HOME > ブログ > アーカイブ > 四十肩、肩関節周囲炎

ブログ : 四十肩、肩関節周囲炎

腰痛が原因の肩の痛み

腰の痛みでご来店の方が肩の痛みを
訴えることが少なくありません。

原因によって痛みの場所や様子が違っ
てきます。

そのいくつかをご紹介します。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

 一番多いのが肩関節の亜脱臼です。

腰痛の症状が重くなってくると仰向け
で寝られなくなってきます。

robot-3256109_640.png

すると横向きで寝る時間が長くなって
くるのですが、実はこの横向きが思わ
ぬ原因となっています。

横向きの体勢では体重を下になった腕
で支えることになります。

つまり肩関節には腕を体側に押し付ける
力が働いています。

日常的に横向きの姿勢を続けることに
より、肩関節は内側に変形すること
になります。

この時の自覚症状は肩の奥がジワーっと
重苦しく痛い事が多いようで、時には腕
が上がらなくなる事もあります。

四十肩を疑う方もいますが、この場合は
肩関節の位置を修正することでそれまで
の症状が跡形もなく消滅します。

このように肩関節は体重を支えたり物を
持つ時には耐久性がありますが、前後
左右からの力にはあまり強くありません。

先ず腰の痛みを解消して、仰向けでも
寝られる身体を手に入れることが根本的な
解決になります。

  ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

ヘルニア日記 こんな症例もあります

ヘルニア日記(36) 12月12日
このページは椎間板ヘルニアやぎっくり腰
など、重症の腰痛にまつわるあれこれをご
紹介いたします。


このような症例もあります。
安城市在住 80歳 男性
 
長年のギックリ腰・椎間板ヘルニア・四十肩
変形性膝関節症でご来店。
 
どれ一つとっても重症でたいへん辛い症状
でした。
 
骨密度は年齢の割にはよい方ですが、その他に
右の腎臓に結石があり強い衝撃は禁止、左頸動脈
に梗塞があり接触禁止の条件付きでした。
 
長年の辛い症状のために、すっかり弱気になっていて、
「どうせよくならないよね」「いくらやっても
ダメだろう」が口癖でした。
 
でも苦しくて仕方がない中でのご来店です。
 
「大丈夫!!」「何とかするから」と顔では笑いながら
身体に負担の少ない施術方法を必死で工夫する連続でした。
 
骨密度・結石・梗塞との戦いを続けるうちに
5回目くらいから右の腰の痛みと痺れが和らいで
きました。
 
そうなると希望が芽生え始め、施術の度に効果が
実感できる良い循環が生まれました。
 
弱気の発言が影をひそめ、自慢気な口調が増えてきました。
2か月余りの期間に紆余曲折はありましたが、今では
仕上げの段階といえます。
 
施術間隔を広げて、再発しにくい体にしてゆき、
最終的には軟着陸を目指します。
 
あともう少し、お付き合いください。
「大丈夫! 何とかするから」

むち打ち症・四十肩・ギックリ腰・椎間板ヘルニアの合併症

ヘルニア日記⑬ 8月2日
椎間板ヘルニアをはじめ坐骨神経痛や
ギックリ腰にまつわるあれやこれやを
お話しするページです。

~~このような症例もあります~~
  この方個人の感想です。効果には個人差があります。

 西尾市 A・Oさん 50歳代
 
4か月くらい前にギックリ腰を患ってから
ヘルニアを発症。
 
左右の腰からつま先までの痛みと足裏の
しびれに悩み来店。
 
仕事が、椅子に座り頭上のパネルを操作する
事が多いので首も辛くて、腕も上がらない。
 
ご本人はムチ打ち症の記憶はないようだが、
骨格にはその兆候があり対処する。
 
肩関節周囲炎もあって腕が上がらないので
メニューに加える。
 
ギックリ腰と椎間板ヘルニアの矯正を
行って終了。
 
劇的に軽くなったとの感想がもらえる。
 
3回目終了の時点で足のしびれと痛みは
ほぼ解消した。
 
あとは施術間隔を広げてゆき、経過観察に移る。
 
この症例はムチ打ち症・四十肩・ギックリ腰・
椎間板ヘルニアの合併症です。
 
こちらの方の喜びの声と症例は後ほどご紹介します。

今、明かされる四十肩・肩関節周囲炎について

四十肩・五十肩・肩関節周囲炎・原因不明の方の痛み
肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)と症例集
〇特に思い当たる原因がない
〇四十歳あたりになると起きる
〇激しい痛みで腕が上がらないこんなことが当てはまるのが肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)です。
はやい方は30歳ころから症状が出てきます。
 
肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の方の身体に何が起きているのかをお話しします。
じつはいくつかの原因が重なって起きています。
①   最大の原因と思われるのが、骨格(首・背中・骨盤)に起きているズレです。
②   その影響と加齢などによって、棘下筋・棘上筋・小円筋・大円筋・三角筋・大胸筋・僧帽筋などの肩回りの筋肉群が硬くなっています。
③   肩関節の可動性障害(亜脱臼)が起きています。
これらの不具合により腕が痛くて上や後ろに動かなくなり、日常の生活にも支障が出てきます。
腰痛バスター安城では短期集中コースで症状を根本から改善して、アフターケアにより再発しにくい身体を目指します。
※まれにではありますが腱板断裂に発展する場合があります。
 
