HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年4月

ブログ : 2017年4月

首や背中をバキバキ鳴らす

驚きヘッダーfacebook.pngのサムネイル画像

首や背中がムズムズして、「バキ!」と鳴らすとスッキリするあなた。
確かにその瞬間にスッキリしますが、すっきりした効果以上に大きなダメージをうけています。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

バキバキ.jpg

日常的に繰り返している方の骨格を見ると、激しいいずれが背骨全体にいきわたっています。
その瞬間の音自体は「クラッキング音」と言われて関節包から発する音で、指の関節を鳴らすのと同じ原理です。
ただその仕組みは完全に解明されてはいないようです。

NEWSWEEK 「いまだにナゾだった関節がポキっとなるメカニズム・ついに解明に近づく」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-9884.phpを参照

しかし関節の仕組みを無視して無理な動きを繰り返すことでズレとゆがみを起こし、さらに鳴らさずにはいられない状態に陥るまさに悪循環の状態です。
背骨の歪みは更に骨盤の歪みにつながり、次第に背骨の湾曲に応じた骨盤に変化してゆき、さらなる歪みをひき起こす腰痛の循環が始まります。

鳴らしたい衝動に駆られている方は、それ以上悪化しないうちに骨格の矯正をしましょう。
(2019年2月3日加筆)
 

うつぶせ寝は首への拷問です

驚きヘッダーfacebook.pngのサムネイル画像

子供のころからの習慣でうつ伏せでなければ寝られない方がいますがそのような皆さんにとっては残念なお話です。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

うつ伏せ寝はメリット・デメリットそれぞれあります。
仰向けで寝るのは人類だけですが、ほかの動物がうつ伏せで寝るときは四肢を折りたたんでその上に寝ますが完全におなかを地面につけて寝る事はしません。

おなかを地面につける姿勢は首が真横に向きますので、長時間続けていると骨格にはかなりの負担になります。

うつ伏せ.jpg

更に枕が硬く、高さも高い(薬指の長さ以上)場合、頸椎は不自然な角度に変形しますのでズレや歪みが発生します。
頸椎1番にズレが起きると顎関節症や自律神経失調などをひき起こし、頸椎の他の部分のズレは目・耳・鼻・口などの異常や、肩こり・頭痛・めまい・吐き気などもひき起こします。
そのズレはやがて背中から骨盤まで達し、腰痛を発症します。

尚、頸椎のズレが強く椎体が癒着している場合、ずれが邪魔をして骨格は矯正を受け付けません。
これはムチ打ちと同じ状態になります。
 
中には腰の痛みが強くて上向きに寝られないことがありうつ伏せで寝ると骨盤は前方に変位しますので少しは楽になりうつ伏せでしか寝られない方います。
しかし首への負担は変わりませんので、歪みの悪循環におちいります。

この時点ではすでに自然治癒力は失われていますので、それ以上の進行を防ぐためには一刻も早く骨格矯正を行う必要があります。
 

ごろ寝 それは悪魔の誘惑

驚きヘッダーfacebook.png

”ごろ寝” ・・リラックスの代名詞のようなこの姿勢、テレビを見ながらが日課になっている方も多いのでは。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
ごろ寝.jpg

最初のうちは首の痛みや肩こり程度の自覚症状です。
更に頭痛やめまい・吐き気、背中の痛みと次第に範囲が広がってゆき、やがて腰の痛みへと進行します。

どのくらい良くないのかは、立った姿勢でこの格好をやってみるとよくわかります。
非常に強い力で首を横に曲げていて長時間その姿勢を続けますので首と背中の骨格には強いゆがみが生じます。



自然治癒力の及ばないレベルまで歪むと身体全体がバランスをとるために反対側の歪みを作り、しだいに骨盤まで拡大することになり腰痛を発症します。

次に関節が変形して可動域の減少した状態が続くと周囲の組織や関節包までもが癒着してきます。
脊柱や骨盤の仙腸関節に発症すると重苦しい痛みが持続して動きも制限されたままです。

