HOME > ブログ > アーカイブ > 首痛、肩こり

ブログ : 首痛、肩こり

うつぶせ寝は首への拷問です

驚きヘッダーfacebook.pngのサムネイル画像
あなたの健康に夢中です!


シリーズ「腰痛原因」

子供のころからの習慣で
うつ伏せでなければ寝られない方がいますが
そのような皆さんにとっては残念なお話です。

うつ伏せ寝はメリット・デメリットそれぞれあります。
仰向けで寝るのは人類だけですが、ほかの動物がうつ伏せ
で寝るときは四肢を折りたたんでその上に寝ますが
完全におなかを地面につけて寝る事はしません。

おなかを地面につける姿勢は首が真横に向きますので、
長時間続けていると骨格にはかなりの負担になります。
うつ伏せ.jpg
更に枕が硬く、高さも高い(薬指の長さ以上)場合、
頸椎は不自然な角度に変形しますのでズレや歪みが
発生します。

頸椎1番にズレが起きると顎関節症や自律神経失調など
をひき起こし、頸椎の他の部分のズレは目・耳・鼻・
口などの異常や、肩こり・頭痛・めまい・吐き気などもひ
き起こします。

そのズレはやがて背中から骨盤まで達し、腰痛を発
症します。

尚、頸椎のズレが強く椎体が癒着している場合、
ずれが邪魔をして骨格は矯正を受け付けません。

これはムチ打ちと同じ状態になります。
 
中には腰の痛みが強くて上向きに寝られないことがあり
うつ伏せで寝ると骨盤は前方に変位しますので少しは楽
になりうつ伏せでしか寝られない方います。

しかし首への負担は変わりませんので、
歪みの悪循環におちいります。

この時点ではすでに自然治癒力は失われていますので、
それ以上の進行を防ぐためには一刻も早く骨格矯正を行
う必要があります。
 

ごろ寝 それは悪魔の誘惑

驚きヘッダーfacebook.png
あなたの健康に夢中です!

シリーズ「腰痛原因」

”ごろ寝” ・・リラックスの代名詞のようなこの姿勢、
テレビを見ながらが日課になっている方も多いのでは。
ごろ寝.jpg
最初のうちは首の痛みや肩こり程度の自覚症状です。

