HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年1月

ブログ : 2017年1月

腰痛予防の椅子のプロデュースを始めました

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。

腰痛バスター安城は腰痛予防の椅子のプロデュースを始めました。 
電車やバス・飛行機など公共交通機関などで旅行をして、腰が痛くなったことはありませんか。
 
私は以前から旅行をすると腰が痛くなります。
共通して言えることは、それらに使われている椅子が腰痛を意識しているようには思えないことです。
電車椅子.jpg 待合椅子.jpg


研究はしているのでしょうが、少し視点がずれていたり、背骨にばかり注意が集中して骨盤の存在が無視されており、どうして腰痛が起きるのかの分析がなされていないように思えます。  
 
そもそも医療の専門機関においても、骨盤の仕組みについては研究があまり進んでいないように思えます。
少し前までは骨盤は動かないものと言われていたくらいです。
腰痛の権威は「腰痛の80%は原因不明」とも公言しています。
 
身体の他の部分の動きにつれて骨盤がどの様に連動するのか、腰痛の時の骨盤はどんな状態になっているのかなど、健康な骨盤のレントゲン・MRIだけを見ていても理解できない複雑な現象が数多くあり、よくできた仕組みはまさに神の領域です。
 
健康な骨格と比較して、様々に崩れた骨盤が全身に及ぼす影響の事例を数多く集めることで見えてくる全身の骨格の特性を、理解する必要があります。
 
そのうえで、座るという動きの時に腰痛を起こさない方法を考える必要があります。
 
先日も椅子の最高峰と言われるメーカーのシートに座る機会があって10種類程度試したけれど、70~80点程度と言わざるを得ません。
全体的にはよく作りこまれているのだけれど、骨盤部分の処理が甘くて、良い座り方を常に維持していなければ腰痛の予防効果は発揮できない作りに思えます。
うかうかしていては腰が痛くなります。
 
高額なパーツにしては物足りないのですが、もちろん自動車メーカーの純正品に比べると良い出来です。
 
公共施設や交通機関、乗用車や作業用の車に座ることで健康被害を起こすのは経済損失につながります。
どんな椅子でも安心して座れることが大切ですが、どんな椅子でも座り方が悪ければ効果は半減しますので座り方にもご注意を。
 
そんな訳でこの度、私、腰痛バスター安城が椅子の構造の提案をしてゆきたいと思います。
常に骨格の仕組みに携わる立場だからこそできることです。
 
腰痛にならない座り方と、座っても腰痛にならない椅子を世界標準にしてゆきたい。
 
そんな訳でどなたか各メーカーに開発部門のお知り合いはいませんか。
ぜひご紹介をお願いします。
 
自動車メーカー、MRJ、電車メーカー、家具メーカー、事務用品メーカー、工事車両メーカー、その他椅子を扱うところならどこでも歓迎です。
 

便秘整体 腰痛ケアのお客様から喜びの報告が・・・

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

《お客様から喜びの報告が続々と・・・》
便秘の対策は骨格の矯正が有効な場合があります。KIMG0285色男2.jpg当院に腰痛などのケアでおいでになっている皆さんから、
お寄せいただく声で非常に多いのは便通改善の話です。
 
それほど深刻ではないけれど、「便秘気味」あるいは
「あまりスッキリしない」状態だった方から、「最近調子がいいけど整体と関係ある?」とのお問い合せをよくいただきます。
 
明らかにそれまでの体調とは違っているようです。
これまではこんなに良い状態が長続きしたことが無かったようですがこれが本来あるべき状態なのです。
この方は腰痛のケアのおまけで便秘が解消しています。
 
逆に便秘のケアの目的でご来店になって、腰痛が解消している方もおいでになります。
坐骨神経痛と同じ原因で発症していますので、どちらも同じ経過をたどるのは当然のことです。
 
便秘のケアというと仰向けになって腸のマッサージを思い浮かべる方もおいでになると思いますが、これには抵抗感を覚えますよね。
 
仰向けでお腹をさわるというのは一番無防備な体勢ですので、本能的に警戒感を抱きます。
そんな不快な行為は必要ありませんので、すべてうつぶせの状態で脊柱の矯正を行い仰向けでは首のみを施術します。
 
