HOME > ブログ > アーカイブ > ギックリ腰

ブログ : ギックリ腰

春ですね

春ですね
めっきりと春めいてきて日差しが心地よい季節になって
きました。



頬にあたる風も心を和ませてくれますね。
厳しい冬の間つらかった腰の痛みも落ち着いてきて一安心
の方いませんか。

実はここで安心してはいけないこと知っていますか?
気温の上昇で筋肉が柔軟性を取り戻して痛み感じなくなっ
ているだけで、病院でもらう鎮痛剤や湿布と同じく表面上
ごまかされているだけのことが多いのです。

骨格の歪みから腰痛が起きていますので、痛みが収まって
も歪みはしっかりと残っています。

温かくなって筋肉は柔軟になったおかげで身体の動きは良
くなるのですが骨格が付いていけないことになり、その結
果ぎっくり腰が突然やってくることになります。

今まで何にもなかったのにいきなり動けなくなるのはその
ためです。

自然に痛みがなくなっていた場合はさらに強い痛みが戻っ
てくる可能性が高いわけで、くれぐれもご用心ください。

これからの時期のぎっくり腰の特徴です。

当店の施術で喜んでいただいた皆さんの笑顔です。
 
お問い合わせフォームはこちら

電話は
0566-55-4508
 
Web予約をご利用ください
■スマートフォンの方はこちら

■PCの方はこちら




風邪とぎっくり腰・腰痛

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
風邪は万病のもとと云いますが、こんな影響もあります。
風邪のひき初めに体がぞくぞくして節々が痛い・・そんな経験はありませんか。
この節々が痛むということ、実は気のせいではないのです。



<この時体で起きていること>
ご自分ではなかなか気が付かないと思いますが、風のひき初めで体がだるい、痛い、微熱がある、頭が痛いなどの時
体全体は過緊張状態にあります。
これは風邪の菌やインフルエンザウイルスを発見すると、脳が自律神経と筋肉に命令をして体温を上げるために緊張
と収縮をするためです。
体中がカチカチで可動域が極端に少なくなっており、全身の節々が重だるく痛くなるのも頷けます。
このときにかねてより腰痛がある場合には、動かない体を無理に動かすことになり腰痛は重症化して、さらにぎっく
り腰を起こすことになります。

<冬はぎっくり腰の季節>
ただでさえ寒さで体は固くなっているところに風邪が追い打ちをかけるのでこれからの季節は重症のぎっくり腰が
非常に多くなります。
部屋の湿度の管理を行い、こまめにうがいをするなど風邪の予防がぎっくり腰の予防になります。
さらに普段から腰に痛みを抱えているときは、きちんと手入れをしておくことがぎっくり腰の予防になるとも
言えます。
テルモホームページ(http://www.terumo-taion.jp/health/stress/01.html)より引用

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。




【ぎっくり腰は繰り返すたびに重症になってゆく】

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

この一週間で5人の方がぎっくり腰で新たにご来店になっています。
それも身動きができないほどの重症です。
何度かの発作を繰り返すうちに頑張る限界を感じてのご来店です。

このほかに過去にご利用になり再発してのご利用が3人でした。

共通して言えることは繰り返すまでの時間が短くなり、痛みは強く体は動かなくなり、回復までの時間もかかるようになってきます。
つまり次第に重症化する傾向にあり現状維持ではいられないのがぎっくり腰です。

メンテナンス.jpg
(定期メンテナンスがおすすめです)

何一つ異常のない状態から突然動けなくなる急性のものから、1週間くらいの時間をかけて徐々に動けなくなるタイプまでいろいろありますが、結果としては同じような状態に至ります。
気温の低下とともに重症の度合いが強くなりますが、温かい時期には筋肉が柔らかくて事なきを得ていたものがついに限界を迎えたものと思われます。

特にこれからの時期、春を迎えるまでは十分な注意が必要です。
あまりにも激しい症状により痛みが強い時は、効果的な施術が何一つできないことがあります。

目安としては 
  • 〇うつ伏せになれない
  • 〇寝返りが打てない
のような状態まで重症化しているときは症状が沈静化するまでお待ちいただいたほうがいいようです。
市販の鎮痛剤を服用してきていただくのもいいかもしれません。