癒着した部分を引きはがし可動域を増大するリハビリ的な施術が必要になります。 
我慢の期間が長いほど後戻りしやすい事になり、何気なしにしたごろ寝が大変な結果になって帰って来ます。

全身は繋がっていますので、首の痛みはやがて骨盤のバランスを狂わせることになるというお話でした。


何もしないという身体の使い方

驚きヘッダー.pngのサムネイル画像

このシリーズは身体の間違った使い方で骨格のトラブルを起こすお話をしていますが、
身体を使わないことで起こるトラブルについてページを割きます。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
 
積極的に体を動かすのが嫌いで運動などはしたことが無くストレッチも問題外、家事もできればしたくない。
あるいは仕事一筋の人生だったが、定年退職後一日中何もしない夢のような生活をしていたら、半年で全身がガタガタになり悪夢の生活になった。

ごろ寝.jpg

このようなパターンの方が意外と多い事に驚いています。
長い歴史の中で多くの生物はわずかな食料を得るためにすべての労力を注いで命を繋いできており、適応できた種だけが選別されて現在に至っています。
DNAには少ない栄養で最大の働きを行うための情報が記憶されています。

DIY.jpg

運動不足と飽食の生活が可能になったのはつい最近のことで、それも地球の一部地域に限られていて、身体はこのような急激な変化には追い付いていません。
身体を使わずにいると筋肉は細く硬くなり骨格を維持するだけの力を失います。

硬い筋肉の制限をこえて動かそうとした場合、関節が負けて歪むことで何とか動作を完成させますが、歪みは残ったままになります。
関節も可動域が減少して動きが悪くなり、それを超えて動かした時にずれて歪むことになり関節固有の回転軸が変化してさらに動きは悪くなります。

この他に消化器系や循環器系にも運動不足による弊害は多く指摘されており、生命力が低下しているといわざるを得ません。

ヨガ.jpg

適度な運動はご自分でできる数少ない腰痛予防法と言えます。
努力した分だけ結果はついてきますので、日々の積み重ねで健康な体を手に入れましょう。

 

骨盤が動かない前屈(背中で曲がる)

驚きヘッダー.pngのサムネイル画像

非常に多くの方に見られるパターンです。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
 
身体を前屈する時は骨盤が股関節部分から前傾して身体の動きを助けます。
しかしこの前傾ができない場合があって、その分を背骨(腰椎)が代わって動くことになりますが、腰椎はそれぞれ5度~10度程度しか可動域はありません。

不適切な前屈.jpg
(この写真の被写体の方、勝手に使ってごめんなさい。
でもよく見ると骨盤が動いていないのがわかりますよね。
その分をこの方は背中の真ん中部分が曲がっていて、いわゆる”猫背”の状態です。)

腰痛になりにくい身体の使い方前かがみの正しい方法の説明です


この腰椎で180度近くの前屈をすると腰椎の可動域をはるかに超えてしまい、捻じれてズレることで何とかその場はしのぐのですが、ズレと捻じれは復元できずに腰痛が新たに発生します。
正しい座り方.jpgのサムネイル画像
この状態を続けていると背骨は捻じれと傾きの度合いを強め長時間立っている・座っている時に重苦しい痛みを伴うようになります。
この前屈という動きは日常のあらゆるシーンで使う動作で例えば「座る」事も前屈の一種です。
ではなぜ骨盤が前傾しないのでしょうか?

前屈人形.jpg

理由は2つ考えられます。
その①:無意識による癖でそうなっている。
指摘されないし身体に悪いとは知らないので、そうなっていることが多いようです。
これはご自身の自覚次第で解決できます。
 
その②:以前から腰痛があって仙腸関節
(骨盤の関節)の動きが悪くなっている。
骨盤が動かない分を背骨(腰椎)が過剰に動くことになり、ズレを起こし次第に拡大してゆきます。

自覚症状は前屈ができないなどの身体の硬さになりますが、長期間の腰痛がある方は筋肉の硬さよりも股関節の可動域の減少を疑った方がいいでしょう。
お任せください.jpg

