HOME > ブログ > アーカイブ > 側弯症

ブログ : 側弯症

悪化を続けて側弯症まで発症したFさん

(この内容はすべての方の結果を約束するものではあり
ません)
30年の間に腰痛・側弯症と悪化を続けてきたK・Fさん
から「お客様の声」を寄せていただきました。

最初にKさんの症状をご説明しておきます。

はじめてお越しになったのは2018年8月のことで、こ
れまでに41回のご来店です。

電話でのご予約では側弯症とのことでしたので、側弯症に
は大きく分けて2種類あって、特発性側弯症は原因不明な
ので手の施しようがないけれど、機能性側弯症であれば骨
格矯正は可能であることを説明し、一度状態を見せていた
だきました。
 
その結果骨盤の歪みを伴った機能性側弯症と判明、さらに
調べると骨盤は右方向への変位を示しておりかなりの後方
変位も伴っています。
腰椎の2~3番を頂点に右方向へ60度ほど脊柱が湾曲してお
り前方にも同じく60度ほどの湾曲があります。

立っているときも両手を膝について体重を支えなければな
らない状態で、腰や背中の強い張りと痛みが常にあり腰椎
が乱れることによる太腿の張りで膝はまっすぐにならず、
前かがみの姿勢により呼吸が苦しい状態です。

人目を気にして旅行先でも大浴場には明け方しか行けない
のが辛かったといいます。
脊柱全体も柔軟性がほとんど見られず非常に詰まっていて、
寝ることも満足にできそうにありません。過去にむち打ち
の事故もあってそれも原因の一つと考えられます。

(脊椎側弯症 患者の集い)
http://sekitui-sokuwan.net/what/#i-3 参照
 

ここに全文を掲載します。
「40代前半から腰痛が発症して以来、いろいろな治療を
受けてきました。
腰痛だけだと思っていましたが、7~8年前に側弯症と診
断。
自覚症状が全くなかったのですが、そこから側弯症の治
療を開始。

鍼灸、整体、腹筋、背筋のインナーマッスルの強化と並
行してのマッサージなどなど・・。

いろいろと治療を受けましたが、共通して言われたのが、
背骨の湾曲は治らない!!

治療に関しても、曲がった背骨の一番つらくて触ってほ
しい部位に対しても、ここは触れないといわれ、治療後
も常に張りと痛みはなくならない状態でした。

自分の側弯は治らないとあきらめていたところ、腰痛バ
スターを知り、受診しました。
最初の治療を受けた時に、今までタブーのように触って
もらえなかった部位を当たり前のように触ってもらえて、
つらかった背中の張りが緩和されました。

それに加えて、曲がった背骨は治らないといわれていた
のが、最初の治療後に少し湾曲が伸びていたのには、本
当にびっくりしました。

8月末から受診して今日までで、家族や友人が驚くほど背
中の曲がりが治ってきています。

良心的な治療を受けられて先生には感謝しかありません。」

 
現在は1回/週のご来店で矯正の進み具合もペースアップ
しています。

一番大切な腰椎5番と仙骨が修正しきれていなくて術後の
戻りが見られますが、ここを克服すると骨盤の形状がガラ
ッと変わりますのであと少しのところまで来ているように
思います。

30年の時間をかけて進行した側弯症は全身の関節一つ一
つが、ちょうど水道の蛇口を力いっぱい回すとかみ合って
戻りにくくなった状態に似ていて柔軟性がほとんどなくな
っていました。


  (Lisen KaciによるPixabayからの画像)

全部で24個の脊柱と仙骨・骨盤を一つ一つ引きはがして
ゆく地道な作業を繰り返しては戻りを繰り返して、ようや
く自然治癒力が戻ってきました。

ここまで来ればもう少しです。

このように喜んでいただいた皆さんの笑顔です。
https://www.youtuu-anjou.com/guest/ 
 
お問い合わせフォームはこちら
https://www.youtuu-anjou.com/inqfm/general/
 
0566-55-4508でお問い合わせ
 
Web予約をご利用ください
■スマートフォンの方は
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PCの方は
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691



