HOME > ブログ > アーカイブ > ムチ打ち

ブログ : ムチ打ち

スノーボードでいっぱい転んだ方、首のケアをしましょう

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

ウインタースポーツもシーズンオフを迎えていますが、スノーボードやスキーで激しく転倒して首を痛めた方必見です。
「もう痛みがないので大丈夫!!」と思っていませんか。



頸椎捻挫が医学的な名称ですが首の骨がずれていることが殆どです。それも強く鋭いずれができていて背骨全体に及んでいますが脊柱の湾曲は少ないため痛みをほとんど感じることはありません。

しかし背骨の間からは体中に神経が張り巡らされていてすべての筋肉や臓器の動きを脳がコントロールしています。
背骨がずれることで脳との情報のやり取りが阻害され体中の不具合が起こります。
(健康プラザ参照)
http://www.mta.or.jp/contents/06member/plaza0210.htm
 
5年、10年、20年という長い時間の経過の間に起こるので、首の損傷には気が付かないことが殆どです。
原因不明の体中の不具合から不定愁訴と診断されることが多く、特に頸椎の一番を損傷することで神経症状にまで発展することもあります。

このように実は非常に怖い頸椎捻挫、自動車事故のむち打ちでも同じことが起きていて、痛みがなければ大丈夫という判断基準は誤りです。
自覚症状が無いわりには全身に深刻なダメージを与えることが多く、一度でもむち打ちの事故にあった方は大昔の事故でもきちんとした手入れをお勧めします。

当店ご利用の皆さんの笑顔です。 
 
お問い合わせフォーム

0566-55-4508
 
Web予約をご利用ください
■スマートフォンの方はこちら

■PCの方はこちら


 


ムチ打ちは首だけの問題ではありません

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

最近、深刻な問題だと感じていることがあります。
ムチ打ちの病歴を抱えていることが原因で体に異変が起きていると思われる方が非常に多いのです。

当店に腰の痛みを訴えておいでになる方の、約半数以上で頸の異常が全身の骨格に悪影響を及ぼしていると思われます。
首に痛みが無くなりそのまま忘れてしまう方が多いようですが、骨格がうけたダメージはご本人の感覚よりはるかに大きい事があります。

しかもその影響は首以外の全身に現れることが多く、事故との関連を疑うことはありません。
特に首の下の肩甲骨周辺の背骨にも激しい歪みが残っていることが少なくありません。

さらに事故から何十年も時間が経過していたリ、交通事故ではない日常生活での頸椎の捻挫(転んだ・頭をぶつけた・枕が合わなかった・寝違えた)などを抱えている方が非常に多く見受けられます。

tyre-1614265_640.jpgtyre-1614265_640.jpg

 腰や背中の痛みがなかなか改善しない、やがてギックリ腰になり坐骨神経痛を起こし、膝の痛みが起こり肩や腕の痛みや
しびれも起こります。さらに呼吸器系や消化器系などの内臓にも不具合が起こり、自律神経の乱れから不眠やうつ状態にも進行することがあります。

しつこい肩こりも過去のむち打ちとの関連が疑われることが少なくありません。
よほどの強い事故でなければ首に痛みが出ないようですが、だからと言って安心していてはいけないのがむち打ちです。

以前、事故に遭ったことがある方、身体が言う事を聞かなくなっていませんか。
年齢のせいではないかも知れません。一度しっかりと手入れをしましょう。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

スノーボードによる頸椎捻挫が増えています。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

スノーボードによる頸椎捻挫が増えています。
今年は例年になく降雪量が多く、スキー・スノーボードに行かれる方が多いようです。そこで転ぶことがあるわけですが、スノーボードで後ろに転ぶことで結構深刻なダメージを受けます。

ski-599877_640.jpg

自動車事故のムチ打ち症と似ているのですが、ムチ打ち症は頸椎全体と胸椎の上のあたりと比較的広い範囲に損傷をうけますが、スノボは首の付け根付近の極めて狭い範囲をたいへん強く捻挫をすることが多いようです。

交通事故に比べても痛みは強いようです。
しばらくすると痛みは治まってきますが、その後数年間かけて身体全体に影響が広がってきます。

痛みがなくなっても治ったわけではありません。
骨格のダメージはしっかりと残っていて、身体のいたるところを蝕んでゆきます。
背骨の特性として、一か所に強い変形ができるとその変形の形が脊柱全体に及んで、やがて体全体にまで歪みが伝わります。

snowboarder-690779_640.jpg

そのころには首の痛みは治まっていることが多いので、原因不明の身体の痛みに苦しむことになります。

激しく転倒した場合や何度も繰り返している場合は、より深刻な場合もあります。
痛みの場所は実に様々で、頭痛・腕・肩・背中・腰などを中心に現れます。
心当たりのある方は一度ご来店ください。

people-2585733_640.jpg

詳しくは
https://www.youtuu-anjou.com/ 
をご覧ください。

お問い合わせは 
0566-55-4508 まで
お気軽にどうぞ

非常に怖い不定愁訴、原因はムチ打ちの事も

DSC01434.JPG
 
(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

【不定愁訴】
次のような症状の方が少なくありません。
身体のいたるところの調子が悪くて大きな病院で検査をするけれど、どこも「問題なし」と言われて相手にしてもらえない。