激しい症状から回復が進んだ方でも元の症状に戻ることがあります。
一進一退を繰り返しながら全体としては快方に向かうケースも珍しくありません。

長年にわたり蓄積したゆがみは気を抜くと頭をもたげてきがちです。

jet-572630_640.jpg

ぎっくり腰は気長に向き合うことが大切で定期メンテナンスがお勧めです。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

【ぎっくり腰は腰椎5番と仙骨の形で決まる】

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

ぎっくり腰っていったい何なの?と疑問に思ったことありませんか。

一瞬にして体の動きが停止してしまう、恐怖の瞬間ですね。
この時体で何が起きているのかをご説明します。

腰痛は骨盤と仙骨・腰椎が歪んで起きていますが、特にぎっくり腰はその歪みが大きくなった状態です。
この時に仙骨と腰椎5番の形で骨盤の形が大きく変ってきます。

仙骨.jpg

特に一見すると後方に変異が見える骨盤は、腰椎5番を正しい位置に修正するだけで本来の位置に落ち着きます。
これは仙骨に対して腰椎5番が変位していることを意味していて、腸骨と仙骨・腰椎の4つのパーツは絶妙のバランスで成り立っていてどれか一つでも変化すると優秀な機能が失われます。

その中でも一番重要な部分が腰椎5番~仙骨の関節で、ここが不完全の時はいつまでたっても痛みが治まることはなく自然治癒も望めません。
このことには腰椎5番の形状が関係していて、腰椎5番は円柱ではなく楔型をしているからです。

システム.jpg

骨盤が歪んだことによる回転運動が腰椎5番に伝わることにより骨盤はさらに後傾をします。
のことはぎっくり腰の一連の動きとしてシステム化しています。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

ぎっくり腰にご注意!!

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

気温の低下とともにぎっくり腰が急増しています。
暑かった夏も終わりに差し掛かり気温の低下とともに急増するのがぎっくり腰です。

drop-3698073_640.jpg

骨格のゆがみが限界に達していたものの、暑かった恩恵で筋肉が柔らかくなり何とかここまで持ちこたえてきました。
しかし夏からのプレゼントが弱まってくると、硬くなり始めた筋肉はゆがんだ骨格を容赦なく締め付け、いとも簡単にバランスが崩壊します。

夏の間に蓄積したゆがみは圧倒的な力を持っていて、ぎっくり腰の重症度はかなりの物です。
日常生活で受ける制約も長期間に及び、職場復帰にも1~2か月ほどかかるが多くそのダメージは計り知れません。

後遺症として背中・肩の痛みや、坐骨神経痛・椎間板ヘルニアなどを残すこともあります。
やがて痛みは感じなくなりますが骨格のゆがみは自然に治っているわけではなく、筋肉がゆがみに馴染んでいるだけです。
そうしているうちにまた次のぎっくりに向けてカウントダウンをしていて、繰り返すたびに重症化して頻繁に発症するようになります。

temporal-distance-917364_640.jpgのサムネイル画像

回復までの道のりも遠くなりますので、手入れの先送りは良いことは何もありません。
一刻も早い手入れの開始が早期回復には欠かせません。
 
ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
 
ご予約お問い合わせは
0566-55-4508
 
web予約は 
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

ギックリ腰の施術がパワーアップしています

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

カイロイズム腰痛バスター安城では施術の際に、常に「これでいいの?」
「もっと効果的な手段があるのでは」
「何か見落としていることがあるのでは」と見直しをしています。

もちろんそれぞれ効果が上がっている手技なのですが、見る角度を変えることで思いがけない効果が得られることがあります。

view-1782619_640.jpg

固定観念にとらわれず、発想を変えて仮説を立てて検証を続けて、ギックリ腰の骨盤のテクニックがパワーアップしています。
それに伴って腰椎施術の力学も一新しています。

この2年ほどの間検証を行ってきた結果、画期的な理論の生まれ変わりです。
腰痛全般に共通した理論なので、多くの方の施術が円滑になっています。

より良い結果を出すために、常に試行錯誤を続けています。

より逞しくなったカイロイズム腰痛バスター安城の骨格矯正をお試しください。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
 
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
 
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
 

緊急企画 春のギックリ腰キャンペーン

 2018春キャンペーン.png
     緊急企画 !!
春のギックリ腰キャンペーン
「一度リセットしませんか」のお知らせ。
2月18日(日)~2月27日(火)

