HOME > ブログ > アーカイブ > 椎間板ヘルニア症例

ブログ : 椎間板ヘルニア症例

左臀部痛と左足のしびれ・・・

<喜びの声>
 椎間板ヘルニアでご来店       加藤俊康20160901 (2).jpg
安城市 S・Kさん 40歳台 会社員男性

この方個人の感想です。効果には個人差があります。

左臀部痛と左足のしびれで通い始めたが、
整形や他の整体では痛みの原因を、何と
なくはぐらかされた言い方でしたが、先
生はわかりやすく説明して頂き、施術も
丁寧です。
時折、体調次第で痛みは出るが、徐々に身
体が楽になってきているような感じがし
ています。
また質問にもしっかりと答えてくれるの
で有りがたいです。
 
主訴:左臀部から脚にかけての痛みと痺
   れ
 
問診・触診: 17年前に一度ギックリ腰
を経験
   1年前から現在の症状
   踵はハイアーチ
   ムチ打ちは無し
 
施術経過: 5回目の来店までは緩やかな
   回復を示していた。
   右腸骨の前屈時の可動性に問題が
あり、回復の妨げになっていた。
   その後改善するにしたがって、当
該箇所の痛みと痺れは軽減し、全く
見られることは無くなった。
   (12回目のご来店での結果)

肩こり・ヘルニア・坐骨神経痛・ギックリ腰の合併症

<喜びの声>
  椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ギッスキャン_都築.jpg クリ腰でご来店
  N・Tさん 30歳台 岡崎市 自営業
  この方個人の感想です。効果には個人差があります。

   いつもお世話になっております。
  6年前くらいにヘルニアと診断されて
以来腰の痛みと付き合ってきました。
 
  去年、動けないほどの痛みにおそわれ
こちらを受診させていただきました。
 
  1ヵ月程通った頃には、通常生活では全く痛みがなくなりました。
 
  今では仕事をしていても痛みはないです。大変感謝しております。
  大変良くして頂いておりますので気持ちよく通わせて頂いています。
 
  これからもよろしくお願いいたします。
<症例>
主訴: 6年前から左脚全体にヘルニアの
しびれ
   肩こりと右臀部の痛み 
   
触診: ギックリ腰の形跡がある
   前年の動けないほどの痛みはギックリだった模様
   腰椎3番にも坐骨神経痛の変位があり腰椎5番のヘルニアとの合併症を起こしています。
   
施術効果:3回目までは3~4日の集中
施術を行う。
4回目には効果が現れ軽快を始め
間隔を7日間に広げる。
以後回復に合わせて間隔を広げる。
現在1ヵ月間隔の経過観察を行っています。

名古屋市 主婦 喜びの声と症例

<喜びの声>
  ギックリ腰・椎間板ヘルニア・頭痛
・ムチ打ち・肩こりでご来店
 名古屋市 M・Mさん 女性 
40歳台 主婦
 
この方個人の感想です。効果には個人差があります。

  薬でも治らない頭痛に悩まされてい      スキャン三浦.jpg
  る時に数年ぶりにギックリ腰で動け
  なくなりました。
    何とか少し動けるようになった時に
  
  どこかで見ていただきたいとネットで
  いろいろ探しこちらに電話しました。
 
  当日は予約でいっぱいだったにも
  かかわらず、辛いだろうと時間外に
  見て頂けとても助かりました。
 
 状態はひどかったのですがどこがどの
 様にずれているか等丁寧に説明して
 頂けとても納得がいきました。
 
またずっと悩まされてきた頭痛も首の状態が良くないということで納得。
 
一回目ですぐにとはいきませんでしたが、数回施術して頂き頭痛が気にならなくなりました。
ありがとうございます。
 
長年に渡りいろいろな整体を経験しました。
初めは独特の施術はあるものの同じ様な感じかな?と思っていました。
 
でも違いました。
他のところは初回こそカウンセリングで長いものの、施術は10~15分程度バチバチっと矯正して終わりですが、こちらは1時間弱をかけてじっくり矯正していただけます。
コリや張りがひどい時にはもみほぐしてくださり、気になるところがあれば何度でも再調整していただけるのでとてもすっきりして帰れます。
 