精神的にも追い詰められていて、以前の自分はこんな風ではなかったのに、自分のことがわからなくなってきた。

精神的にも肉体的にも地獄のような毎日を,誰もわかってくれないのがつらい・・などなど
不定愁訴は大変辛い症状です。

自律神経失調症や鬱状態、不眠、パニック障害などの神経の不調と、身体全体のあらゆる部分の機能が低下しています。
原因としてはその多くが過去にムチ打ちの事故に遭っています。

事故によって頸椎全体に鋭いずれが起きていて、脳をはじめとした各種神経の働きを阻害しています。
特に頸椎1番は、脳の最下部にある延髄の近くにありその位置が悪いと自律神経や精神状態にも重大な影響を及ぼします。

ambulance-24405_1280.png

更に追突された以外に正面からの事故でも起こります。

またスノーボードで後ろに転倒をして首から落下した場合や、子供の時に鉄棒から落下して首を打った場合や、でんぐり返しで首を痛めた時など原因は様々です。

胸椎や腰椎は循環器系や消化器系の内臓に影響があり、腰痛の原因にもなります。
更に悪いことにムチ打ちは首に痛みが感じられないことが多く、事故そのものを記憶していない場合が多いようです。

snowboard-113784_1280.jpg

20~30年も昔の事も多いのですが、自然に解消することは稀なので古傷となって残っていて、身体の奥深くから全身を蝕んでいます。

心当たりのある方は記憶をたどってみてください。

対策としては頸椎の歪みを解消することですが、健康保険を使用した治療では改善効果はほとんど望めません。
骨格矯正をきちんと行える施設を選びましょう。

たくさんの症例があります。例えばムチ打ち症

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

例えば坐骨神経痛・ハイアーチ・ギックリ腰は治療法が無いといわれてきました。
しかし腰痛バスター安城は独自の骨格矯正によりこれらを克服しています。
さらにもう一つ特筆すべき症状としてムチ打ち症があります。
 
現在の健康保険を使ったムチ打ち症の治療は、多くの方が経験していると思いますが、
ほとんど効果がないようです。
3か月以上もまじめに通って、変化しないので被害者が諦めるか、保険会社が症状固定
(完治ではなくこれ以上は良くなりませんという状態)のため治療打ち切り➡賠償金の支払いにより、被害者が諦めることが殆どのようです。
 
その原因は健康保険で定めた牽引法では、ムチ打ち症の頸椎捻挫を改善できるだけの内容ではないからです。
その結果原因不明の身体の不調(不定愁訴・自律神経失調症)に苦しむ人が後を絶ちません。
 
首の痛みを感じない事もあり、積極的な治療をしないこともあります。
でも治したくても治せる所がないのも事実です。
 
腰痛バスター安城ではムチ打ち症は、腰痛と一緒に手当てできます。
その結果、多くの方が不快な症状から解放されています。
原因不明の不快な症状はムチ打ちを疑いましょう。
30~40年前の事故でもムチ打ちは消えてくれません。

身体全体が原因不明の不快感でいっぱいの方

受傷後数十年 慢性化したむち打ち
 
ご来店の方で、乳幼児期に親に抱っこされていて交通事故に遭った方で、50歳代の今まで身体が楽になったことがない方がいます。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
 
あらゆる苦痛を抱えたまま今まで生活してきました。
「今までは若さで何とかやってきたけれど、これからは手入れをしながら生きてゆきます。」とおっしゃっています。
 
触診しただけでも、むち打ちの痕が首にしっかりとあるのがわかります。 
首の骨は特有の状態になっていて、鋭いずれが数多くあり、身体全体も異様な緊張感に包まれているのがわかります。
 
むち打ちを抱えている方はまずむち打ちから施術を開始します。 
順調に施術は進み、終了後は雲の上にでもいるみたいにふわふわしているとの感想です。
 
実際このような方は珍しくありません。
最初に必ずむち打ちの有無を確かめているほどです。
 
むち打ちは適切な処置をすれば改善できます。
何か月も、何十回も、何十万円も必要ありません。
 
むしろあっけないくらいのこともありますが、放置すれば何十年も今のままです。
身体全体が原因不明の不快感でいっぱいの方、ムチ打ちはありませんか。
思いついたら腰痛バスター安城へお越しください。