喜びの声 ギックリ・ヘルニア・側弯・・・・60歳代 男性

<喜びの声>
 ギックリ腰でご来店
西尾市 K・Oさん 60歳代  男性声岡田.jpg 
この方個人の感想です。効果には個人差があります。

 私は身体を動かすことが好きで、インターネット等でトレーニング法を調べ実施した結果、腰痛を起こしてしまい腰痛バスターに通っている。
最初はあるくことも辛かったが、何度か施術してもらい現在は普通に歩くことができるまでに回復した。
背骨のズレを矯正してもらったところ、色々な所に症状が出たがそれを治してもらう時の説明に苦労した。
症状の間隔は個人で違うのでそのたびに説明するが、その意図を組んで施術してもらい、大変感謝している。
ここに通うようになり感じることは健康な状態のときに身体のメンテナンスとして施術してもらえればよかったと思ったことである。
 
<症例>
主訴:ギックリ腰・左足のしびれ・左手の手根管症候群・右手親指のしびれ・肩のこり・テニス肘・ハイアーチ・両手首の痛み・
X脚
 
問診:過去に整形外科で椎間板ヘルニアの診断・過去にムチ打ち症とギックリ腰あり・両足首の捻挫
 
初診:右方向へのギックリ腰が大きい・
重度のハイアーチ・変形性膝関節症・背中も重度の湾曲
 
最初は土台のハイアーチの解消と膝の変形・ギックリ腰から取り掛かる。
その後順次施術箇所を拡大、ほぼ全身を行い仕上げの段階に至る。
今後は経過観察期間に移行する。
現在5カ月間、29回の来店。
 
骨格が長い期間歪んでいたためか、筋肉量が不足しており、徐々に運動しながら筋肉をつけてゆく必要があります。

名古屋市にお住いの方 側弯症を安城で解決しませんか

名古屋市にお住まいで、側弯症でお困りの方、安城市まで足を延ばしてみませんか。
 
腰痛バスター安城はきちんと骨格矯正を行っている整体院です。
 
側弯症は原因が不明の特発性側弯症と、
一過性とされる機能性側弯症に分けられるようです。
 
この場では機能性側弯症について述べてゆきたいと思います。
 
一過性といっても、効果的に矯正できる施設はそう簡単には見つからないようで、お困りの方はかなりの数に上るものと思われます。
 
常日頃から骨格矯正に正面から向き合って、技術を磨いている施術家以外には難しいと思います。
 
多くの場合、骨盤がずれる事で背骨が歪むことから発症します。
 
その原因としては日常生活の身体の使い方があげられますが、その他に足首・膝・股関節・肩・首など全身と影響を及ぼしあっていて、腰痛バスター安城ではそのすべてについて調べ矯正を行います。
 
側弯症は自然に回復することは望めません。
 
むしろ時間の経過とともに進行してゆきます。
 
心臓・肺・消化器官などを圧迫しますので、身体への負担は大きく日常生活への影響はかなりのものです。
 
湾曲が大きくなると回復までの道のりは遠くなり、時間的・経済的な負担は増大します。
 
できるだけ早く矯正に取り掛かってください。
 
もしお住いの近くに確かな技術を持ち合わせた骨格矯正施設が見当たらないようであれば、腰痛バスター安城へお越しください。
 
腰痛バスター安城ではオリジナルの骨格矯正技術 “すごい骨盤矯正” を用いて全身の矯正を行っています。
 
よくある骨格矯正とは全く違います。
 
当店までは名古屋栄から車で約1時間です。
 
すでに多くの方が名古屋市内からご来店になっており、今でもクチコミで広がり続けています。
 
皆さん1時間をかけても確かな技術を求めておいでになります。
 
片道1時間は通院圏内です。
 
料金を見る
アクセスを見る
 

1

« ムチ打ち | メインページ | アーカイブ | 肩こり »

このページのトップへ