HOME > ブログ > アーカイブ > 椎間板ヘルニア日記 > 2ページ目

ブログ : 椎間板ヘルニア日記 2ページ目

ヘルニア日記 寒さが増してくるこれからはヘルニアが一気に増えます

ヘルニア日記(31) 9月18日
タイトルにはヘルニアと書いていますが、
ギックリ腰・坐骨神経痛なども同様に増えます。
 
これは多くの腰痛の方を見てきた当店だから
いえることです。
 
今現在、腰痛を患っていて何とか持ちこたえている方、
とりあえず小康状態の方、何度もギックリ腰
を繰り返している方、次はあなたの番かも知
れません。
 
寒さが本格的になってくると筋肉は固くなり
収縮しますので、バランスが崩れている骨格は
弱い部分に負担が集中して、さらに歪みが増加します。
 
夏の暑さで体力が低下している方が気温の低下
に順応できなくなり、すでに重症の方が増加
傾向にあります。
 
二足歩行の人間には骨格のズレは避けられません。
 
一度崩れた骨格は多くの場合、自力で修復する
のは不可能です。
 
身体のパーツは交換するわけにはいきませんので、
一生大切に使い続けるためにも、ずれたら骨格
矯正をしましょう。
 
しかし残念ながら長年の酷使でこじれた骨格は
腰以外にも影響が及んでいる場合が多く、通り
一遍のことでは歯が立たないケースが圧倒的です。
 
腰周辺の歪みも2重・3重のズレが組み合わ
さっていることも珍しくありません。
 
そのように複雑なパズルを解くような矯正は
圧倒的な技術力が必要です。
 
あなたの地域でいちばんのお店を選んでください。
きっと期待に応えてくれることでしょう。

椎間板ヘルニアと腰痛 どちらを優先するの?

ヘルニア日記(30) 9月16日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や 
ギックリ腰などにまつわる      
あれやこれやをお話しするページです。

椎間板ヘルニアと腰痛のケアはどちらを優先
するのかご質問がありました。
 
ただでさえ腰痛が大変なのに椎間板ヘルニア
まで抱えてしまってどうしよう、と愕然と
しておいでの皆さん、安心してください。
 
結論から言いますと、同時進行です。
 
椎間板ヘルニアと腰痛は別々のものではなく
腰痛が悪化したことで椎間板ヘルニアを
誘発しています。
 
椎間板ヘルニアを抑え込むための腰痛のケア
を行っています。
 
腰痛は主に骨盤が後傾することで始まります。
すると腰椎(背骨)は湾曲が大きくなり過ぎて
椎間板の髄核が押し出されて脊髄神経に当たり
ヘルニアを起こします。
 
ここまで言えば答えは簡単ですね。
骨盤の形を整えてやれば腰痛はなくなり
椎間板ヘルニアも消滅します。
(言うほど簡単ではないですけど・・)
 
これは体中の骨格を思いのままに矯正する
腰痛バスター安城ならではの事で、マニュアル
通りの矯正をしている他の療法では
難しいのかもしれません。
 
ただ数回で痺れ・痛みが治まることが多いですが
原因である腰痛はまだ安定してはいません。
 
一度髄核が突出した椎間板は傷が残っていますので
少しの負担で髄核は突出してきます。
この段階で痛み・痺れを判断基準にして中断しますと
すぐに再発することになります。
 
回復までのプログラムをご説明しますので、
その流れに乗っている方が早い回復が望めます。
 
多くの方が5~6回のご来店(1ヶ月程度)で安定して
来て、その後1回/月の経過観察に移行していきます。
 
料金も思いのほかリーズナブルですよ。
(料金表をご確認ください)

ヘルニア日記 身体の痛みと睡眠障害

ヘルニア日記(29)    8月30日

このページは椎間板ヘルニアやぎっくり腰
など、重症の腰痛にまつわるあれこれをご
紹介いたします。           

 
今現在、四人に一人が睡眠障害で苦しんで
いるということです。

今回は椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨
神経痛などの重症の腰痛が原因で睡眠障害に
なるというお話です。
 
