HOME > ブログ > アーカイブ > 腰痛の原因になる身体の使い方

ブログ : 腰痛の原因になる身体の使い方

寝具、硬すぎも柔らかすぎも腰痛の元です。

腰痛をひき起こす原因の一つに寝具の
硬さの問題があります。

じつに様々な寝具が販売されていて
何を選べばいいのか試してみますが今
一つしっくりくるものに出会えては
いないことが多いようです。
DSC01449.JPGこの場合の考え方としては、背骨のS字
カーブがヒントになります。

人体には立位で、前後のS字カーブ
があります。

このS字カーブのままで寝られれば身体
が痛くなることはありません。
つまり寝具が硬すぎて、寝た時にS字
カーブがつぶれていたり、柔らかすぎて
S字カーブが強くなると痛みが出ます。

寝具が柔らかいとお尻の部分の重みで沈
み込みます。

bedroom-747525_640.jpg腰回りは骨盤、仙骨、腰椎、大腿骨と
大きな骨が集中していて骨の比率が大き
な部分です。

更に消化器官が詰まっている下腹部は、
肺という空気袋のある上半身に比べて重
くなっています。

つまり寝た姿勢の腰回りは他の部分に比
べて重いために沈み込みが強くなります。

この重みを支えるだけの芯のない寝具
では体重に負けてしまうのです。

これは立位では腰が引けた状態になり
ますが、骨盤は後傾をして腰椎の湾曲が
強くなり腰痛が強くなった状態です。
 
cat-2632888_640.jpg一方硬すぎる寝具は、脊柱のS字カーブ
(生理的湾曲)を許さないために
体重により脊柱が湾曲できなくなり、
無理な形を強いられるために痛みが
起きます。

骨盤部分も仙骨の存在のために後傾を
余儀なくされ痛みを起こします。

腰痛を起こしている骨盤は仙骨が後方へ
出てきまが、その部分を寝具が吸収し
ない硬い寝具では骨盤自体が後傾する
ことになります。

その結果脊柱の本来の湾曲が失われる
ことになり腰痛を起こします。

ではどんな寝具を選べば
いいのでしょうか。
room-263974_640.jpg体重や骨格の可動域など個人差にもより
ますが、体重を支える芯のある層の上に
脊柱の湾曲を吸収する柔らかな層がある
程度のストロークである2層構造であれ
ば腰痛にはなりにくいものと思います。

もう少し付け加えるならば、体重はそう
簡単には変えられるものではありません
が、関節の可動性を良くしてやれば寝具の
多少の硬すぎ・柔らかすぎを
補ってくれます。

同じ寝具を使っても、人により痛みの感
じ方に差があるのはこのためです。

さらに関節の可動性の向上は骨格矯正に
よって得られます。

座椅子は使い方を間違えると腰痛のもとになります。

最近特に気になった事例をご紹介します。

s-DSC01471.jpg

施術をすると痛みもなくなり歪みは
とれるのですが、決まったように1
週間で悪化して来店・・のパターンを
繰り返すこと数か月のSさん。


色々な原因を探り試すものの改善に
至らず、ある日雑談から「休みの日は
家で座椅子でだらーと過ごしている」
との一言。


何と原因が判明しました。休みの日に
長い時間過ごしていた座椅子で腰痛が
出ていました。


骨盤も背骨も無理な姿勢で固定されて
歪みができていたものです。


座椅子に関してはわたしのホームページ
にも記述があり、詳しく書いています
のでお読みください。


骨格を狂わせる原因を取り除く事が
一番の近道なのは言うまでもありません。


おどろき!こんな身体の使い方が
腰痛の原因だった
シリーズで連載しています。
https://www.youtuu-anjou.com/cause/
 

猫背・姿勢の悪さと骨盤が原因の2通りあります

驚きヘッダーfacebook.png
                   皆さんの健康に夢中です!