この冬は例年になく厳しい気温が続いて
おり身体への負担が増しています。

更に風邪とインフルエンザが猛威を振る
っており、寝込んでいる間に背中や腰を
傷めるケースが目立ちます。

その結果ギックリ腰での御来院数が
たいへん増加しています。

〇以前から何回もギックリ腰を起こしている。
〇腰が痛くてまっすぐに立てない。
〇昔から常に腰が痛い。
このような時はギックリ腰を起こしてい
るのかもしれません。

ギックリ腰は何度も繰り返し、その
たびに悪化を続けます。
リセット.jpg
魔女の一撃をもらう前に 骨格を
「一度リセットしませんか」
2月18日(日)~2月27日(火)の
受付以後は 症状が安定するまでご利用
いただけます。

キャンペーン期間中の3大特典
①初回の回数券(5回券)購入でもう
一回分の施術無料券進呈。
(初回のお試し価格はご利用になれません)
②「ギックリ腰の手引き」「腰痛のマメ
知識」をプレゼント。
③キャンセル待ちの時も優先的に受付
いたします。


ご予約の時に「春のキャンペーン」
とお申しつけください。

お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508 までお気軽に

坐骨神経痛・椎間板ヘルニアを
同時に発症している場合も
“ぎへざコース”で対応できます。

坐骨神経痛は誰にでも起こります

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

坐骨神経痛はお年寄りだけに見られる病気ではありません。
腰痛を抱えている方であればだれでも可能性があり、ごく初期の軽い症状の場合は気がつかないこともあります。
その多くがギックリ腰の骨盤のゆがみが原因で発症することが多いようです。

突然強い痛みを起こす「魔女の一撃」と呼ばれるものや、緩やかに痛みが増してくる「魔女の裏工作」(私の創作です)のようなものまであって、お尻から太腿の外側にかけて痛み・痺れで、歩くのも座るのも辛くなります.

halloween-2893710_640.jpg

この状態まで行くと全身に歪みが広がっていて、全身骨格の調整装置としての骨盤の限界を超えていますので自然治癒力は期待できません。
やはり外部から力を加えて、強制的に骨格を修復する工程が必要になります。
とはいってもあまりに重症に長期間さらされた場合は骨格矯正を受け付けないケースもありますので、我慢を続けるのは得策ではありません。
決して悲観することではありませんので、まずはご来店ください。
重症腰痛専用コース ”ぎへざコースが好評です。



重症の方にお勧めです

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

正月の連休に腰痛のお手入れを

寒波襲来!
例年よりも早く真冬並みの寒波がやってきてきました。
更に非常に寒い冬になるという予報も出ています。
そして今年は例年よりも速いペースで重症の腰痛の方が来店しています。
以前から腰痛で悩んでいる方、過去に一度でもギックリ腰を起こしている方は、この寒さのせいでギックリ腰を起こす可能性があります。
吹雪.jpg

そしてこのギックリ腰は通過点に過ぎないから怖いのです。
骨盤のズレ方いかんでは、更に重症の椎間板ヘルニアや坐骨神経痛へと進行してゆきます。
ギックリ腰のダメージは着実に蓄積していきます。
悪化した状態は回復までに時間を要しますので、できるだけ早い段階で手入れを開始するのが早期回復への近道です。
もしもギックリ腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛を同時に発症してしまった場合でも
全てを同時に施術するスペシャルコース “ぎへざプログラム”をご利用ください。

冬に気を付けたいこと、みっつあります。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

冬に気を付けたい事、インフルエンザとノロウイルス、あと一つはギックリ腰。

その中で軽視できないのがギックリ背中と“ギックリ首(寝違え)” です。
腰痛が重症化して骨盤と背骨が歪み、寒さで全身の柔軟性が無くなり、その状態で何気ない体の動きにより背骨や首の骨が変な方向にずれる事があります。

腰と同様に何日かは激しい痛みと動きが制限される状態が続きます。

FB手入れ.png

痛みが引いた後でもズレはしっかりと残っていますので、何度も繰り返すうちに全身の歪みの箇所は増えてゆきます。
痛みがあるということはその部分に異常があるという、身体からの警告です。

その警告の積み重ねはやがて大きなつけとなって帰って来ます。
人間の身体はメンテナンスフリーではありません。
たまには手入れをしましょう。

123

« 椎間板ヘルニア | メインページ | アーカイブ | パーキンソン病 »

このページのトップへ