当店のお客様からよく耳にする話で、
「なかなか寝付けなかった」「すぐ目が覚めていた」
「朝から疲れていた」「眠りが浅かった」
「2~3時間しか寝られなかった」等々。
 
そうです、全部過去形です。
 
当店で2回目にご来店のお客様に、初回施術の
効果を聞いたところ、上記のお答えを頂いています。
 
皆さん長い時間をかけてそのような状態に
なっているので「歳のせいかな」と思っている方が多い
のですが、必ずしもそれだけではありません。
 
①   加齢からくる睡眠障害
②   体の痛みによる睡眠障害
③   自律神経の不調による睡眠障害
 
に大別できると思います。
 
①   に関しては研究が進んで、今後克服できる
日が来るのを待ちたいと思います。
 
次に②に関してですが、肩・背中・腰・膝が主な
障害部位です。
 
骨格がずれる(関節の形が悪くなる)と関節の
可動域(遊び)が少なくなります。
 
寝ている姿勢は力のかかり方が変わりますので
遊びの少ない骨格は痛みが出やすくなります。
更に③ですが骨格がずれると、筋肉は
引っ張られる(伸びる)ところが出てきます。
これが至る所にできますと、常に体が緊張状態
にあるわけで自律神経も交感神経が優位
(緊張状態)になります。
 
こうなるとなかなか寝付けず、浅い眠りで
すぐ起きてしまうことになります。
 
朝から疲れていて、なんだかボーっとしている
のはそのせいです。
 
身体が痛くて、しかも眠れない方、一度
腰痛バスター安城で骨格をリセットしませんか。

痛みの場所だけでなく関連する全てを施術しますので 
大部分の方は睡眠の質が改善されています。
 

ヘルニア日記 このような症状の方もおいでになります

ヘルニア日記(28) 8月29日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や 
ギックリ腰などにまつわる      
あれやこれやをお話しするページです。


このような症状の方もおいでになります。
 
愛知県安城市にお住いのM・Wさん
身体の上の方から順番に、顎関節症、首の痛み、
肩こり、上腕・前腕の痛み、背中の痛み、
両方の骨盤の上の痛み、大腿部外側の痛み
と痺れ(坐骨神経痛)、アキレス腱内側の痛み、
足の甲の痛みと、これだけの不具合が一人の
身体のなかで起きていました。
 
詳しく調べると大元の原因が右足の踵の骨の傾き
にあり、更にいくつかの要因が関係していました。
 
①免疫系の大病を患って入院して、寝たきり
となり長期間運動が出来なかった。
 
②服用していた薬の影響で体重が急激に増加。
 
これにより筋力と体重のバランスが崩れ、
骨格を維持することが出来なきなった。
 
靴の踵を踏む癖があり、踵の骨(踵骨)が外側
に変位をした。
以上が全ての始まりのように思います。
 
あとは骨盤・背中・首と徐々にずれが広がり
重症化してゆく。
 
現在この仮説に基づいて施術を行っています。
 
5回の施術を経過した時点で、経過は良好で
初回来店時のような深刻な状況は脱した模様です。
(本当に深刻でした)
 
ただこれまでの筋肉量の低下がみられるので、
日常生活の中で筋肉をつける必要があります。
まず骨格を良い状態にもって行き、徐々に
運動量を増やしてゆきます。
 
日常生活に支障のないレベルまで回復
するためには、ある程度の時間が必要
になりますが、まだまだ長い人生の為にも
今取り組んでおく必要があります。
 
この方は今、真剣に体の改造に取り組んで
おいでです。

愛知県の椎間板ヘルニア・ギックリ腰は実力派の整体院を選びましょう

ヘルニア日記(27) 8月28日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や 
ギックリ腰などにまつわる      
あれやこれやをお話しするページです。

愛知県の椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・
坐骨神経痛の方は、実力派の整体院を
選びましょう。
 
