HOME > ブログ > アーカイブ > ハイアーチ

ブログ : ハイアーチ

なかなか治らない腰痛は足首の異常が原因の場合があります(外反母趾 偏平足 ハイアーチ)

 思いもよらないお話を一つ
足首から下の骨格の異常が腰痛を引き起こしている場合があります。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

何らかの原因でかかとの骨が左右に傾くと(内転、外転)、足の甲の高さが変化します。
低い場合は偏平足や外反母趾になりしつこい腰痛を引き起こします。

高い場合はハイアーチ(甲高)となり足底筋膜炎やアキレス腱痛などを引き起こしこれも腰痛の原因になります。

足首から下の骨格は精密機械のようにうまく組み立てられていてその一部でもバランスが崩れると、全身へダメージが及ぶことがあります。

外反母趾や偏平足はストレッチやテーピングで治せるというイメージがありますが悪化させている場合や効果がないこともあり、根拠のない対処法は危険です。

ハイヒールの原因説も根拠はありません。
靴を履かないアフリカの住民にも同じ比率で外反母趾や偏平足はあります。
対症療法としては靴の中敷きやパットを使うのも有効ですが骨格を矯正することで腰痛まで改善できる場合もあります。

骨盤リセット工房 腰痛バスター安城では全身のバランスを取りながら骨格矯正を行っています。
外反母趾 扁平足 ハイアーチで腰痛の方は一度お越しください。


1

« 紫斑病 | メインページ | アーカイブ | 四十肩、肩関節周囲炎 »

このページのトップへ