更に頭痛やめまい・吐き気、背中の痛みと次第に範囲が
広がってゆき、やがて腰の痛みへと進行します。

どのくらい良くないのかは、立った姿勢でこの格好をやっ
てみるとよくわかります。

非常に強い力で首を横に曲げていて長時間その姿勢を続け
ますので首と背中の骨格には強いゆがみが生じます。



自然治癒力の及ばないレベルまで歪むと身体全体がバラン
スをとるために反対側の歪みを作り、しだいに骨盤まで拡
大することになり腰痛を発症します。

次に関節が変形して可動域の減少した状態が続くと周囲の
組織や関節包までもが癒着してきます。

脊柱や骨盤の仙腸関節に発症すると重苦しい痛みが持続し
て動きも制限されたままです。

癒着した部分を引きはがし可動域を増大する
リハビリ的な施術が必要になります。 

我慢の期間が長いほど後戻りしやすい事になり、何気なし
にしたごろ寝が大変な結果になって帰って来ます。

全身は繋がっていますので、首の痛みはやがて骨盤のバラ
ンスを狂わせることになるというお話でした。


肩こりバスター 首をバキバキ鳴らす

<肩こりバスター>
肩こりバスターは国民病ともいえる肩こりにまつわるあれこれをご紹介します。
 
今回は首をバキバキ鳴らす・・です。
安城市はもとより名古屋市・豊田市・岡崎市にお住いの方必見です
 
当店ご利用の方の多くが腰痛と一緒に肩こりを抱えておいでになります。
その中で目立つのが首をバキバキ鳴らす方がいることです。
 
「良くないのはわかっているけれど、ついやってしまう」「気持ちが良いので」
「鳴らすと落ち着く」などの理由ですが、
やはりよくはありません。
 
首の骨の動く範囲を超えてひねるので、その分骨格がずれてしまいます。
 
一度ずれると落ち着かないのでまた鳴らしたくなる。
 
悪循環におちいり次第に悪化を続けます。
その首と肩回りの骨格のズレが肩コリの正体なのです。
 
私たち治療家も鳴らす施術を行いますが、細かな手順を踏んで十分な訓練を積んだうえで行っています。
 
骨格の仕組みを理解しないで自分流で行いますと、さらに悪化してゆきます。
 
腰痛のある方は方も凝りやすい仕組みになっているわけです。
 
いくらマッサージをしても改善しない理由がお分かりいただけましたか。
 
改善策はきちんと骨格矯正ができるところで骨格矯正を受けてください。

肩こりバスター むち打ちからくる肩こり

<肩こりバスター>
肩こりバスターは国民病ともいえる肩こりにまつわるあれこれをご紹介します。
 
肩こりを訴えている方の多くに見られるのがむち打ちからくるものです。
 
過去に一度でもむち打ちを経験している方は、首から背中にかけての背骨が
細かく複雑にずれています。
 
かなり昔の軽い事故でも大きなダメージを受けているケースもあります。
 
皆さん肩こりのほかに全身に何とも言えない違和感や痛みがあり、何をやっても改善されない場合はむち打ちを疑ってください。
 
全身の細かくて強いゆがみが胸郭(肋骨)
をゆがめていて、最終的には首の周辺に歪みが集中します。
 
それが肩コリの正体です。
 
その部分を処置してからでなければ、身体の他の部分は矯正をうけつけないことが多く、時間の経過や事故の強弱とは無関係です。
 
ムチ打ちでロックされた首のズレを解放して全身の歪みを取り去ったころには肩こりは消滅することがほとんどです。
 
特に肩こりだけのケアをすることもありません。
 
遠回りのような気がしますがそれがむち打ちからの肩こりの唯一の解消法です。
 
今までどうしても改善しなかった方、一度お試しください。
 
安城市はもちろん、名古屋市・豊田市・岡崎市など多くの方が改善しています。

喜びの声 首と背中の痛み・凝りで整体 岡崎市 女性

<喜びの声>
  足の指のしびれ・首と背中の痛み・凝りで整体
  岡崎市 M・Hさん 女性 30歳台 会社員  スキャン_20160215 (2).jpgのサムネイル画像   
  足の指先がしびれるようになって
  2週間、あまりにも気になるので
  腰痛バスター安城さんにお世話に
  なることにしました。
 
  見てもらったら坐骨神経痛とのことでした。
 
  不思議なことに施術の後はしびれもなく、
  普通に過ごせていました。
 
  それでも何かのきっかけで痺れが戻って
  くるのですが、3回目の施術の頃には 
  日常生活で気になるようなしびれや痛みは
  なくなりました。
 
  施術時に坐骨神経痛以外の所(全身)
  を見てもらえたのがとても助かりました。
 
  首が前に出ており、猫背なので姿勢が悪く正そうとしてもすぐ疲れてしまっていたのですが、首を施術して貰ってからは、首を後ろに倒すのも違和感がなくなり姿勢も正しやすくなりました。
 
  ムチ打ちのように左右に骨がずれていた聞いた時は、来てよかったと思いました。
 
  お世話になったきっかけは坐骨神経痛でしたが、ずっと気にしていた首を見てもらえたことがありがたかったです。
 
  他にも日常生活や寝るときの枕の事などアドバイスをもらえて助かりました。
 
  また何かあったらお世話になりたいと思います。
  ありがとうございました。
 
<症例>
主訴:2週間ほど前からの右足の指の
しびれと肩こり・ネコ背・首の
違和感
   
触診: 腰椎1~5番に不正列がある。
   指のしびれの原因箇所と思われる。
   
胸椎5番から上が前弯をしていて
   上に行くに従ってカーブが強くなり、頸椎7番でさらに急角度で曲がっている。
     
枕が高すぎる場合このような湾曲をすることがあり、確認したところ逆流性食道炎のために枕を高くしているとのこと。
 
これは胸椎5番の調整により改善する可能性があり経過を観察してゆきたい。
   
施術効果:5回の施術で経過観察に移行。
   自覚症状もなく、骨格にも問題は
見られない。
頸椎7番の前湾を注視する。

名古屋の方必見、安城で解決している誰も知らない肩こりの事実 

辛い肩こりですがこんなことが分かってきました
 
あなたの肩こりはこんな風ではないですか。
 
☑子供のころからの肩こり
☑スポーツやストレッチは良くやっている
☑腰痛は昔からある
☑足や腰が疲れやすい
☑膝の痛みがある
☑腕が上がりにくい・肩が痛い
☑首が痛い・曲がりにくい
☑うつぶせ寝をする・していた
☑枕は高い方が好きだ
☑よいと言われることはすべてやった
☑昔、交通事故で追突されている
 
