HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年3月

ブログ : 2018年3月

<同業の治療家さんを支援する スキルアップ講座>

s-DSC01471.jpg

はじめに
腰痛治療でどうしても良い結果が出せない治療家の先生を応援します!
研修で教わったマニュアルを一生懸命やっているのに、
なかなか効果的な腰痛治療ができないとお悩みの先生必見です。
 
カイロイズム腰痛バスター安城は骨格の力学(ダイナミクス)を研究して19年、
現在地に開業して4年目で1000万円の年商を突破しました。
私の施術で実際に活躍している検査方法や施術法、経営方針の全てを公開します。
施術スキルをアップして地域の皆さんの健康管理に役立ててください。

腰痛の場合は骨盤のゆがみが原因となっていることが大部分です。
しかし骨盤や骨格全般に対しての知識が十分ではないために、
効果的な施術が行えないのです。

関連した動画をいくつか公表しますので、興味があったらお問い合わせ下さい。
全身を対象にした奥が深い内容ですので習得は簡単ではありませんが、
いったん身についてしまえば一生の宝物になります。

2~3年での習得を目標に可能な範囲で研修を行います。
1回3時間程度、週に1回の予定です。
資格はすでにお持ちのことと思いますので、座学は必要最小限にとどめ手技研修を中心に行います。
費用:①毎月30,000円で習得するまで。
   ②一括して前納の場合は1,000,000円で習得するまで。
のどちらかです。
   尚1回のみの体験をご希望の場合は1回10,000円です。
尚、手技内容は常に改良を加えていますので、時間とともに変更することがあります。
詳細はお問い合わせ下さい。

カイロイズム腰痛バスター安城の産後骨盤矯正

妊娠・出産で頑張った骨盤にご褒美を
腰痛の専門家が産後の骨盤のケアをします。

産後の骨盤は出産モードから平常モードに戻りきらないために
①骨盤のふわふわ感 ②恥骨痛 ③尿漏れ などの不快感が解消できない状態です。

ところが実際においでになる方は腰痛の解消が目的であることが少なくありません。
これは妊娠・出産以前からすでに骨盤に歪みがあり仙腸関節の動きが制限されていたのかもしれません。
出産前後の骨盤の大きな変化に対応できないことで産後の腰痛が起きているようですが、抱っこやおむつ替え、授乳などの慣れない動作が一気に増えたことも原因かと思います。

pregnant-971982_640.jpg

特に授乳時に横座りの姿勢でいることが多いと思いますが、この横座りが骨盤の歪みの原因の一つになっているようです。

恐らくいつも同じ方向に脚を向けていると思いますが、骨盤はその方向に歪んでいるために楽に座れます。
反対向きはおそらく苦手だと思いますが、骨盤が歪んだことでこのようなことになっています。

生活習慣による歪みに妊娠出産育児の負担が加わっての症状と言えます。
これらの症状は一人一人状態が違いますので、その方の状態に応じた手入れが必要です。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

施術の時間枠

   <施術時間枠>
2018年4月1日より以下の
1回40分の枠の中で施術を行います。
癒し系ではありませんので、40分に
満たない時でも必要な施術を行った
時点で終了することがあります。
 
① 9:00~ 9:40
② 9:40~10:20
③10:20~11:00
④11:00~11:40
⑤11:40~12:20
⑥12:20~13:00
13:00~(休憩)~15:00
⑦15:00~15:40
⑧15:40~16:20
⑨16:20~17:00
⑩17:00~17:40
⑪17:40~18:20
⑫18:20~19:00
⑬19:00~19:40
⑭19:40~20:20
⑮20:20~21:00
⑯21:00~21:40
 
これまでに「エキテン」をご利用いただ
いていた方も、お手数ですが再度登録の
上ご利用ください。
 
ご予約はこちらから(4月1日より)
メールアドレスとパスワードを
登録して、日時の選択をしてください。


このような事も坐骨神経痛と同じ仕組みで起きると考えられます

背骨の下の部分(腰椎)からは脚へ
伸びる神経が出ています。

それと同じように内臓(小腸・大腸)
へも脳からの神経が繋がっていて
活動をコントロールをしています。

brain-3168269_640.png

ところが骨盤の形が変形したことによ
り背骨(特に腰椎)の歪みができると
脚へ向かっている坐骨神経と同様に内
臓へ向かっている神経も圧迫されるこ
とにより脳との情報のやり取りができ
なくなり、小腸や大腸の能力が低下し
て消化不良や便秘をひき起こす可能性
があります。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

さらに最近の研究では免疫の多くが腸
管で作られているということがわかっ
てきていて、大腸・小腸の機能が低下
していると様々な疾患に対しての抵抗
力が弱まると考えられます。

脊柱全体でも同じ現象が起きていて、
内臓諸器官を神経がコントロールして
いますので、情報伝達が阻害されたま
まにしている場合、支配されている器
官は機能の変化をきたすことになり
ます。

このようにただ痛みを我慢していれば
その場をしのげるという簡単なことで
はおさまらず、体調全般に少なからず
影響を及ぼすものと思われます。

体調を崩してからその部分の手入れを
行うのではなく、予防としての手入れ
を普段からしておくことが健康管理に
は必要です。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

