを感じることがあります。
 
左の鎖骨の奥にある静脈角という部分は、身体を流れたリンパ液が静脈に戻る場所ですが、ストレスや暴飲暴食などで胃の機能が低下した時にリンパ液の滞りができて左肩の凝りを感じることがあります。
 
胃を休めたり、病院で手入れをすることで回復してきます。
 
このように左肩のこりは内臓との関連の場合がありますので、我慢しないで病院へ行きましょう。
 
 

平日の午前中の時間帯に余裕があります。

安城市、名古屋市、豊田市、岡崎市などの
ヘルニア・ギックリ腰・肩こり・腰痛の皆さん。

申し訳ありません。
午後の時間帯(16:00~22:00)は
一週間先まで予約がとりにくい状態が続いています。

急なご希望には何とかやりくりをして対応をしています。
第一希望・第二希望・第三希望と、幅を広げていただければ
より予約がとりやすくなります。

平日の午前中(9:00~12:00)は、比較的余裕があります。
可能な方は平日・午前のご利用もご検討いただければ幸いです。

いづれにしても絶対にお断りはしない方針ですので、
何とかする方法を相談しましょう。

ハイアーチ(甲高の足)と肩こりの関係

<肩こりバスター>
肩こりバスターは国民病ともいえる肩
こりにまつわるあれこれをご紹介しま
す。
 
腰痛バスター安城の肩こりバスター
には、数々のサプライズを求めて、名
古屋市をはじめとして、豊田市、岡崎
市など近隣の地域からも大勢お越し
になっています。
 
次のような事例は決して特別なことでは
ありません。
(足首に原因がある肩こりです!!)
 
「なんのこっちゃ?」とお思いの方も多い
のでは。
でも不思議でも何でもない、本当の話
です。
 
人間の身体はこんな風になっています。
 
40歳台 男性 N・Sさん
腰痛・肩凝り・首痛・全身疲労でご来店
  この方個人の感想です。効果には個人差があります。

 全身が俗にいう「鉄板」状態です。
今まで何をやっても全く効果がなかった
方です。
 
調べていくうちに足がハイアーチ(甲高)
であることに気が付きました。
 
足底とアキレス腱の強いハリがあって、
主訴の症状も併せてハイアーチの主な
症状そのものです。
 
踵(かかと)の骨が外側に傾いている為
の症状で、原因は遺伝、奇形、歩き方の
癖、サイズが合わない靴・靴の踵を踏ん
で歩く、足や膝や腰の骨格の歪みなどが
考えられます。
 
足の骨格は細かい骨で組み立てられた
精密機械にたとえられますが、身体の
サイズに比べてあまりに華奢な骨格です
ので、身体のさまざまな動きに耐えられ
ないで骨格が崩れる事があります。
 
たとえば内股で歩きますと小指の付け根
に体重がかかり、ハイアーチの原因となる
可能性が高いです。
 
一度崩れた骨格は次第に拡大してゆき
やがて体全体が歪むことになります。
 
N・Sさんはこの状態でのご来店でした。
 
一通り身体全体の骨格矯正を終え、足・
膝の矯正を終えた時には、身体全体の
骨格のこわばりが消え一回り近くも小さく
なったような印象です。
 
もちろん肩こりも解消しています。
身体全体が軽くなり、矯正の効果が
はっきりと現れています。
 
原因が足首にあったため、いくら腰痛や
肩こりの治療を試みても効果がなかった
ようです。
 
このように肩こりバスターは肩のみならず
、全身をリセットすることで肩こりのケアを
してゆきます。
 
腰痛バスター安城の肩こりバスターの
ご紹介でした。
 

肩こりバスター

<肩こりバスター>
肩こりバスターは国民病ともいえる肩こり
にまつわるあれこれをご紹介します。
 
腰痛バスター安城の肩こりバスターには、
数々のサプライズを求めて、名古屋市を
はじめとして、豊田市、岡崎市など近隣の
地域からも大勢お越しになっています。
 
これまで数十年の間、良いといわれる事
はすべて試してきても効果がなかった方。
 
「もしかして・・・でもダメだろうな」
と思いつつ腰痛バスターに来店して、
いとも簡単に肩こりが解消したらそれは
驚きですよね。
 
信じられないとおっしゃるのも無理はあり
ません。
 
でもそんなにすごいからといって、決して
魔法を使っているわけではありません。
 
ではなぜそんなにサプライズが起きるの
か、次のうちどれでしょう。
 
☑肩回りはもちろん、全身の骨格の歪み
を解消することを目標としているから。
 
☑マニュアルに頼るのではなく、一人一人
の症状に合わせた施術を行い、常に効果
を確かめながら進めてゆくから。
 
☑それでも不足している部分はピンポイント
で修正できるから。
 
☑回復までのプログラムがあるから。
 
答えはすべてです。
つまりマッサージでは解消しない骨格の
問題を根本から正してゆくから、こんなに
多くの皆さんに支持されています。
 
例えば足が疲れやすい方は、ハイアーチ
(甲高の足)や偏平足・外反母趾の手入れ
と膝の手入れを行います。
 
また椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ギック
リ腰などの腰痛がある方はその部分の手入
れが必要です。
 
肩こりとは全身で起きている症状の一部分
ですので、肩だけの対処では効果が限定的
なのは当然ですね。
 
あなたも全身の不快感の解消を試してみませんか。


肩こり・ヘルニア・坐骨神経痛・ギックリ腰の合併症

<喜びの声>
  椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ギッスキャン_都築.jpg クリ腰でご来店
  N・Tさん 30歳台 岡崎市 自営業
  この方個人の感想です。効果には個人差があります。

   いつもお世話になっております。
  6年前くらいにヘルニアと診断されて
以来腰の痛みと付き合ってきました。
 
  去年、動けないほどの痛みにおそわれ
こちらを受診させていただきました。
 
  1ヵ月程通った頃には、通常生活では全く痛みがなくなりました。
 
  今では仕事をしていても痛みはないです。大変感謝しております。
  大変良くして頂いておりますので気持ちよく通わせて頂いています。
 
  これからもよろしくお願いいたします。
<症例>
主訴: 6年前から左脚全体にヘルニアの
しびれ
   肩こりと右臀部の痛み 
   
触診: ギックリ腰の形跡がある
   前年の動けないほどの痛みはギックリだった模様
   腰椎3番にも坐骨神経痛の変位があり腰椎5番のヘルニアとの合併症を起こしています。
   
施術効果:3回目までは3~4日の集中
施術を行う。
4回目には効果が現れ軽快を始め
間隔を7日間に広げる。
以後回復に合わせて間隔を広げる。
現在1ヵ月間隔の経過観察を行っています。

1

« 2016年2月 | メインページ | アーカイブ | 2016年4月 »

このページのトップへ