ムチ打ち受傷後、数か月が経過している場合

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

愛知県安城市整体院 腰痛バスター安城の提案です
②受傷後、数か月が経過しているムチ打ち(全身の不調に悩まされている事も)
 
事故後まったく痛みがなかった方、徐々に痛みが引いてきた方、深刻な症状で通院している方と様々ですが、全身への事故の影響は拡大を続けています。
 
背骨・骨盤を始め全身の骨格はともに複雑なずれ方をしていて、その影響で全身は異様な緊張感に支配されています。
 あちこちの関節に痛みがあり、不眠や頭痛などの神経症状、消化不良や食欲不振など内臓の調子が狂い始めています。
 
でもこれはまだ始まりにすぎません。
様子見をしているうちに状態は深刻化してゆきます。
 
腰痛などの身体の痛みは重症化していき、身体が自由に動かないこともあります。
体中のあらゆる関節が異常な状態になる可能性があります。
 
自律神経も正しく働きませんので、不定愁訴と呼ばれる原因不明の異常な状態が続きます。
 自分の身体がコントロールできない不安感が大きくなりますが周囲からの理解を得られないこともあり、精神的に追い詰められていきます。
 
この時点ではムチ打ちのことはすでに頭にはありませんので、病院で検査を繰り返し悩み続けることになります。
 このような場合はむち打ちを疑ってください。
 
そして迷わずに腰痛バスター安城へお越しください。


ムチ打ち どのような症状が現れるのでしょうか

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

「まさかこんな症状まで?」
首の痛みとは無関係に次のような症状が現れます。

a)全身のあらゆる骨格のバランスが崩れてきます。
当然その部分は痛みがありますので、体中が痛みを抱えることになります。
 
筋肉は不自然な使われ方をしていますので、疲れやすく回復もしません。 
歩くのが遅くなる、握力がなくなるなどの筋力の低下が見られます。
 
身体が硬くなり常にこわばって緊張が取れません。
このような骨格は腰痛の治療の際にも、骨格の矯正を受け付けません。
 
背骨も骨盤もバラバラにずれていて、一貫性の無い説明のつかない
骨格の流れになっており、独特の雰囲気に満ちています。 
施術に際しては、最初にムチ打ちのロックを外して、骨格が自由に
動く環境を整えることから始まります。
 
 
b)骨格の歪みは神経の働きをかく乱します。 
骨格が歪むことで、付着している筋肉は引き伸ばされて常に緊張状態になります。
 
つまり体中の骨格が歪んでいるとその分だけ緊張している部分が増えて、
自律神経も常に交感神経優位(緊張状態)が続きリラックスできません。
 
寝付けず、眠りも浅く、起きた時から疲れているのはそのためです。 
常に歯を食いしばっているので、顎関節症の確率が増えます。
 
頸椎の1番・2番のズレは脳幹を圧迫しますので、身体の基本的な機能の情報を身体の各部分とやり取りする際に、遮断・阻害
するので重大な不具合が出現します。
 
顎関節症も頸椎1番のズレが引き起こす場合があります。
頸椎の3番・4番からは視神経が枝分かれしていて、これを圧迫すると頭痛・めまい・吐き気・眼精疲労・視力低下を招きます。
 
このように背骨のズレは全身の隅々まで重大なダメージを与えます。
 
c)自律神経の不調から内臓の働きも安定しません。 
消化器系・呼吸器系・循環器系など内臓諸器官を正しくコントロールできなくなっていますので、食欲不振・消化不良・体温調節の異常・血圧・不整脈・睡眠障害など広範囲に影響が現れます。
 
一人の体の中でこれらの症状が同時に現れたとしたら、それは大変なことです。
でも現実に少なからずそのような方がおいでになります。
 
更に時間の経過とともに、次の段階へと変化を続けてゆきます。 
心当たりのある方は早めに腰痛バスターへお越しください。

ムチ打ち その時身体で何が起きているのか?