カミングアウトします 実は私の右足は偏平足です

右脚の靴のかかとは内側が減っていて、歩くときも内側に傾くのがわかるほどの偏平足です。
骨盤も影響を受けていて、下半身全体が悪い形のままバランスがとれている腰痛の状態です。
でもあえて積極的に修正はしていません。

というのは私自身が絶好の研究材料になっているからです。

flatfoot-76564_640.jpg

皆さんの身体で起きている痛みや動きの悪さなどの詳細は想像するしかありませんので、自分の身体で確認できることがその症状を理解する最上の方法なのです。

そんな訳でせっかくなった偏平足ですから、大事に育んで全身に及ぼす影響を見届けてやろうと楽しんでいます。
偏平足を引き起こした原因は、施術の時の身体の使い方が適切なものではなかったことは理屈では理解しているものの、本当にそうなのかを実証実験しているところです。

一般的には運動不足で足底の筋力が不足したためとされていますが、平均以上の運動量はこなしているつもりですのでこの説は否定しておきます。

今行っているのは悪い生活習慣はそのままで、それを打ち消す動作を取り入れることにより自分で足底のアーチをコントロールする方法です。

骨格矯正と併用すれば簡単なのですが、ご来店いただけない方には自分でできるコントロール法が必要になります。
もう少し試行錯誤をしながら、そんなに複雑でなく効果的な方法を編み出せたらと思います。
 
というのも、この偏平足・ハイアーチに関しては骨格矯正による対処は他にほとんど例がなく、参考とするべき資料も全くありません。

そのせいもあって偏平足・ハイアーチ(甲高の足)で悩む方は大変多く適切な処置がなされていない現状ですが、腰痛の原因の一つと思われる事もあって放置していてはいけない骨格異常です。

カイロイズム腰痛バスター安城のホームページ
https://www.youtuu-anjou.com/ をご覧ください。
 
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
お気軽にどうぞ

毎回、必ずこれから始めます

【当店の施術では痛みの様子を詳しく
聞くことからはじめます。】

ご来店の皆さんに必ずすること、それは
痛みの様子を事細かにお聞きすること
です。

・どうして痛くなったのか
・いつごろからのことなのか
・痛みの場所
・どんな時に痛いのか
・痛み以外のハリやしびれ
・その部分の動き易さ など
 
さらに全身を外観から観察して、全身
の骨格の歪み具合を触診して、
筋肉の張り具合を重ね合わせて大まかに
見当をつけます。
 
この時点で的確に把握ができていれば
施術の効果が半分はあったといっても
過言ではありません。
 
foot-1114291_640.jpg

残念ながら私には皆さんの痛みの全て
を自分の事のように理解はできません。

痛みが軽減しているのかいないのか、
張りや重だるさはどうなのか、動きは楽
なのかなどを逐一確かめることで、私
の中のイメージを膨らませてゆきます。

そこでは質問のしかたも重要で、正確な
情報を引き出すためには先入観に左右
されず、あらゆる可能性を考えておく
慎重さと幅広い知識が求められます。

それまでの激しい痛みが軽減してくると
 第二・第三の痛みが頭をもたげてきます。

常に痛みに支配されていた方、痛いのが
普通になっていた方、脳が痛みを遮断し
てきた方、意外と多く見られます。
そんな皆さんの痛みをシップや薬で
ごまかすのではなく、原因を取り除く
方法を探します。

s-DSC01471.jpg

「夢みたいに楽になった」「痛くない
のは何十年ぶり」と言っていただく笑顔
が励みになります。
(すべての方の結果をお約束するもので
はありません)
 ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。
 

ムチ打ちは首だけの問題ではありません

最近、深刻な問題だと感じていること
があります。

ムチ打ちの病歴を抱えていることが原因
で体に異変が起きていると思われる方
が非常に多いのです。

当店に腰の痛みを訴えておいでになる方
の、約半数以上で頸の異常が全身の骨格
に悪影響を及ぼしていると思われます。

首に痛みが無くなりそのまま忘れてし
まう方が多いようですが、骨格がうけた
ダメージはご本人の感覚よりはるかに
大きい事があります。

しかもその影響は首以外の全身に現れる
ことが多く、事故との関連を疑うこと
はありません。

特に首の下の肩甲骨周辺の背骨にも激し
い歪みが残っていることが少なく
ありません。

さらに事故から何十年も時間が経過して
いたリ、交通事故ではない日常生活での
頸椎の捻挫(転んだ・頭をぶつけた・枕
が合わなかった・寝違えた)などを抱え
ている方が非常に多く見受けられます。

tyre-1614265_640.jpgtyre-1614265_640.jpg

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

 腰や背中の痛みがなかなか改善しない、
やがてギックリ腰になり坐骨神経痛を起
こし、膝の痛みが起こり肩や腕の痛みや
しびれも起こります。
 
さらに呼吸器系や消化器系などの内臓に
も不具合が起こり、自律神経の乱れから
不眠やうつ状態にも進行することが
あります。

しつこい肩こりも過去のむち打ちとの関
連が疑われることが少なくありません。

よほどの強い事故でなければ首に痛みが
出ないようですが、だからと言って安心
していてはいけないのがむち打ちです。

以前、事故に遭ったことがある方、身体
が言う事を聞かなくなっていませんか。

年齢のせいではないかも知れません。
一度しっかりと手入れをしましょう。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

1

« 2018年2月 | メインページ | アーカイブ | 2018年4月 »

このページのトップへ