HOME > ブログ > アーカイブ > 関節可動域

ブログ : 関節可動域

横向きでしか寝られない人がこんなに多いとは!!

 このことは全く盲点になっていた事なんですが、腰痛に関してお聞きしても「痛くない」と言っている方にさらに聞いていくと「横向きでしか寝られない」という答えが返ってくるのです。日常の生活での痛みだけを聞いていたのが原因なのですが、これもれっきとした腰痛の一種です。反り腰が疑われる皆さんとお話をしている中で、わずかな反り腰に見える方でも上向きで寝られていないことが想像以上に多いのです。

 中には膝を立てれば上向きで寝られることもあるのですが、冬は寒くなるのでいつしか横向きだけが寝る姿勢になっているようです。寝るときは上向きを含めた左右の横向きを自由に寝返りを打って寝られるのが理想的で、熟睡による疲労回復につながります。反対に上向きで痛みがあるとそのたびに眠りが浅くなり、睡眠不足により日中の集中力が無くなります。

 なぜこんなことになるのかといえば、骨盤の歪みによるものなのですが、通常の腰痛によるものと反り腰によるものが考えられます。この両者は骨盤の歪みということでは同じなのですが、歪みの仕組みが違うので分けて考えます。ただ骨盤と背骨が歪んだことで骨格としての柔軟性(遊び)が失われて特定の姿勢の時に痛みが起きています。

 このような方の中には右か左のどちらかでしか寝られない方もいるのですが、下になった方の肩関節に大変な障害を負ってしまいます。肩関節の仕組みを説明しますと、鎖骨と肩甲骨からぶら下がった構造になっていて、三角筋の働きによって維持されています。ですからそれほどしっかりした造りではありません。もともと四足歩行の時には前肢として体重の四分の一を支えていればよかった関節ですのでそんなに頑丈である必要はなかった関節です。横向きに寝て下になった肩関節は体重を受けていますので次第に内方に変位をします。次第に痛みは強くなり腕が上らなくなってきて著しく生活に支障をきたします。これと同じような話をどこかでお聞きになったことはありませんか。そうです、四十肩です。

 四十肩自体はそんなに難しくはないのですが、その原因になっている反り腰や腰痛の手入れの進行具合に左右されますのである程度の施術回数が必要になります。自由に寝返りを打って寝られることが上記の理由から必要です。なお、だからと言ってうつ伏せは首への負担になりますのでさらに良くありません。

 

【歩いているときの骨盤の動きを見てしまいます】



長年この仕事をやっていて身についた癖があって、歩いている時の腰の動きを見てしまいます。まだ駆け出しのころ、体の検査をするときに骨盤の動きをみておおよその状態の見当をつける練習をしていた名残で、今でもどうしても目が腰に行ってしまうのです。知らない人が見たら怪しいやつですよね。💦

いったい何をやっているのかを簡単にご説明をしておきます。骨盤(腸骨)と仙骨の間の関節(仙腸関節)の動きを目視しているのです。

 歩く時に仙腸関節を中心として骨盤はわずかですが回転運動をします。左右の歩幅を同じで歩く時、骨盤の動く量は左右がほとんど同じになるはずですが、腰痛がある方は同じではなくなっていることが多いのです。そしてそれは多くの場合左側の骨盤の動きが悪くなっていることが多いのです。

 その理由は多くの場合、骨盤は右の方向に歪んでいることが多く、左の仙腸関節に異常があって歪みが進行しているようです。その証拠に骨盤の修正をしていくと左の骨盤の動きが右に比べて明らかに悪くなっています。

 実はここまでくれば施術は半分は成功したも同然なのです。(見立てが正しければの話ですが)これを間違えると・・もうお分かりですね。結果は悲惨なことになります。症状をかえってて悪化させることになり、歩いて来店した方が、帰りは救急車で病院へ・・などと笑えない状態もあり得ます。

 そのくらい重要な骨盤の検査ですので、これ一回で済ませることはなく、施術を進めながら何度も何度も違う方法で検査を繰り返し慎重に・慎重に・慎重に・なおかつ大胆に❣ が私のモットーです。しつこくてすいません。

 数えてみたら全部で8種類くらいの検査法を使い分けていることに気が付きました。 

 ひとつ重要な情報をここだけの話しでこっそりと。たまに治療院などに行ったとき、骨盤の検査で立ったままで「歪んでます」「前屈してます」などと言っていることはありませんか。あれは多分やっている当人も分からずにやっています。というのも立った状態の骨盤は変化のしようがなくて、仙骨から上が歪んでいるものなのです。試しに「本当ですか?」と突っ込みを入れてみてください。おそらくその人はうろたえます。立ってする検査は嘘ですよ~。(詳しくお知りになりたい方はお問い合わせください)

 

走る・歩くスピードが遅くなった・・・

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

「一生懸命に歩いているのにどんどん追い越されるようになった、歳かな」
こんなことを感じている方、いませんか。

確かに運動量の不足で筋力が落ちているのかもしれません。しかしもう一つ重大な原因が隠れていることがあります。
痛みをそれほど感じなくても骨盤が歪んで動きが悪くなっているのかもしれません。

関節は変形すると十分に動けなくなりますが、骨盤の関節(仙腸関節)でもそれが起きていると歩くための動きができなくなります。



仙腸関節はそんなに激しく動く関節ではありませんが、それで歩く時の動きには十分なのです。
しかしそれができなくなっているのかもしれません。

骨盤が動くことで仙腸関節から下が足の長さになりますが、骨盤が動かない時は股関節から下が足の長さとなり歩幅が短くなります。

更に骨盤が動く時は大殿筋を使った歩行ができるのに対し、骨盤が動かない歩行は太腿の筋肉が推進力になるので
パワーダウンをして歩くスピードが遅くなります。
更に少ない筋肉で動くので疲労は大きくなり、体力が落ちたと感じるのも無理はありません。

自覚症状のない骨盤の歪みでもこのような影響があります。
この場合骨盤の形を適正に調整することが必要です。
(すべての方の結果をお約束するものではありません)
(B-step 参照) https://b-step.org/blog/diet002/

お問い合わせフォームはこちら
https://www.youtuu-anjou.com/inqfm/general/
 
0566-55-4508でお問い合わせ
 
Web予約をご利用ください
■スマートフォンの方は
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691

■PCの方は
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691


1

« 反り腰 | メインページ | アーカイブ | 鎮痛剤とシップ »

このページのトップへ