時にはとても痛い矯正もありますが、どこの整体で動きが悪い・硬い等いわれていたのでよくなるためにはある程度仕方がないのかなと思っています。
 
日常生活は難なく送れるようになりましたが、今後もメンテナンスよろしくお願いします。
 
<症例>
主訴: 首の痛み・頭痛・肩こり・背中の痛み
   ギックリ腰・椎間板ヘルニアの足の痛み
 
問診: 椎間板ヘルニアの手術を17~18年前に1回(腰椎4~5番)
   それ以来ギックリ腰を2~3回
   2年ほど前にスキーで追突されてムチ打ち症を1回
   それ以来頭痛が常にある
 
触診:頸椎3~4番右にずれている。
   頭痛はここが原因となっている。
   胸椎は1~12番でずれがみとめられ背中にも大きな張りがある。
   腰椎は特に4~5番に異常があり
   ヘルニアを起こしている左方向への癒着がある。
   左太腿の重苦しい痛みはここが原因となっている。
   骨格の歪みを解消せずに髄核だけを切除した手術が現在の4~5番の癒着を生んでいるものと思う。
   骨盤は左方向へのぎっくり腰を起こしている。
   踵骨が外方に傾いていてこれが根本の原価と推測される。
   それぞれが重症の部類に入る症状で、長年にわたり苦しかったものと思われる。
 
施術効果:5日間隔の施術を繰り返し
  3回目あたりから効果が現れ始め
  6~7回目で頭痛が再発したが、
  その後は回復する。
身体全体も着実に回復を続け、現在は施術間隔が14日間まで延びてきている。
18年の重症の病歴を考えると順調な恢復を見せているものと思います。
初期のヘルニアは切らないのが基本だと思います。

ヘルニア日記 こんな症例もあります

ヘルニア日記(36) 12月12日
このページは椎間板ヘルニアやぎっくり腰
など、重症の腰痛にまつわるあれこれをご
紹介いたします。


このような症例もあります。
安城市在住 80歳 男性
 
長年のギックリ腰・椎間板ヘルニア・四十肩
変形性膝関節症でご来店。
 
どれ一つとっても重症でたいへん辛い症状
でした。
 
骨密度は年齢の割にはよい方ですが、その他に
右の腎臓に結石があり強い衝撃は禁止、左頸動脈
に梗塞があり接触禁止の条件付きでした。
 
長年の辛い症状のために、すっかり弱気になっていて、
「どうせよくならないよね」「いくらやっても
ダメだろう」が口癖でした。
 
でも苦しくて仕方がない中でのご来店です。
 
「大丈夫!!」「何とかするから」と顔では笑いながら
身体に負担の少ない施術方法を必死で工夫する連続でした。
 
骨密度・結石・梗塞との戦いを続けるうちに
5回目くらいから右の腰の痛みと痺れが和らいで
きました。
 
そうなると希望が芽生え始め、施術の度に効果が
実感できる良い循環が生まれました。
 
弱気の発言が影をひそめ、自慢気な口調が増えてきました。
2か月余りの期間に紆余曲折はありましたが、今では
仕上げの段階といえます。
 
施術間隔を広げて、再発しにくい体にしてゆき、
最終的には軟着陸を目指します。
 
あともう少し、お付き合いください。
「大丈夫! 何とかするから」

喜びの声・症例 35年来の腰痛・ヘルニア

安城市 T・Yさん 50歳代 椎間板ヘルニ
アのお客様

<喜びの声>
 
椎間板ヘルニア・坐骨神経痛で通院しています。
 
車に乗るのも辛かったのですが、5回で痛み
治まりました。
 
施術は痛いですよ。
でも私にはそれが合っていたようです。
 
先生のぴんポイントで痛い所の施術 & 背中
肩・・・ 頭から足先までと体全体の施術で、
終わった後は痛みも安らぐし、身体がポカポカ
して楽になるんです。
 
身体が楽になると、気持ちも前向きになれます。
 
腰痛にならない為のアドバイスも頂きながら、
まだまだ、身体が柔らかくなるまで通いたいです。
 
駐車場は狭くて、ちょっと苦手です・・・。
 
<症例>
 
問診:高校生の頃からの腰痛、(35年ほど前から)
10年前からは椎間板ヘルニアを発症。
 
左の腰から足先までのしびれと痛みが日常的にある。
 
   ムチ打ち症・偏平足・外反母趾すべてなし。
 
触診:頸椎に若干の変位あり(C3~4)
   胸椎はT1~12に変位が見られる
     腰椎1~5で変位
   骨盤は 左外後 右内後上 に変位
   (ギックリ腰の名残)
   体幹部分に強いハリがあり
   踵骨回外・前足部回内
 
