HOME > ブログ > アーカイブ > 睡眠

ブログ : 睡眠

硬すぎる寝具は腰痛や不眠の原因です

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

思わずやってしまう体の使い方の悪い癖
硬すぎる寝具で寝ているといつの間にか大変な身体になってしまします。
柔らかすぎる寝具で寝るのは良くないとはよく言われます。
 
確かにふかふかの寝具で寝て、朝起きた時には首や背中や腰が痛くてすぐに起きあがれないことがあります。
 同じように硬すぎの寝具もまた、痛みで熟睡できない原因になります。
 
そして起きた時には身体が大変なことになってしまうことがあります。
 つまり柔らかすぎも硬すぎも、どちらも体にはよくないということです。
 
立っている時と同じ骨格の形で寝られると体は痛くなりません。
 それが自然な形だからです。
 
しかし柔らかすぎる寝具の場合、お尻の部分のへこみが大きくなり、腰が引けた状態で寝ていることになります。
 毎日、その姿勢で寝ていると、骨格は正しい姿勢に戻れなくなって不眠の原因になります。
 腰椎は大きく湾曲して骨盤も変位していて椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・分離すべり症の予備軍の形になっています。
 
次に硬すぎの寝具で休む場合は、背骨の本来のS字カーブをつぶして一直線になり、骨盤は後方に変位しています。
骨格は曲がりすぎても一直線でも良くありません。
 
つまり、寝具はある程度の芯があって、体重による沈み込み過ぎないものがいいです。
 同時にある程度のストロークがあって、骨格のS字カーブのままで寝られるのが理想的といえます。
 
実際に寝具を選択するときには、やや硬めのマットレスと、もう一枚を柔らかめの薄い布団の組み合わせで微調節するのが良いかと思います。
実際に寝てみて違和感の少ない組み合わせを試してください。
 
自分にフィットした寝具は宝物です。

1

« 腰痛の原因になる身体の使い方 | メインページ | アーカイブ | O脚・X脚 »

このページのトップへ