どうですか、いくつ当てはまりますか。
これ全て肩こりと深い関係があります。
肩こりは肩だけの問題ではなく、全身で起きていることの結果なのです
 詳しく説明しますのでぜひ最後までお付き合いください。
 
 面倒くさい話が嫌いな方は今すぐ腰痛バスター安城へお越しください。
肩こりバスターでは理屈抜きでも楽になれます。
 
 腰から下の歪み(足首・膝・股関節・
 骨盤)は仙骨に集中しています。
 さらに背骨でズレを増幅しながら肋骨の歪みも加わって、胸椎1番に歪みが集中します。
 
胸椎1番にはその他に鎖骨と肩甲骨・頸椎がつながっていますので全身のひずみが肩回りに集まる構造なのです。
 
骨格はすべて筋肉と靭帯で結ばれていますので、ゆがんだ分だけ筋肉と靭帯は引っ張られますので、その部分は凝りを感じることになります。
 
このような仕組みですのでいくら筋肉を揉んでもコリは解消するはずがありませんね。 
有効な解決方法は骨格を矯正することです。
 
腰痛バスター安城の骨格矯正は、足の甲・足首・膝・股関節・腰と矯正をすすめ背中・首までのすべてに手を入れてゆきます。
 
足腰がやたらと疲れる方は脚の骨格が歪んでいる可能性があります。 
足首が硬い方、扁平足・外反母趾、ハイアーチなどがそうです。
 
長年の研究でたどり着いた手技で、当店のオリジナルです。 
マニュアルではなく、身体の反応を確かめながら進める“すごい骨盤矯正”は全身の骨格の機能を最大限に生かすことを目的に行います。
 
骨格が生まれ変わった充実感が皆さんを虜にしています。 
「こんな整体初めて!!」です。
 
そんな訳で愛知県内一円からクチコミでお越しいただく整体院になっています。 
もちろん名古屋市内からも多数ご来店です。
 
栄から車で約1時間の距離ですが、時間をかけていただく価値のある整体です。
アクセスを見る 

「来るたびに楽になるので、気にならないよ」と次回の予定を待ち望んでのご来店です。
私も期待を裏切らないように、気持ちを引き締めて臨む毎日です。
 
「これだけやっても効果がないから一生付き合うしかないかな」と諦めたあなた、解決のカギは安城にあるかもしれません。
 
お問い合わせ・ご予約はお気軽に
腰痛バスター安城まで
0566-55-4508
 
土日も営業 夜10時までやってます

名古屋市 主婦 喜びの声と症例

<喜びの声>
  ギックリ腰・椎間板ヘルニア・頭痛
・ムチ打ち・肩こりでご来店
 名古屋市 M・Mさん 女性 
40歳台 主婦
 
  薬でも治らない頭痛に悩まされてい      スキャン三浦.jpg
  る時に数年ぶりにギックリ腰で動け
  なくなりました。
    何とか少し動けるようになった時に
  
  どこかで見ていただきたいとネットで
  いろいろ探しこちらに電話しました。
 
  当日は予約でいっぱいだったにも
  かかわらず、辛いだろうと時間外に
  見て頂けとても助かりました。
 
 状態はひどかったのですがどこがどの
 様にずれているか等丁寧に説明して
 頂けとても納得がいきました。
 
またずっと悩まされてきた頭痛も首の状態が良くないということで納得。
 
一回目ですぐにとはいきませんでしたが、数回施術して頂き頭痛が気にならなくなりました。
ありがとうございます。
 
長年に渡りいろいろな整体を経験しました。
初めは独特の施術はあるものの同じ様な感じかな?と思っていました。
 
でも違いました。
他のところは初回こそカウンセリングで長いものの、施術は10~15分程度バチバチっと矯正して終わりですが、こちらは1時間弱をかけてじっくり矯正していただけます。
コリや張りがひどい時にはもみほぐしてくださり、気になるところがあれば何度でも再調整していただけるのでとてもすっきりして帰れます。
 