この場合は関節固有の回転軸がずれる(関節の変形)ために本来の関節の動きができなくなっているものです。
この回転軸の修正は高度の技術を必要としますので、実績のある施設で骨格の矯正を受けてください。

脚を組んで座る

驚きヘッダー.pngのサムネイル画像


「脚を組んで座る」
足を組む.jpgのサムネイル画像
(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
 
足を組む.jpg
足を組む.jpg
これが良くないのは皆さんもよくご存じのことと思いますが、漠然と理解しているのではないかと思います。
そこでその仕組みを説明します。

脚を組む時の動きを分解すると、
①足を上にあげる、
②太腿を外旋させる
の二つになります。

①脚を上にあげると骨盤は後傾(上向き)になり、坐骨は位置的には高くなり、骨盤は歪みます。
②太腿が外旋すると、
骨盤は後傾する仕組みになっています。

これは大腿骨の形が関係していて、絶妙のしくみが悪い方に働いています。



①②の働きにより骨盤が後傾すると、上方に変位しますので骨盤は左右に傾き、背骨は湾曲をします。
上方に変位した側に体重がかかり続けるので身体全体の歪みは進行を続けて、とどまるところを知りません。
 
また骨盤の形が悪いために身体全体のバランスが不安定になり、足を組まずにはいられなくなります。
興味本位や何気なしに始めた足を組む動作がやめられなくなりますので、心当たりのある方は早めに骨格矯正を受けましょう。
 

座椅子も腰痛へと強力に誘導します

驚きヘッダー.pngのサムネイル画像

座椅子はリラックスして座る前提で使いますので、すぐに体は前方に滑り骨盤が後傾して、これが腰痛の始まりです。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
 
背骨(腰椎)も本来とは逆の前方に湾曲をしますので、ズレや痛みを起こし更に下半身のしびれを招きます。
床に座る行為自体が骨格には負担になっていて、腰や膝の骨格を狂わせる原因の一つです。

座椅子.jpg
      (この犬は本文とは関係ありません)

ではどうすればいいのか・・、
座椅子を使ってもいいのですが座る時は背もたれに寄りかからない、これ大事です。
立っている姿勢なら大した問題にはなりません。

子供3.jpg

背骨が垂直に積みあがっていて体重を受け止めていますし、骨盤を後傾に導く働きはありません。
この姿勢のままで座る事、つまり寄りかからないで背筋を伸ばすことで腰痛になりにくい座り方になります。

ただし、すでに腰痛が重症の方は骨盤自体が後傾になっていて、力を抜くと前かがみになります。
もうすでに予防できるレベルではなくなっていますので、一度骨盤を正しい形にリセットしてからチャレンジしてみてください。

椅子の座り方が腰痛の大きな原因です

驚きヘッダー.pngのサムネイル画像

たぶんほとんどの方がこの座り方をしていると思いますが椅子に浅く腰掛けて背もたれに寄りかかる形です。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
 
もっともやってはいけない座り方で、骨盤は上半身の重力で後ろに押し付けられて後傾をしていきます。
これが痛みの基本形その①です。

椅子-thumb-224x149-808.jpgのサムネイル画像

更に腰椎(背骨の下の部分)も後向きのカーブになっていますが、本来のこの部分は、逆の前向きのカーブでなければなりません。
限界を超えた時にずれを起して、場合によっては痛みやしびれを起こします。

では良い座り方とはどんなものでしょう。
できるだけ深く(背もたれいっぱいまで)腰かけて、骨盤を前に倒して(おへそを前に出す)座ってください。
正しい座り方.jpg
背筋がピンと伸びて腰のあたりが楽に感じるはずですがこれが良い座り方です。
ところが世間一般の椅子、たぶん99%くらいはこれができない構造になっていて、座るだけで腰痛を起こす形に誘導されます。

このような場合に備えておへその裏側の部分にクッションを入れて、骨盤が後ろに倒れない工夫をしてください。
椅子の誘いに乗ってはいけません。

ちなみに背もたれにもたれかかるのは、一般的には体重を分散できて疲れを起こさないとお考えではありませんか。
実は全く逆で、背骨が後ろにずれないために身体の前側の筋肉が必死に引っ張っています。


