HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年5月

ブログ : 2018年5月

当院の特徴 二つあります

特徴は大きく分けて2つあります。

①とにかくよく話を聞きます。
②大変に多くの重症の腰痛の方が骨格矯正を継続しています。
この二つです。


一つは、とにかくよく話を聞きます。
腰痛を起こすまでのいきさつなど生活
習慣に関して、ご本人が気づいていな
い部分を聞き出す質問力に磨きをかけ
ています。

そこに骨格をゆがませる真の原因が潜
んでいることが多いからです。

二足歩行という無理な体勢をとること
で骨格がゆがむ条件は十分にそろって
いますので、間違った生活習慣が加わ
ることで全身の骨格は簡単にバランス
を崩します。

そして一旦始まった歪みはどこまでも
拡大し続けます。

それをどこかで歯止めをかけるために
は、その生活習慣を止めることと正確
な骨格矯正が必要であると考えます。

ご自分でできることはただ一つ、悪い
生活習慣から遠ざかることです。

長年の癖はなかなかやめられない事も
ありますが、時間をかけて取り組んで
いる方が当店にはたくさんいます。

一度身についてしまえば一生の宝物に
なりますが、素通りした時との差は
歴然としたものになります。
 
ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

peace-705174_640.jpg

もう一つは
大変に多くの重症の腰痛の方が骨格
矯正を継続しています。


長い間腰痛に苦しみ、いくつもの治療
を試みたけれど効果が全くなかった方が
大部分です。

みんなホームページには素晴らしい事
がいっぱい書いてあって、期待に胸膨
らませていくのですが残念な帰宅に
なってきました。

ご来店の時には「どうせダメだろう」
「だまされないぞ」、言葉のはし端に
も表情にもありありとメッセージが浮
かんでいます。

無理もありませんね。

それでもわずかな希望で来店してくだ
さった気持に報いるためにも、
必ず何かの収穫をお土産にお帰り頂く
ように心がけています。

そのためにもあらゆる手法を駆使して
パワーも全開でのぞみます。

一通りのことでは効果が出ない重症
腰痛ばかりですので、いくつもの仮説を
用意してあらゆる可能性を試し、最も
効果の高い方法を選択します。

いくつもの原因が複雑に絡み合って腰
の痛みは起きていますので、その流れ
を解明すれば半分は成功したといって
もいいでしょう。

「もっと早く来ていればよかった」と
言ってくださった笑顔が私の励みです。
ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

片足立ち(気が付いたらこの形)

驚きヘッダー.png
                あなたの健康に夢中です!
                
                 シリーズ「腰痛原因」

気がついたら片方の足に体重が乗っている事ないですか。
両方の足で立つよりもその方が楽で自然な感じがする。

実はこれ骨盤が歪んでいるから起きています。

bonding-1985863_640.jpg
(この立ち方を自然にするのは骨盤の歪みが原因です)

関節の変形がそうさせていて、骨盤のゆがみは大部分がこ
の形です。
足の長さが違うということと同じ意味をもちます。

この片脚立ちはいつまでもその状態を維持できるのかとい
うと、残念ながら徐々に進行して悪化してゆきます。

初期のごく軽い症状の時は自然治癒力で修正されることも
ありますが、外観ではっきりとゆがみが判別できるレベル
になると全身にゆがみが広がっていますので、強制的に外
部からの骨格矯正をする必要があります。

この状態を続けているとそう遠くない時期にギックリ腰に
襲われることが多く寝違えを起こした時は間近に迫ってい
ることが多いようです。

気がついたらどちらか片方の足に体重をかけている時は、
骨盤のゆがみが全身に及んでいる恐れがあり骨格矯正のタ
イミングと思ってください。

 

開脚ストレッチをしても太腿の硬さが取れない

今流行の開脚ストレッチを一生懸命に
やっても一向にできるようにならない。

大変多くの方がこの問題を抱えていて、
太腿周辺の痛みやあぐらがかけない、
股関節の異音・違和感などもこの
延長線上にあります。

これらは坐骨神経痛の仲間であること
が多いようです。

dancing-934464_640.jpg

骨盤周りや太ももには多くの筋肉が
ありますが、これらはすべて脳から
の指令を神経が伝達することで働いて
います。

しかしこの神経を背骨の下の方
(腰椎)のズレによって圧迫する
ことがあります。

この時にその神経が支配している筋肉
に硬直やしびれ・痛みをもたらして起
きている症状で、腰痛に関連した症状
です。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

 つまり痛みの場所には何の問題もない
わけで、硬くなった筋肉にいくらマッ
サージをしても一向に解決しないのは
このためです。

この場合の原因は腰椎の歪みで、さら
にその原因は骨盤のゆがみです。

骨盤や背骨が歪んで関節の形が変わっ
ていると、関節は可動域が減少し本来
の動きができなくなっています。

ストレッチやトレーニングを勧めらる
ままに行っても、かえって悪化するだ
けというのは多くの方が経験している
と思います。

それは関節を壊すことだからです。
心当たりのある方は腰痛の手入れから
始めましょう。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

1

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年6月 »

このページのトップへ