時にはとても痛い矯正もありますが、どこの整体で動きが悪い・硬い等いわれていたのでよくなるためにはある程度仕方がないのかなと思っています。
 
日常生活は難なく送れるようになりましたが、今後もメンテナンスよろしくお願いします。
 
<症例>
主訴: 首の痛み・頭痛・肩こり・背中の痛み
   ギックリ腰・椎間板ヘルニアの足の痛み
 
問診: 椎間板ヘルニアの手術を17~18年前に1回(腰椎4~5番)
   それ以来ギックリ腰を2~3回
   2年ほど前にスキーで追突されてムチ打ち症を1回
   それ以来頭痛が常にある
 
触診:頸椎3~4番右にずれている。
   頭痛はここが原因となっている。
   胸椎は1~12番でずれがみとめられ背中にも大きな張りがある。
   腰椎は特に4~5番に異常があり
   ヘルニアを起こしている左方向への癒着がある。
   左太腿の重苦しい痛みはここが原因となっている。
   骨格の歪みを解消せずに髄核だけを切除した手術が現在の4~5番の癒着を生んでいるものと思う。
   骨盤は左方向へのぎっくり腰を起こしている。
   踵骨が外方に傾いていてこれが根本の原価と推測される。
   それぞれが重症の部類に入る症状で、長年にわたり苦しかったものと思われる。
 
施術効果:5日間隔の施術を繰り返し
  3回目あたりから効果が現れ始め
  6~7回目で頭痛が再発したが、
  その後は回復する。
身体全体も着実に回復を続け、現在は施術間隔が14日間まで延びてきている。
18年の重症の病歴を考えると順調な恢復を見せているものと思います。
初期のヘルニアは切らないのが基本だと思います。

これで納得!しつこい肩こりのメカニズム

<肩こりのメカニズム>
肩こりが骨格の歪みが原因であることはすでにお知らせしました。
 
次の図は肩の部分の背骨です。肩こり1.png
(へたくそでごめんなさい)

(図―1)腰痛やムチ打ち症などがあると背骨は
ご覧のようにズレや湾曲を起こします。

背骨からは身体の色々な所と筋肉でつながっており、
通常は骨格を維持しています。 
斜め上、斜め下に網の目のように張り巡らしています。
 
しかし腰痛や首の歪みでバランスが崩れると、
持ちこたえることができずに背中の部分にも
湾曲が始まります。
 
図はその概略です。 
湾曲の内側 1 の部分の筋肉はそれぞれ反対側に引っ張られており、コリの正体そのものです。

でもそのハリがそれ以上の骨格の崩壊を必死で防いでいます。
肩こり2.png

(図―2)2 の部分には歪みの力が加わっております。 
椎体は強力な靭帯で連結しています。
また関節はそれぞれが関節包という袋の構造の中の
椎間板というクッションでつながっています。
 