このシリーズは日々みなさんと接していホームページ掲載.jpg る中で、気になった原因を
取りまとめたものです。

一般的によく言われている事柄ですが、
猫背は呼吸器系や消化器系の
内臓を圧迫します。

健康に非常によくないことですが、
さらに悪いことが時間の経過と
ともに起きています。

身体の関節はそれぞれ固有の可動域
があってその範囲以内で自由に動く
仕組みになっています。

不適切な前屈.jpgのサムネイル画像しかし猫背によりその可動域を
超えた動きを強いられ、長時間継続
していると捻挫の状態となり
運動機能は低下します。

曲がっていて痛みもあって
動きが悪い状態です。

この状態を長期間続けていると
関節は癒着を起こし、少しくらい
の事では動かなくなります。
 
もちろん自然に回復することは
ほとんどありませんので、積極的
な治療をしなければ一生そのままか、
更に悪化するのを待つのみとなります。
 
一か所でも癒着した部分があると、
不足した動きをその周辺の関節が
負担することになり、やがて近隣の
関節も可動性超過により捻挫状態
に陥り癒着の拡大を続けます。

自覚症状としては絶え間なく重い
痛みがあって、身体が硬い感じがします。

就寝時にも痛みが治まることはなく、cat-1869576_640.jpg
睡眠障害の原因にもなります。

猫背の原因としては生活習慣(癖)
による姿勢の悪さがあげられます。
これは運動不足による場合もあります。

もう一つは骨盤の後傾があると背骨の
S字カーブが強くなり猫背になります。
(場合によっては逆にS字カーブ
が弱くなる方もいます)

腰の痛みはそれほどではないかもしれない
ですが、腰痛の形になっていて
そのことが背骨を変形させて、また骨盤を
変形させる、まさに変形のキャッチボール
が始まっています。

ひまわり.jpg更に整形外科などで好んで使う
ストレートネックという首の状態も
この一部分と考えられます。

この場合はご自分の意識ではコントロールが
できませんので、骨格矯正が必要です。

このように骨盤は全身の調整装置の役割を
果たしていて、調整の限界を超えた時に
歪みと痛みを起こします。
 

殆どの女性がやっている、横座り・お姉さん座り

驚きヘッダーfacebook.png
あなたの健康に夢中です!
#016

大部分の女性がやっているこの座り方。
DSC01460.JPG全ての女性を敵に回す覚悟であえて言います。
本当は腰と膝の両方に非常に悪い座り方です。

「じゃあどうすればいいの?」と
おしかりを受けることになりますが、
一番影響の少ないのが正座、次があぐらで
他は全部×となり、骨格の仕組みを考えると
そう言わざるを得ません。

座り方.jpgお姉さん座りは女性の方は幼い時に
屋内で遊ぶ時に普通にやっているのを見かけますが、
身体が柔らかい時から繰り返しているうちに
何の抵抗もなくできるようになります。

しかしその時点で骨格がずれることで
無理な動きに対しての抵抗がなくなっているのです。

左右の骨盤は内方・後方に変位して、
両膝は外方に旋回しO脚に変位し、
変形性膝関節症を形成してゆきます。

この下腿の外旋のしくみについては
まだまだ研究の必要があり、
身体全体の関連から考えることになります。

横座りを繰り返していると、
骨盤は左右どちらかの側方変位をしています。

ざっくり言ってギックリ腰の初期段階で、
仙腸関節が柔軟なうちは事なきを得ています。

横座り.jpg横座りは得意な向きと苦手な向きがある
と思いますが、それこそが骨盤
が歪んでいる証拠です。

膝はすねの部分が外方に回転していて、
進行してくるとO脚になりやがては
変形性膝関節症へと進みます。

更に骨盤を後方に変位させる作用もあり、
これも腰痛の原因の一つです。

正しい座り方.jpg
では最初のご質問に対してのお答えは
椅子の生活に変えるか、あぐらで座る、
外出先でやむを得ない場合は左右万遍なく
横座りをする、ということになります。

苦手の方向を作らないことがギックリ腰の予防になります。

どちらにしても床に直接座るということが
骨格には負担が大きいということです。

ブレーキとアクセルの踏み替え

驚きヘッダーfacebook.png
あなたの健康に夢中です!

長時間の運転をすると腰が痛くなる
・・・そのお話です。
腰痛を患っている方の多くが右の
骨盤にトラブルを抱える傾向があります。

おおよそですが全体の7~8割ほど
に上ると思われます。

mountain-road-1621917_640.jpg

腰痛は様々な要因で起きていますが、
右の骨盤が後方に変位する原因はいくつかあって、
その中でも大きな要因として挙げられるのは
車の運転時のブレーキ・アクセルの踏み替えです。

ブレーキ・アクセルを踏み替える時
脚を上に持ち上げますが、その時
骨盤の一番下の部分(坐骨)は体重で
座席に押し付けられながら前方に移動します。

骨盤全体は後方に変位をしており
右側の腰痛の状態です。

更にこの前提として、シートの
形状の悪さがあげられます。

seat-cushion-1099616_640.jpg
(写真はイメージでこのメーカーを非難
するものではありません)

何とほとんどの自動車のシートは、
骨盤が後傾をするような作りになっています。

骨盤のしくみを理解しないシート造り
をしているので、座るだけで腰痛
に誘導されてしまいます。

あの世界的に有名なR社のシートでも
100点満点とはいえません。

そんな背景があって、運転と腰痛の関係は
密接なものになっています。

各メーカーがもっと腰痛対策に
本腰を入れてくれるまではご自分で予防
していただくしかないのですが、
左脚ブレーキが安全に操作できるように
なれば次善の策になるかと思います。
(くれぐれも安全第一で練習してみてください)

渋滞.jpg

ただブレーキは構造上いちど脚を
上に持ち上げてから踏み込む作りになっていますので
その分は骨盤の後傾が起こりますが、
右脚だけでブレーキとアクセル両方を
操作することに比べればダメージは少なくて済みます。

森.jpg

まずはこの操作が腰痛の原因になっている
という認識を持つことが大切です。

更に椅子の座り方に注意していただく事も大切です。

「トレーニングや体操で腰痛を予防してください」・・・?!

