HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年7月

ブログ : 2017年7月

猫背・姿勢の悪さと骨盤が原因の2通りあります

驚きヘッダーfacebook.png
                   皆さんの健康に夢中です!

このシリーズは日々みなさんと接していホームページ掲載.jpg る中で、気になった原因を
取りまとめたものです。

一般的によく言われている事柄ですが、
猫背は呼吸器系や消化器系の
内臓を圧迫します。

健康に非常によくないことですが、
さらに悪いことが時間の経過と
ともに起きています。

身体の関節はそれぞれ固有の可動域
があってその範囲以内で自由に動く
仕組みになっています。

不適切な前屈.jpgのサムネイル画像しかし猫背によりその可動域を
超えた動きを強いられ、長時間継続
していると捻挫の状態となり
運動機能は低下します。

曲がっていて痛みもあって
動きが悪い状態です。

この状態を長期間続けていると
関節は癒着を起こし、少しくらい
の事では動かなくなります。
 
もちろん自然に回復することは
ほとんどありませんので、積極的
な治療をしなければ一生そのままか、
更に悪化するのを待つのみとなります。
 
一か所でも癒着した部分があると、
不足した動きをその周辺の関節が
負担することになり、やがて近隣の
関節も可動性超過により捻挫状態
に陥り癒着の拡大を続けます。

自覚症状としては絶え間なく重い
痛みがあって、身体が硬い感じがします。

就寝時にも痛みが治まることはなく、cat-1869576_640.jpg
睡眠障害の原因にもなります。

猫背の原因としては生活習慣(癖)
による姿勢の悪さがあげられます。
これは運動不足による場合もあります。

もう一つは骨盤の後傾があると背骨の
S字カーブが強くなり猫背になります。
(場合によっては逆にS字カーブ
が弱くなる方もいます)

腰の痛みはそれほどではないかもしれない
ですが、腰痛の形になっていて
そのことが背骨を変形させて、また骨盤を
変形させる、まさに変形のキャッチボール
が始まっています。

ひまわり.jpg更に整形外科などで好んで使う
ストレートネックという首の状態も
この一部分と考えられます。

この場合はご自分の意識ではコントロールが
できませんので、骨格矯正が必要です。

このように骨盤は全身の調整装置の役割を
果たしていて、調整の限界を超えた時に
歪みと痛みを起こします。
 

1

« 2017年6月 | メインページ | アーカイブ | 2017年8月 »

このページのトップへ