靭帯も関節包も変形と闘っていて、
強いストレスが凝り感を生んでいます。
 

(図―3)背骨からは左右に肋骨が出ていて、
身体の正面に回って胸骨と連結しており
肩こり33.pngそこで左右の肋骨がつながっています。
 
胸郭といわれていて、モノコック構造になっています。
 
上下の肋骨どうしは肋間筋という筋肉で結ばれており、
提灯を想像していただくとイメージとしては合っていると思います。
 
その上下を左右にひねった状態、数段の間隔をあけて
左右に湾曲させた状態など様々なパターンがありますが、
いずれの場合も肋間筋が強く引っ張られています。
 
胸郭全体の柔軟性が制限されますので、こった感じになります。
 

(図―4)頸椎(首の骨)に1番~4番
から肩甲骨の上部まで肩甲挙筋という筋肉がつながっています。

肩こり5.png  肩甲骨を上の方に引き上げる動きをする筋肉です。
頸椎の1番~4番にずれがあると肩甲挙筋にハリができて
凝り感を感じます。
 
同時に頸椎4番のズレはめまい・頭痛・吐き気をもたらします。
このように背骨にズレができると、肩回りをはじめとして
胸郭全体に凝り感を覚えます。

その他、背骨以外の原因による肩こりもあります。
 
これが肩こりのメカニズムです。
 
対処方法が違っていると満足な効果が得られません。

硬すぎる寝具は腰痛や不眠の原因です

思わずやってしまう体の使い方の悪い癖
硬すぎる寝具で寝ているといつの間にか大変な
身体になってしまします。
 
柔らかすぎる寝具で寝るのは良くないとは
よく言われます。
 
確かにふかふかの寝具で寝て、朝起きた時には
首や背中や腰が痛くてすぐに起きあがれない
ことがあります。
 
同じように硬すぎの寝具もまた、痛みで熟睡
できない原因になります。
 
そして起きた時には身体が大変なことになって
しまうことがあります。
 
つまり柔らかすぎも硬すぎも、どちらも体には
よくないということです。
 
立っている時と同じ骨格の形で寝られると体は
痛くなりません。
 
それが自然な形だからです。
 
しかし柔らかすぎる寝具の場合、お尻の部分の
へこみが大きくなり、腰が引けた状態で寝て
いることになります。
 
毎日、その姿勢で寝ていると、骨格は正しい姿勢
に戻れなくなって不眠の原因になります。
 
腰椎は大きく湾曲して骨盤も変位していて
椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・分離すべり症の
予備軍の形になっています。
 
次に硬すぎの寝具で休む場合は、背骨の本来の
S字カーブをつぶして一直線になり、骨盤は後方
に変位しています。
骨格は曲がりすぎても一直線でも良くありません。
 
つまり、寝具はある程度の芯があって、体重
による沈み込み過ぎないものがいいです。
 
同時にある程度のストロークがあって、骨格のS字
カーブのままで寝られるのが理想的といえます。
 
実際に寝具を選択するときには、やや硬めの
マットレスと、もう一枚を柔らかめの薄い布団
の組み合わせで微調節するのが良いかと思います。
 
実際に寝てみて違和感の少ない組み合わせを
試してください。
 
自分にフィットした寝具は宝物です。

首痛・肩こりの原因です 肘をついたごろ寝

ついやってしまう事ばかりです
日々の健康管理にお役立て下さい          

「えーこれもダメなの?」という
声をいただく動作に
肘をついたごろ寝・・・首への拷問です。ごろ寝.jpg (写真のポーズです)
 
安城市 I・Sさんの実例でご説明します。
  
5回目のご来店の時のことです。
20年前からギックリ腰を発症、以後3~4年
に一回のペースで繰り返してきました。
 
1ヵ月前からヘルニアで椎間板ヘルニアを発症。
当店にご来店になりました。
 
小学生の時に鉄棒からの落下で首を強打して、
むち打ち症に似た症状がありました。
かなり痛かったのを覚えていたそうです。
 
それまでの4回の施術によりかなり良い状態まで
回復しておりました。
 
ムチ打ち・ギックリ・ヘルニアすべてが痛み
は無くなり、身体のハリも取れていました。
 
そんな状態での5回目のご来店ですが、全身に
張りがありカチカチで、頸椎5番が大きく右に
変位して胸椎・腰椎・骨盤ともに大暴れの状態
でした。
 
解決の糸口が見つからないながら、なんとか
頸椎から突破口をあけて全身の施術に成功。
安定した状態に持ち込みました。
 
施術終了後に思い当たる原因を聞いてみると、
前日に世界陸上のビデオを2時間ほど鑑賞、
その間の姿勢は右肘をついたごろ寝だったそうで
それから全身が重だるいそうです。
 
まさに姿勢と首の変形の因果関係が一致しており
裏付けられています。
 
この例でもわかるように長時間にわたり首を
強く曲げていると、関節は負けてしまします。
 
関節が自然治癒力により復元する余力は残って
いませんでした。
 
くつろぎの時間に、好みの姿勢でいるのは良い事
ですが、日常生活のわるい癖が首痛・肩こり・腰痛
を引き起こしていることも事実です。
 
心当たりのある方は腰痛バスター安城へお越しください。
全身を根本から施術いたします。

腰痛バスター安城は安城市はもとより
西尾市、碧南市など愛知県一円からもご来店になっています。

1

« 頸椎ヘルニア | メインページ | アーカイブ | 腰痛の原因になる身体の使い方 »

このページのトップへ