HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年11月

ブログ : 2017年11月

冬に気を付けたいこと、みっつあります。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

冬に気を付けたい事、インフルエンザとノロウイルス、あと一つはギックリ腰。

その中で軽視できないのがギックリ背中と“ギックリ首(寝違え)” です。
腰痛が重症化して骨盤と背骨が歪み、寒さで全身の柔軟性が無くなり、その状態で何気ない体の動きにより背骨や首の骨が変な方向にずれる事があります。

腰と同様に何日かは激しい痛みと動きが制限される状態が続きます。

FB手入れ.png

痛みが引いた後でもズレはしっかりと残っていますので、何度も繰り返すうちに全身の歪みの箇所は増えてゆきます。
痛みがあるということはその部分に異常があるという、身体からの警告です。

その警告の積み重ねはやがて大きなつけとなって帰って来ます。
人間の身体はメンテナンスフリーではありません。
たまには手入れをしましょう。

ご用心! ギックリ腰注意報発令中です!!

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

気温の低下とともに、ギックリ腰を起こして来店する方が増えています。
今年は例年よりも幾分早めに推移しているような感じがします。

夏の天候不順が影響しているのでしょうか。
温かいうちは何とかしのいできた腰痛がついに限界を超えてしまったのがギックリ腰です。

ギックリ腰.jpg

突然激しく痛みが来るものから数日かけて痛くなるものまで様々ですが、骨盤をはじめとした骨格の状態は共通しています。
一度ギックリ腰を経験した骨盤は左右の歪みが加わって、複雑な変形をしています。

痛みが治まった後でも治っているわけではなく、歪みになじんでいるだけで次の発作に向けてカウントダウンをしている状態です。
疲れがたまった時 や気温の低下した時などのタイミングで次のギックリ腰が襲ってきますので、痛みの少ない時にリセットしておくのが賢い付き合い方と言えます。

坐骨神経痛の引き金となるギックリ腰は早めに手入れをしましょう。
 

1

« 2017年10月 | メインページ | アーカイブ | 2017年12月 »

このページのトップへ