これらの症状は腰痛の中でもかなり重症の
部類に位置していますが、深刻と言うほど
ではありません。
 
しかし効果的な手入れがされないと、
次に待ち受けているのは後戻りのしにくい
症状です。
 
例えば椎間板ヘルニア・坐骨神経痛が進行
すると、背骨同士がぶつかって骨折したり
変形して脊柱管狭窄症に至る可能性があります。
 
脊椎分離・すべり症も注意が必要です。
これも骨折の一種です。
 
ぎっくり腰がこじれてくると、側弯症に
進行することがあります。
内臓に大きな負担をかける全身症状です。
 
そうならないためにいろいろと改善を試みて
いる場合も、さほど効果が感じられない
療法を続けていては、放置しているのと
同じことです。
 
治療院の業界は技術の差が非常に大きい世界です。
 
マニュアル通りにしか施術ができない
ところも中にはあります。
 
全く方向性が間違っていることさえあります。
 
そんなところに無駄なお金と時間を使わない
ようにするには、1~2回施術を受けてみて
効果が実感できない、余計に痛くなったなどの
場合は、ほかの整体に変えた方がいいでしょう。
 
色々な商品を売りつけるところも、本業で
勝負できない部分を販売でカバーするためです。
これも効果は限定的といわざるを得ません。
 
皆さんの身体の不具合を解消してナンボの仕事です。
整体院は実力本位で選びましょう。
 
腰痛バスター安城はプログラムの最後まで来ていただき
その後も大部分の方がメンテナンスで定期的に
継続していただいている実力派の整体院です。
 

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛は痛みやしびれが無くなってからが本当の闘いです

ヘルニア日記(26) 8月27日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や 
ギックリ腰などにまつわる      
あれやこれやをお話しするページです

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛は痛み・痺れが
無くなってからが本当の闘いです。
 
腰痛バスター安城には毎日多くの椎間板ヘルニア・
坐骨神経痛の方がおいでになります。
 
大部分の方は1~5回程度で痛み・痺れが
消失しています。
 
実は問題はここからなのです。
 
痛み・痺れが無くなると「治った」と思ってか
安心をして、足が遠のく方がいます。
 
確かにこれまでの激しい痛みや痺れが、うそのように
引いたので「治った」と思うのも無理からぬことです。
 
ただ残念なことにいくらもしないうちに
痛みや痺れを感じて来店されます。
 
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛は引っ込んでいても、
元になる骨盤の歪みがまだ残っている為で
長年の間についた癖はしぶとい曲者です。
 
ご自分の判断で間隔をあけて元の状態に戻ると
また最初から階段を昇らなくてはなりません。
 
同じところを行ったり来たりしないように、
次回までの間隔を“時間薬”と考えてください。
 
また痛みだけを判断基準にしていると、症状が
悪化していることがありますので注意が必要です。
 
腰痛バスター安城は五感の全てを駆使して
あなたの症状を判断しています。
 

ヘルニア日記 痛い方・苦しい方・辛い方に良いお知らせです

ヘルニア日記(25) 8月27日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や 
ギックリ腰などにまつわる      
あれやこれやをお話しするページです。

痛い方・苦しい方・つらい方 腰痛バスター安城へお越しください
 
椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛などの
腰痛は筋肉や神経の問題ではありません。
 
その大部分は骨格のずれが原因で起きています。
(稀にですが内臓などが原因で痛みが起きることがあります。)
 
高浜市にお住いのN・Tさん
5年以上前からヘルニアを発症しておりました。
最初は整形外科にも通いましたが、毎日の通院が
負担になる割に効果が見られず中止。
 
以来、辛いときはマッサージに行きお茶を
濁してきました。
 
その時は気持ちがいいのですが、終わったら
元の戻っている状態ですが、他に良い方法が
見つからないまま続けてきました。
 
おそらくこれまでに的確にケアをしてくれる
所に出会っていなかったものと思われます。
 
当店へはお知り合いのご紹介でご来店。
(当店はご紹介でのご来店が非常に大勢います)
 