原因の場所が背骨と首にあるからそこだけの施術になります。
 この仕事を始めあて神経の勉強をしたときからこの事はわかっていたのでさほど驚くことはありませんが、一般の方からすれば驚きの効果のようです。
 
どちらも諦める必要がない事はお分かりいただけたと思います。
何十年も苦しんできたことが嘘のように思えてくる腰痛バスター安城のKIMG0261産後写真.jpg便秘整体と腰痛ケア、ぜひ一度お試しください。
 
写真は腰痛バスター安城の毎日大活躍しているトイレです。
お子様用のアンパンマンの便座もあります。

詳しくはhttps://www.youtuu-anjou.com/hallux-valgus/をご覧ください

慢性便秘の仕組み

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

意外と難しい仕組みのようです。
腰痛バスター安城の慢性便秘整体のお話です。
ポイントは2つあります。
その①頸椎1番(首の骨のいちばん上)環椎Atlas
この骨は脳幹部分に位置していますので自律神経にも関与しています。
腰痛やむち打ちなどの様々な理由から脊柱の湾曲ができると、一番上部の環椎Atlasもその影響で何らかのずれを起こします。
 
脳幹の機能(Wikipediaより)
脳幹は多種多様な神経核から構成されており、その機能も当然ながら多様であり、この小さな部分に多数の生命維持機能を含む。

1.   多数の脳神経が出入りし、多数の神経核が存在する。
2.   自律神経機能中枢が存在する。
3.   意識と覚醒に重要な神経回路があるとされる。網様体の項を参照。
うんこ.jpg4.   脊髄から視床へ上行する感覚神経路が存在する。
5.   上位中枢から脊髄に下降する運動神経路が存在する。
6.   姿勢反射の中枢である。
 
このように重要な役割の脳幹を支える環椎が正常な働きをしないので、
自律神経をはじめとした全身の神経は不調になります。
顕著に表れるのが消化器官の蠕動運動に障害が現れます。 
もう一か所同様の影響を受けるのが背中の下の方、腰椎1番~2番の歪みです。

ここからは脚に向かう神経と腸に向かう神経が背骨一つ一つの間から出ています。
脚の神経をずれた骨が圧迫すると坐骨神経痛、腸の神経を圧迫すると便秘になります。
内容物が胃から小腸、大腸へと進んできてもその信号が遮断されて脳に伝わりにくく、脳からも働きを活性化する指示が腸に伝わりません。
いつまでも内容物がとどまっているので便秘になります。
 
このように一番根本的な部分が原因になっていますので、食物繊維や乳酸菌の問題では解決しないことになります。
便秘を感じたら真っ先に骨格矯正を試してみるのが重要です。

慢性的な便秘でお困りのあなたに朗報です

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

貴方は、腰痛の手入れをしたついでに便秘が改善するのと、便秘の手入れをしたついでに腰痛が改善するのは、どちらが嬉しいですか。
腰痛バスター安城はどちらのご要望にも応えています。

なぜなら、坐骨神経痛と便秘は兄弟のような存在だからです。
便秘女性.jpg背骨の下の方からは脚に向かう神経と腸に向かう神経が出ています。

腰痛により背骨が歪むと、ずれた骨が脚の神経を圧迫して坐骨神経痛を、
腸の神経を圧迫して便秘が起こるケースが大変多く見られます。


良いといわれることをすべて試みているのに、全く変化のない頑固な
便秘はもしかしたらこれが原因かもしれません。


お腹をマッサージされるのっていやですよね。
薬に頼るのも副作用が心配だし、だんだん効果が無くなってくるし・・・。

そんなあなたにうってつけの方法でがあります。

首や背骨の歪みを矯正することで内臓の働きを活性化する画期的な方法です。
毎日のように多くの方がこの施術を受けていて、特別なことではありません。

あっけないくらいに簡単なケースもありますよ。
貴方はどちらを ついで にしますか?

詳しくは本文をご覧ください

1

« 2016年12月 | メインページ | アーカイブ | 2017年2月 »

このページのトップへ