驚きヘッダーfacebook.png
あなたの健康に夢中です!

腰や膝の痛みで訪れた病院などで
「筋力が衰えているからトレーニングをして筋肉をつけて予防してください」
「毎日歩いて足腰の筋力をつけて予防してください」
と言われている方は多いと思います。

sport-2264825_640.jpg

確かに骨格を維持するだけの筋力が
不足しているかたは大勢います。

このような場合は筋肉質も硬く、
関節の可動域も減少していて簡単なことで
骨格のバランスは崩れ自然治癒も難しくなっています。

しかし細かい事を言いますが、
“予防”とは どこも悪くない方がすることであって、
すでに骨格のトラブルを抱えている場合は
予防という考え方は成り立ちません。

この場合必要なのは治療なのであって、
予防と治療を混同してはいけません。

fit-1897615_640.jpg

すでにここで皆さんを惑わす話の混乱が起きています。

健康保険のメニューには骨格のトラブル
に対する効果的な対処法がありません。

もっと言えば整形外科は骨格を扱う部署ではないということなのです。
 
骨折・捻挫などの対処はしますが、
骨格の問題は専門外なので知識は非常に乏しいようです。

諸外国の多くでカイロプラクテイックが医療システムに組み込まれていて、
内科や外科などと同様の立場で治療行為をしています。

日本でも導入が望まれる所ですが、
健康保険の財政がひっ迫している現在、
かなり難しいのかと思います。

(本当は現行のやり方では、根本治療ではないシップと
鎮痛剤に多額の治療費が浪費されていて、この方がよっぽど無駄使いなのですが)

active-84646_640.jpg

話を戻しましょう。

バランスを崩した骨格には、
トレーニングや体操は症状を悪化させるだけで治療効果は望めません。

なぜなら関節は変形をした時点で
本来の可動域を失って動きが悪くなっており、
皆さんに筋肉が硬いと錯覚させています。

その故障している関節を無理に動かすことは、
その関節を更に傷めるとともに周囲のほかの関節までも
変形を拡大させることになります。

良かれと思って行っていることですが、
原因を筋肉に求めた時点で対策が違ってしまいました。

DSC01462.JPG

予防というのは健康体の方が行うもので、
腰痛を繰り返している方が自己流で行うものではありません。

関節の痛みは無理に動かさずに、骨格の専門化に任せるのが一番の早道です。

腰痛と言えばストレッチ!

驚きヘッダーfacebook.png
あなたの健康に夢中です!

身体が硬いと自覚していて、ストレッチをやっているが
一向に効果が感じられない腰痛持ちのあなた。

この場合前屈ができなくて身体が硬く感じているのは、
関節の動きが悪いのが原因なのですが、
筋肉が硬いと勘違いしていることが多いです。

yoga-1145680_640.jpg

動かない関節を無理に動かすと
更に関節を傷めますので、一段と腰痛は悪化します。

関節には固有の回転軸があって、
身体の動き方が決まります。

骨格に歪みができるとこの回転軸が狂いますので
本来とは違った動きになり、
場合によっては動きが制限されることになります。

「最近身体が硬くなった」「痛くて動かない」、
そうです、皆さんの腰痛の自覚症状と同じですね。

関節は形が変わることで動けなくなっているのです。

cat-2100306_640.jpg

それに対して色々な所から「腰痛にはストレッチ」と言われ、
まじめに実行するのですが、ただでさえ動けない関節を
無理に動かした結果は、症状のさらなる悪化です。

骨格矯正により関節が正しい形になると
見違えるほどに動きが良くなり体は楽になります。

DSC01471.JPG
(一生懸命に施術する腰痛バスター)

ストレッチはそれでも不足な時にしてください。
腰痛は筋肉の問題ではなく骨の問題ですから。
モノクロひまわり.jpg
 

乳幼児期(特に1歳未満)の歩行


驚きヘッダーfacebook.png
あなたの健康に夢中です!