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

侮ってはいけないムチ打ち症ですが、その時いったい何が体の中で起きているのでしょうか。
2ムチ打ち前後.png 
<体感以上のダメージを受けています>
通常、健康な頸椎は図1・2・3のような可動域があります。
(図は カパンデイー 関節の生理学より引用)
図1・・前後には100度~110度 
図2・・左右には約45度
図3・・左右の旋回80度~90度 
このくらいは動く、とされています。                 

背中の部分の骨も一緒に動きますの
ムチ打ち横2.png
で、より自由に動いています。
 
ところが交通事故やスポーツ・仕事などで瞬間的な強い衝撃が前後・左右に加わりますとその部分は可動域を超えて動くことになります。
 
頸椎捻挫を起こし亜脱臼の状態となり、元の形に戻れなくなります。
 
同時に左右の旋回も起こりより複雑な形に変形します。
 
そうするとその周囲の筋肉と腱は炎症を起こして緊張することにより、痛みを増幅してわずかな動きもままならなくなります。
 
これらの変形は自然に復元することはなく、全身に伝わってゆき、いつまでも居座り続けます。 
影響を受けない骨格はまずないでしょう。                
ムチ打ち旋回2.png
                 
同時に消化器や循環器の異常や自律神経の異常、頭痛などの様々な異常がいくつも現れます。
 首はそれほど重要な部分で、重大な損傷を受けているのがムチ打ち症です。
 事故のあとに首の痛みがない場合もあり事故との関連に気が付かない方もいます。
 
しかし痛みがなくても全身の不具合は激しく、健康保険の利用で手軽に修復できるものではありません。
 首の損傷部分を真っ先に修復しないと、身体のほかの部分は矯正を受け付けません。
ムチ打ちの首は骨格にロックをかけた状態を作り出しています。
 
先ずそのロックを解除してから全身の施術に移るくらい重要な部分です。
 事の重大さをよく理解していただいて、実績のある整体できちんと手入れすること回復への唯一の方法です。
 
どこでも同じではありませんよ

名古屋市 主婦 喜びの声と症例

<喜びの声>
  ギックリ腰・椎間板ヘルニア・頭痛・ムチ打ち・肩こりでご来店
 名古屋市 M・Mさん 女性 40歳台 主婦
 
(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
 

  薬でも治らない頭痛に悩まされてい      スキャン三浦.jpg
  る時に数年ぶりにギックリ腰で動け
  なくなりました。
    何とか少し動けるようになった時に どこかで見ていただきたいとネットでいろいろ探しこちらに電話しました。
 
  当日は予約でいっぱいだったにもかかわらず、辛いだろうと時間外に
  見て頂けとても助かりました。
 
 状態はひどかったのですがどこがどの様にずれているか等丁寧に説明して
 頂けとても納得がいきました。
 
またずっと悩まされてきた頭痛も首の状態が良くないということで納得。
 
一回目ですぐにとはいきませんでしたが、数回施術して頂き頭痛が気にならなくなりました。
ありがとうございます。
 
長年に渡りいろいろな整体を経験しました。
初めは独特の施術はあるものの同じ様な感じかな?と思っていました。
 
でも違いました。
他のところは初回こそカウンセリングで長いものの、施術は10~15分程度バチバチっと矯正して終わりですが、こちらは1時間弱をかけてじっくり矯正していただけます。
コリや張りがひどい時にはもみほぐしてくださり、気になるところがあれば何度でも再調整していただけるのでとてもすっきりして帰れます。
 
時にはとても痛い矯正もありますが、どこの整体で動きが悪い・硬い等いわれていたのでよくなるためにはある程度仕方がないのかなと思っています。
 
日常生活は難なく送れるようになりましたが、今後もメンテナンスよろしくお願いします。
 
<症例>
主訴: 首の痛み・頭痛・肩こり・背中の痛み
   ギックリ腰・椎間板ヘルニアの足の痛み
 
問診: 椎間板ヘルニアの手術を17~18年前に1回(腰椎4~5番)
   それ以来ギックリ腰を2~3回
   2年ほど前にスキーで追突されてムチ打ち症を1回
   それ以来頭痛が常にある
 
触診:頸椎3~4番右にずれている。
   頭痛はここが原因となっている。
   胸椎は1~12番でずれがみとめられ背中にも大きな張りがある。
   腰椎は特に4~5番に異常があり
   ヘルニアを起こしている左方向への癒着がある。
   左太腿の重苦しい痛みはここが原因となっている。
   骨格の歪みを解消せずに髄核だけを切除した手術が現在の4~5番の癒着を生んでいるものと思う。
   骨盤は左方向へのぎっくり腰を起こしている。
   踵骨が外方に傾いていてこれが根本の原価と推測される。
   それぞれが重症の部類に入る症状で、長年にわたり苦しかったものと思われる。
 
施術効果:5日間隔の施術を繰り返し
  3回目あたりから効果が現れ始め
  6~7回目で頭痛が再発したが、
  その後は回復する。
身体全体も着実に回復を続け、現在は施術間隔が14日間まで延びてきている。
18年の重症の病歴を考えると順調な恢復を見せているものと思います。
初期のヘルニアは切らないのが基本だと思います。

12

« パーキンソン病 | メインページ | アーカイブ | 側弯症 »

このページのトップへ