頸椎の歪みからくる肩こりが激しいようで、
背中も湾曲が見られますが、骨盤の後傾が激しく
度重なるギックリ腰の跡が如実です。
 
通常はぎっくり腰は左右どちらかに変位を
することが多いのですが、この方は左右共に
外方後方に変位をしていて相当激しい
ぎっくり腰が度々発症していたようです。
 
まさに仙腸関節の亜脱臼の状態です。
 
この方のこれまでの人生が苦痛との戦いだった
ようで、何とか楽な身体を早急に実現して
あげたいと決意を新たにしました。
 
このN・Tさんに限らず、ヘルニアがいつまで
経っても効果が出ないという皆さんに共通して
言えることは、筋肉にアプローチしていることです。
 
確かに多くの方は背中の筋肉が張っていて
健康な方と比べると明らかに違っています。
 
筋肉が張っているために腰椎の湾曲が大きくなり
ヘルニアを発症しているという説明です。
 
でもそれは逆です。
筋肉に責任を押し付けていてはいつまでたっても
結果は出ません。
 
腰痛バスター安城で骨格を矯正していくと
やがて背筋は緩んできます。
 
逆に骨格の矯正なしにマッサージをしても
筋肉のハリはとれません。
これは多くの方が経験されていることです。
 
「終わりました」といわれて立ち上がった途端に
肩こりも腰痛も元通りですよね。
 
それは原因が筋肉ではないからです。
 
椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ギックリ腰などの
腰痛のあなたが必要なのは骨格矯正です。
 
今回のN・Tさんはすぐに結果が出て楽になった
のは言うまでもありませんが、我慢する必要は
無くなりました。
 
痛い方・苦しい方・辛い方は実力派の整体院
腰痛バスター安城へお越しください。
 
 

ヘルニア日記 ヘルニアでスポーツ再開は慎重に

ヘルニア日記(24) 8月26日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や 
ギックリ腰などにまつわる      
あれやこれやをお話しするページです。


スポーツ・ストレッチ・ヨガなどの激しい
動きは痛みが治まってから始めましょう。

 
知立市にお住いのT・Yさん
昔からスポーツが大好きだった為、上質の筋肉
がしっかりついていて、ヨガやストレッチも
欠かさないのですが、残念なことにヘルニア
を発症しご来店。
 
35年前から腰痛があり整体をはじめ各種療法
を試されて10年前にヘルニアを発症しました。
 
その間ヨガなどでご自分で対処をしてきたものの
今回だけはもうどうにもならないと感じたそうです。
 
発症後にいろいろと改善を試みては見たものの
どれ一つとして効果が見られず、すっかり
自信を無くされました。
 
左腰から足にかけて痛みと痺れ、首と肩の痛
を訴えておいでです。
 
注目したのは踵の骨が外側に傾いており、
最大原因となっている可能性があることです。
 
施術により初回で痛みと痺れは解消しました。
施術を進めるうちに、背中と腰の感じが軽く
温かくなり血行が良くなる感じがありました。
むず痒い感じが全身へと広がり、明らかに
これまでと違う感触に包まれています。
 
終了後に体を動かして可動性を確認したところ
数十年ぶりに前屈で手が床についたとのことでした。
 
ご本人はすっかり完治したと感じて、中断して
いたヨガの復活を希望されています。
しかし35年来の腰痛がヘルニアまで発展したものが
いくらなんでも1回の施術では無理です。
 
骨格が安定しないうちに激しい動きをした場合
最初の状態まで戻ってしまいます。
 
腰痛バスター安城では次回の施術までの間隔が
2週間(14日間)に達したら軽い運動から
始めて、徐々に体を慣らしていってください。
 
あくまでも骨格矯正と並行して行うのが原則です。

ヘルニア日記 椎間板ヘルニアの施術は至福のひと時を提供しました

ヘルニア日記(23) 8月26日          
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や 
ギックリ腰などにまつわる      
あれやこれやをお話しするページです。