身体の使い方を本人が選択できるわけではありませんが、
主に1歳未満の乳幼児に周囲がやってしまう重大な間違いについてです。

「うちの子は(孫は)成長が早くて、もう歩けるようになった」
と目を細めて歩かせる事、ありませんか。
baby-17346_640.jpg
1歳未満のお子さんにはO脚と似た症状になり、
多くの場合は腰痛との関連が考えられます。

1歳未満などの早い時期から歩かせると、
膝から下の骨の内側の成長が遅くなり外側は普通に成長しますので
内側に湾曲して、ブラウント病と診断されます。
(「医歯薬出版株式会社 Thomas C.Michaud著 臨床足装具学」P52.より引用)
(平成30年12月23日加筆)

足装具学.JPG

アフリカの一部、幼児を早く歩かせる習慣のある地域で
多発している骨格の異常ですが、アフリカの風土病ではなく
生活習慣によるものと考えられています。
DSC01462.JPG
当院のお客様にも一定の割合でみられ、
全身の骨格に問題を抱えている方が多いです。

足首も同調して外に傾きますのでハイアーチになり、
左右の湾曲に差がある場合は脚長差ができますので
骨盤の高さにも差が生まれ、どちらも腰痛の原因となります。

成長過程ではある程度の矯正も可能と思われますが、
成人してからの効果は望めません。

「這えば立て、立てば歩めの・・」はわかりますが、
成長段階を無視しての育児は取り返しのつかないことになります。
ハイハイ.jpgのサムネイル画像
1歳まではしっかりとハイハイをさせて腕と背筋を鍛え、
基礎を作ってから歩かせても遅くはありません。

理由もなく急ぐのはやめましょう。
子供2.jpg

仰向けで足を組む

驚きヘッダーfacebook.pngのサムネイル画像
あなたの健康に夢中です!

仰向けに寝た時に足を組むことがありますね。
実はこれも腰痛の原因になっています。
2仰向け.jpg
大腿骨の骨頭(大転子)の微妙な角度のなせる業で、
通常は歩行を絶妙に助けているのですが、
仰向けになった場合には逆に悪い作用を及ぼす場合があります。

足を組んで寝た時に上方の足は外側に回転する力が働きます。

大腿骨が外回転をしたときには大転子(大腿骨の骨頭)
の角度の働きにより骨盤が後方に傾く作用があります。

もともと仰向けで寝た時の骨盤は後方へと傾きますので、
相乗効果のために後傾が強まります。

このときに骨盤が後に傾くのが腰痛の始まりです。

更に左右どちらかが後傾している場合は、
身体は同じ側にねじれますので背骨の湾曲も複雑なものになります。
 
大腿骨骨頭の角度はもともとは四足歩行の時に
骨盤の形状に合わせて形成されてきたのもですが、
二足歩行に転用している為のミスマッチと言えます。
 
四足歩行の動物が仰向けに寝ることは殆どありません。
生物の一番の弱点のお腹をさらけ出すことは本能的にしないからです。

しかし危険を取り去ったために四足歩行以外の体勢が可能になり、
その結果として不具合を起こしたものです。
仰向け.jpg
ただすでに骨盤の形が悪くなっている場合(後方変位)、
その形に合わせるために足を組みたくなる悪循環に陥っています。

その場合は骨格矯正を行い悪循環を断ち切る必要があります。
森.jpg

足の小指荷重で立つ

驚きヘッダーfacebook.pngのサムネイル画像
あなたの健康に夢中です!

両足で立った時に両足の小指の付け根に
体重がかかっている方が、実は多いようです。
小指荷重.JPG

何が良くないのかというと、
小指荷重をしているとかかとが外に傾き
ハイアーチ(甲高の足)になり、更に骨盤が後ろに倒れて
腰痛をひき起こす仕組みになっています。

また変形性膝関節症の引き金にもなります。

この事に関しては、何の情報も知識もない事もあって、
多くの方が無意識にこのような立ち方をしているようです。
landscape-690531_640.jpg
骨盤から下の骨格は絶妙のバランスで構成されたピラミッド構造ですが、
一か所でもバランスが崩れると修復が効かずに、
やがて全身のバランスまでも崩してしまいます。

ハイアーチ(甲高の足)や偏平足もその一つで、
足裏への体重のかけ方や歩き方によりゆがみが生じます。

足の骨格・膝・骨盤はお互いに影響を及ぼしあって、
悪化の連鎖を始めとどまることがありません。
foot-723308_640.jpg
ギックリ腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛など
重症の腰痛を抱える方の多くにこのハイアーチが見られ、
このままでは骨盤の修正が全く進まないことがあるくらいです。

立ち方・歩き方は個人差がありますので
マンツーマンでの御説明をしています。
女の子.jpg
場合によっては骨格矯正と同時進行が必要になる場合もあります。

123

« 首痛、肩こり | メインページ | アーカイブ | 睡眠 »

このページのトップへ