大変な筋肉疲労を起こしていますので、決して楽な座り方をしているわけではありません。
背骨はまっすぐ上に積み重なっていた方が、筋肉を使わないで済みますので疲れません。

腰痛の手入れを怠っていると将来はどうなるのか

腰痛の手入れをしないでいると将来どうなるのか・・というお話

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

これは私の想像で書いているのではなく、実際にあった実話を書いています。
怖い話ですので気の弱い方は決して・・・途中でやめないで最後まで読んで、きちんと手入れをしてください。
 
基本的に痛みがあるということはそこに異常があることの警告です。
ですから痛みは我慢することなくその都度解消することが大切です。
 
問題なのは痛みを感じにくい方がいて、相当の骨格異常があるのに平気な方がいます。このような方はそれまで何ともなかったのが、突然ギックリ腰に襲われた・・ということがある方です。
手入れのタイミングを逃してしまい、場合によっては手遅れの状態になります。
また治療をしようにも治せる治療院にめぐりあえなかった方もいて、何ともやりきれない思いです。
 
腰痛は時間の経過とともにギックリ腰を起こして坐骨神経痛・椎間板ヘルニアへと進行します。この時神経を傷つけて知覚障害・運動障害・排尿障害・排便障害のケースがあります。
 
これは更に症状が悪化した脊柱管狭窄症の場合でも起こることで、骨格矯正は不可能で手術も改善の見込みは限りなく低いようです。
 
椎間板ヘルニアも何度も髄核が突出していると、広範囲に大量に広がってしまい戻ることはできなくなります。
手術で髄核を取り除くことも同じことです。
また突出した分だけ椎体の間隔は狭くなりますので、背骨同士が常に衝突することになり、時間の経過とともに骨の変形(棘)が形成されます。これが脊柱管狭窄症で、常に神経に触りしびれ・痛みが持続することになります。
 
更に背骨が骨折を起こし何度も手術を繰り返すことになります。
ボルトで骨同士を連結して動かないようにするなど、日常生活に支障をきたします。
 
後縦靭帯骨化症と言って背骨を保護している靭帯が骨化してしびれ・痛みを引き起こすこともあります。
 
そこまでの症状にならなくても重症が長期間続いていると、各関節が癒着を起こし関節が動かなくなり骨格矯正ができなくなります。
 
さらに高齢になると骨密度の心配が出てきますので、強い負荷がかけられず
更に治癒は難しくなります。
 
このように重症化するにしたがって治療院が限定的になり、ついには手遅れの状態になります。
何より痛みをためないことが重要です。
 

とっても嬉しいご報告です

今日はとっても嬉しい事があったのでご報告をします。
昨年9月から来院されているTさん。70歳台・女性。
たいへん激しい腰の痛みで、涙ぐむほどでした。
(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

2回目でも痛みが引かず近くの整形外科で
レントゲンと骨密度の検査の結果は問題なし。
 
その後徐々に痛みは引いてくるものの、2か月ほど経過した時にまた激しい痛みに襲われ、市内の総合病院で検査の結果、腰椎3番4番に合計3か所の圧迫骨折が見つかり、即入院。
 
骨セメントの注入を行い、ギブスとコルセットで保護をして3か月で退院。
来院されたものの通常の骨格矯正は不可能で、極めて緩い手法で全身を施術。
歩くのも不安げで背中を丸めていたのが、2回目の帰りはコルセットを忘れて帰るほどに回復、3回目の後は背筋がまっすぐに伸びていました。
 
両肩と両膝にも痛みがあり同時に施術を行い、順調に回復しています。
ご自分の身体の自信がなくなり暗かった表情が、大変明るい笑顔に変わっていて、自信に満ち溢れているのがわかります。
 高齢者.jpg本日立ち寄っていただき、美味しいパンと大粒の苺を差し入れで頂きました。
おいしくいただきます。
 
差し入れも勿論うれしいのですが、満面の笑顔が何よりのプレゼントです。
ありがとうございます。
皆さんとシェアしたいと思います。

1

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年5月 »

このページのトップへ