進行期・安定期・回復期に分けられて、1~2年ほどで自然に回復することもあります。
進行期(筋痙縮期)には進行スピードを上回る頻度で施術を行います。
安定期(筋拘縮期)・回復期には短期集中で施術をすることで、早期回復を目指します。
再発を予防する定期的なメンテナンスを行い、楽な状態を維持します。
 
・・・四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)短期集中コース・・・
 
〇回復期・安定期の方は約1ヵ月を目標に早期回復を目指します。
〇進行期の方は早急に進行を食い止め、回復・安定期に導きます。
〇2回/週位のペースで施術、回復後も再発防止プログラムにより 定期的なメンテナンスを行います。
〇体幹の骨格矯正・関連した筋肉群のケア・肩関節の亜脱臼のケア
により根本からの改善を行います。
〇体幹の矯正は腰痛バスター安城自慢の矯正技術 ”すごい骨盤矯正”で行います。
〇1回  5000円  5回1クール  20000円
     (初診料別途 1000円)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
腰痛バスター安城で肩関節周囲炎のケアを行い回復された方の症例をご紹介いたします
【症例ファイル】

この方個人の感想です。効果には個人差があります。
 
   T・Mさん 67歳 男性 安城市在住
診断内容:腰痛の治療で来院 
     肩に痛みがあり検査を行う
     痛みは両肩 右肩前側・外側の挙上 90
     度以上が困難
     触診で 棘下筋・小円筋・棘上筋・三角
     筋・大胸筋が硬くなっている。
    
     両上腕ともに回内傾向が見られる。
     頸椎・胸椎・腰椎・骨盤に不正列があり、
     肩甲骨の動きが制限されている。
     右肩関節に亜脱臼(内方)があり。 
 
      施術内容:頸椎・胸椎・腰椎・骨盤の不正
      列部分の矯正を実施。
      肩周辺の硬縮した筋肉群の弛緩術を行う。
     (強い痛みを伴っているために強度の調整を
      しながらの施術を実施)
      上腕が回内しているために外方に誘導。
        座位にて肩関節の亜脱臼の調整を行う。
      最後に両肩の可動域の確認を行い、可動域
      の増大を認める。
      テーピングを行い、保持をして終了しま
      す。
 
     以上の内容の施術を、回復具合に応じて繰り
     返す。
     部分的には痛みが伴いますが、全体的には心
     地よい内容です。
     来院の度に動きが楽になってゆくので励みに
     なっています。
 
     現在2回/週のペースで施術して4回目。当
     初90度だった可動域が120度まで上がってい
     ます。順調な経過をたどっていますので、間
     隔を徐々に広げながら経過を観察していま
     す。
 
      現在痛みは半分程度まで軽減しています。
 
 
N・Mさん 38歳 女性 安城市在住
診断内容:この1か月ほどで急激に痛みが強くなりご来院。
左右とも横に110度
までしか上がらないうえに強い痛みを伴う。
後方は真下から10度まで可動。
パートで腕を使う作業の為、早い回復を希望。
軽度の腰痛があり首から背中にかけて椎骨と骨盤の不整列がある。
両肩とも三角筋・菱形筋・上腕二頭筋・棘下筋・小円筋に拘縮が見られる。
上腕の回内傾向が認められる。
三角筋と上腕二頭筋は特に強く、腕の使い過ぎによる筋肉疲労も原因。
施術内容:頸椎・胸椎・腰椎・骨盤それぞれ調整を行う。
上腕の回内を調整。
三角筋・菱形筋・上腕二頭筋・棘下筋・小円筋の弛緩術を実施。
テーピングで肩部分の固定を行い保持する。
仕事で腕を使用する頻度が高いため2回/週のペースで集中して施術を行う。
6回目の施術で真上まで、後は50度まで可動、痛みも軽減する。
 1回/週のペースを継続して経過観察中。
 
 
   O・Tさん 58歳 男性 西尾市 自営業
診断内容:自営業の方で首・肩・背中・腰・肘・膝がかなりつらい状態
でご来店。
仕事で全身を使うために長期にわたり痛みをこらえてきた。交通事故のムチ打ちの後遺症で全身の歪みが激しく自律神経にも影響が出てい た。(不眠・めまい・頭痛・食欲不振・全身の強張り)両肩ともに前・横に90度までしか上がらず、後は真下に0度の可動域でした。
更に右肘はまっすぐに伸びない状態でした。肩回りに筋肉群は疲労による拘縮が激しく、全身も歪んだ状態。
ヘルニアによる右脚のしびれもありました。
 
施術内容:まずムチ打ち症の影響を解除してから体幹の骨格を矯正しました。
次にヘルニア部分を施術。
どの部分を見ても重症で、最低でも10回以上はかかる見込みを伝える。
肩回りの硬縮をとり肘の関節の矯正を行う。
13回目の来店でほぼ安定した状態となり、経過を観察しています。
自律神経は3回目あたりから回復しています。

腰痛バスター安城は西三河一円、安城市、岡崎市、豊田市、幸田町
などからわざわざお越しになっています。

1

« 紫斑病 | メインページ | アーカイブ | 便秘 »

このページのトップへ