腰痛バスター安城の椎間板ヘルニアの矯正は
至福のひと時を提供しました。
 
椎間板ヘルニアの症状が、本人もよく覚えて
いないくらい長く続き、左腰から脚にかけて
たいへん痛く痺れもかなりのお客様。
刈谷市のN・Sさん。
 
お知り合いの紹介でのご来店です。
(当店ではご紹介による来店が大変多いです)
 
お体を拝見すると首から背中・腰にかけて
強いハリがあり、俗にいう「鉄板」状態です。
 
全身の緊張が解けずに、寝ている時でさえ
交感神経が優位の為にリラックスできません。
睡眠が浅く朝から疲れている状態です。
 
施術を進めるうちに「ううー、気持ちが良い」
と低く数回つぶやいた後、寝息を立てて熟睡
モードに入ってしまいました。
 
このように全身が苦しかった方が、施術途中で
寝入ってしまうのはよくあることで、
骨格矯正が効果を発揮している時は究極の
幸福感に包まれるようです。
 
この時は自律神経が副交感神経優位になった
証拠で、全身がリラックスした瞬間です。
 
骨格が歪んでいたために筋肉が引っ張られ、
リラックスできずにさまざまな不都合が
体に生じていました。
自律神経失調の状態です。
それが今、必要に応じて副交感神経優位に
切り替わるようになったと思われます。
 
身体が本来持っているリズムが正しく
働くようになります。
 
これまで望んでも得られなかった状態です。
 
このようにただ単に腰の痛みを取り除くだけではなく
重大な効能が期待できます。
(効果を約束するものではありません)
 
これがカイロプラクティックをベースにした
“すごい骨盤矯正”の威力です。
 
N・Sさんは1週間の間隔でご来店になり
2回目も「うう~気持ちいい~」と
爆睡されました。
 
ヘルニアによる痛みは1回目で消失したものの
若干の戻りがあって、ケアにより改善。
 
これは今後も繰り返すことになる。
髄核による神経の圧迫は改善しているが
根本の腰痛自体が完全ではなく、時間の
経過とともに悪い状態に戻るためです。
 
これまでの腰痛の病歴を考えるとあと数回の
回復プログラムの施術が必要です。
 
N・Sさんは気絶ではなく爆睡するほど
至福の時間を過ごしておいでになりました。

安城市 椎間板ヘルニア こんな症例もあります

ヘルニア日記(22)
このページは椎間板ヘルニアやぎっくり腰
など、重症の腰痛にまつわるあれこれを 
紹介いたします。          
 
8月19日 
22年前にぎっくり腰を患い、10年前に
椎間板ヘルニアの診断をMRIの診断で受けて
それ以降年に1回程度のペースでぎっくり腰
を発症、左の腰から下に常に痛みを抱えて
いる方の症例です。

 
40歳代で安城市にお住いの男性です。
最近は2~3か月に1回のペースになり
しかも症状が重篤化して心配になりご来店。
 
拝見したところ骨盤が左に変位している
ギックリ状態。
かなり大きな変位です。
 
背骨も随所に変位が見られ、
特に腰椎部分が顕著でした。
 
やはり20年以上の積み重ねが重症化の原因です。
 
しかし体質的に恵まれており筋肉質が
柔軟な方でした
 
そのためか2回目の施術後には痛みと
痺れが消失、施術間隔を広げてゆく段階に移行、
経過観察を行っています。
 
ただ安心できないのは、これまでの
長年の積み重ねがあり、放置することにより
簡単に戻る可能性があります。
 
定期的な点検はもちろんですが、異常を
感じたらすぐに対処をする必要があります。
 
完治したわけではなく、爆弾を抱えているという
緊張感は忘れないでください。
 

<<前のページへ12345

« ギックリ腰症例 | メインページ | アーカイブ | 人材募集 »

このページのトップへ