施術効果:初回施術時に全身のハリが解消、仰向け
   が容易になるなどの効果を実感。
   当初は3~4日の間隔で施術を実施し、
その都度、確実に効果を実感できた。
 
5回目で痛みが解消できた。
 
その後徐々に施術間隔を広げてゆき現在は
20日間隔まで来ている(11回目)。
 
終盤の仕上げの段階で着地が見え始めている。
 
病歴を考えると、経過観察を確実に行い
再発は予防する。
 

椎間板ヘルニア・ギックリ腰の症例

この方個人の感想です。効果には個人差があります。

椎間板ヘルニア・ギックリ腰の症例
かなり重症のギックリ腰と椎間板ヘルニアの方

安城市在住 20歳代 男性 T・Kさん 会社員

問診: 2~3年前からギックリ腰を発症
    以後数回の発作を経験、右大腿部前面に
    しびれと痛み、右骨盤に痛みがある。
    軽いO脚がある。
   
触診結果: 踵骨が軽い回内
    背中に強いハリがあり、骨盤は右が内方後方
    左は外方後方。
    まっすぐに立てない状態でかなり痛みが強い
    腰椎に不整列がありヘルニアの発生個所。
 
初回施術: かなり症状が悪い。
    典型的なギックリ腰で3回目にはやや
回復傾向がみられる。
 
施術結果: 7回目あたりから回復速度が速まり
    徐々に施術間隔が開いてきた。
 
今後の予想:12回目で施術間隔は3週間に開いて
    間もなく1ヵ月に到達できる見込み。
    最後の仕上げの段階。

お客様の喜びの声 碧南市 O・Aさん 50歳代 会社員 男性

スキャン_20150829小笠原.pngこの方個人の感想です。効果には個人差があります。

碧南市 A・Oさん 50歳代 会社員

・・・2度目の来院後しびれは消えた・・・
・・・椎間板ヘルニアでご来店の方です・・


<喜びの声>ぎっくり腰後、腰からふくらはぎ
、足の裏へのつっぱり感を経て痺れを感じる
ようになり来院しました。
3か月ほど接骨院や整形外科に通院、MRI診断
を行ったものの、「神経に触れている様子は
ない」と診断されました。
知り合いの紹介で、腰痛バスターに来院し
説明を受け、骨のズレ・ゆがみについて丁寧に
おしえてもらった。
2度目の来院後しびれは消えた。
徐々にツッパリ感もなくなりつつある。
 
健康保険をつかえないことが気になるが
自分のマネースタイルに合わせて、定期的に
骨のズレ・ゆがみを直してもらえるのがいいと思う。
 
<腰痛バスター安城からひと言>
完全によくなるまでの時間とかかる費用を
トータルで考えると、はるかに安上がりかと思います
1回あたりは安くても、いつまでも通い続けるのでは
安くはありません。
はるかに少ない時間と回数で確実に回復しています。
<症例>
主訴: 左右の腰から脚にかけてのしびれと痛み。
   
問診:4か月ほど前からつっぱり感・痺れを感じる
頭上での作業をすることが多く、非常につらい。
 
施術内容: ムチ打ちは無いとのことだが、非常に
軽い痕跡がある。
これを解消することで他の部分が矯正可能となる。
特に腰椎部分を念入りに矯正する。
骨盤は内方後方の変位を矯正。
 
今後の予想:つっぱり・痺れは解消しているが、
間隔があくと骨格は悪い状態に戻りやすい。
これまでの経緯を考えると、もう少し時間を
かけた方が早く安定する。

安城市 椎間板ヘルニア こんな症例もあります

ヘルニア日記(22)
このページは椎間板ヘルニアやぎっくり腰
など、重症の腰痛にまつわるあれこれを 
紹介いたします。          
  この方個人の感想です。効果には個人差があります。

8月19日 
22年前にぎっくり腰を患い、10年前に
椎間板ヘルニアの診断をMRIの診断で受けて
それ以降年に1回程度のペースでぎっくり腰
を発症、左の腰から下に常に痛みを抱えて
いる方の症例です。

 
40歳代で安城市にお住いの男性です。
最近は2~3か月に1回のペースになり
しかも症状が重篤化して心配になりご来店。
 
拝見したところ骨盤が左に変位している
ギックリ状態。
かなり大きな変位です。
 
背骨も随所に変位が見られ、
特に腰椎部分が顕著でした。
 
やはり20年以上の積み重ねが重症化の原因です。
 
しかし体質的に恵まれており筋肉質が
柔軟な方でした
 
そのためか2回目の施術後には痛みと
痺れが消失、施術間隔を広げてゆく段階に移行、
経過観察を行っています。
 
ただ安心できないのは、これまでの
長年の積み重ねがあり、放置することにより
簡単に戻る可能性があります。
 
定期的な点検はもちろんですが、異常を
感じたらすぐに対処をする必要があります。
 
完治したわけではなく、爆弾を抱えているという
緊張感は忘れないでください。
 

かかとの骨により腰痛が発症します

ヘルニア日記⑰ 8月7日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や
ギックリ腰にまつわるあれやこれやを
お話しするページです。

~~今回は踵(かかと)のお話です。~~
 
毎日骨格の痛みを抱えた皆さんと接して
いると、非常にスムーズに骨格が動く
グループとなかなか動かないグループに
分けられます。
 
その大きな原因としてムチ打ち症により
脊柱のコントロールがきかないグループと、
踵の骨の傾きによって下半身の骨格の
バランスが崩れることが、骨格の矯正の
障害になっているグループに分けられます。
 
首も踵も想像もしなかった原因かと思いますが、
かなりの割合で存在します。
 
踵の骨(以下 踵骨)が内側に倒れると
扁平足・外反母趾、外側に倒れるとハイアーチ
となることが多いようです。
 
偏平足・外反母趾は足の甲の高さが低くなります。
左右の甲の高さに差があると、骨盤の高さも
同じ高低差で決定されます。
 
この時点で腰痛が発症します。
 
同時にふくらはぎ・太腿ともに内側に回転して、
骨盤は前方に傾きます。
 
この2種類の動きにより骨格は歪みを起し、
腰痛を発症します。
 
このように腰痛バスター安城では踵の骨の調整
により腰痛・ギックリ腰・椎間板ヘルニア・
坐骨神経痛のケアを行っています。
 
色々な改善を試みて効果の見られない方、
一度腰痛バスター安城をお試しください。
 
劇的な変化が現れる場合があります。
 
ハイアーチは次回でアップします。
 
 

むち打ち症・四十肩・ギックリ腰・椎間板ヘルニアの合併症

ヘルニア日記⑬ 8月2日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や
ギックリ腰にまつわるあれやこれやを
お話しするページです。

~~このような症例もあります~~
  この方個人の感想です。効果には個人差があります。

 西尾市 A・Oさん 50歳代
 
4か月くらい前にギックリ腰を患ってから
ヘルニアを発症。
 
左右の腰からつま先までの痛みと足裏の
しびれに悩み来店。
 
仕事が、椅子に座り頭上のパネルを操作する
事が多いので首も辛くて、腕も上がらない。
 
ご本人はムチ打ち症の記憶はないようだが、
骨格にはその兆候があり対処する。
 
肩関節周囲炎もあって腕が上がらないので
メニューに加える。
 
ギックリ腰と椎間板ヘルニアの矯正を
行って終了。
 
劇的に軽くなったとの感想がもらえる。
 
3回目終了の時点で足のしびれと痛みは
ほぼ解消した。
 
あとは施術間隔を広げてゆき、経過観察に移る。
 
この症例はムチ打ち症・四十肩・ギックリ腰・
椎間板ヘルニアの合併症です。
 
こちらの方の喜びの声と症例は後ほどご紹介します。

12

« 腰痛 | メインページ | アーカイブ | 産後の骨盤矯正症例 »

このページのトップへ