HOME > ブログ > アーカイブ > 仙骨

ブログ : 仙骨

反り腰の骨盤の形は分娩の時の骨盤の形になっています。

お腹とお尻がポコッと出る反り腰ですが、腹筋や太ももの筋肉が弱いと言われてトレーニングをするものの一向に改善の兆しすら見えないこともあります。指導通りに努力して効果が見られる場合は良いのですが、なかなか効果が実感できないときはその理論が間違っているのです。一般的に言われているのは骨盤が前方に傾いているから反り腰になるということですが、そもそも骨盤はそのような動きをするようにはできていません。


 仙腸関節から下の骨盤は形が変わるとすれば仙腸関節の形から変わる必要があり、腹筋や太腿部の筋肉が弱くなっただけで骨盤は変形しません。大体、腹筋も大腿部の筋肉も普段は緊張して体形を維持しているわけではなく、筋力の低下は何一つ影響はありません。さらに言えば大腿部の筋肉が硬くなるとしたら、それは椎間板ヘルニアか坐骨神経痛によるもので激しい痛みが伴いますので、反り腰のない方が全て神経痛を起こしているわけではありません。

 確かに腰椎は強く湾曲していますがそれは仙腸関節の変位が原因で、仙骨が骨盤(腸骨)に対して前方に変位をしているから腰椎の前彎をもたらしています。けっして体に対して前彎しているわけではなく、これを間違えると結果が全く違ったものになってきます。骨格の問題を考えるとき、この何々に対して・・という考え方はしばしば用いられることです。

 ではなぜ仙骨が前彎を起こすのかですが、今の段階でわかっていることは反り腰の発症は二段階に分かれていて、最初の発症は通常の腰痛と無関係に始まります。横向きで寝ることが多いときに下になった側の骨盤が体重で押されて内側に変位します。そうすると骨盤の後ろ側の上後腸骨棘という部分がせり出してきて、上向きで寝た時に寝具に当たり疑似反り腰を起こします。この状態の方は大変多くみられますが、立った姿勢では違和感はありませんのであまり気に留めることはありません。


 しかし寝ると腰が痛むので横向きで寝ると、さらに上後腸骨棘は出てきます。その様な状態の時に腰痛の骨盤の歪みが起きると、仙骨のせり出しが起こり本格的な腰椎の湾曲(反り腰)が起こります。腰椎の湾曲が強くなると脊柱の内側に位置している大腰筋が収縮を起こし、さらに強い反り腰へと進みます。女性の場合はこれに生理の骨盤の変化も加わりますのでさらに強くなり、この骨盤の形は分娩の時の形なのです。このように単に筋力の低下などではない反り腰の仕組みがお分かりいただけましたでしょうか。これらの仕組みは多くの方を継続して手入れしている中で発見した今現在の解釈で、今後別の見解をお知らせする可能性があります。

なおこの内容は全ての方の結果をお約束するものではありません。


反り腰はもう一つの腰痛です

 これまで腰痛の施術をしてきて、どうしても取れない痛みや骨格の異常がありました。寝ている時の腰や背中や首の痛みがそれで、日常の生活では痛みはそれほど多くなく気にならないレベルなので、ご本人もあまり問題にしていません。でもやはり上向きで寝ていると腰や背中が痛くて、横向きになると肩も痛くなってきます。やがて両肩が痛くなるともう寝る姿勢が無くなってしまいうつ伏せで寝ることになります。ですがこれは首への拷問ですので全身がボロボロになっている、そんな方が珍しくないのです。

 

 これがもう一つの腰痛、反り腰の正体です。ギックリ腰や椎間板ヘルニアなどのように激しい症状にはなりにくいため注目されていませんが、決して侮れない厄介な存在です。男性にも見られますが、多くは女性の方に多く見られます。その理由としては、骨格の構造と生活習慣がかかわっていて、さらに従来の腰痛の骨格異常が組み合わさってさらに深刻な症状になっていることも少なくありません。

 

  横向きで寝た時に下になった側の骨盤の前側が体重で閉じることになりますが、女性の骨盤は横に広い構造になっていて男性に比べて余計に閉じることになります。前側が閉じるとその形が反り腰の形そのものなのです。そうするとさらに上向きでなるのが苦しくなりますので、横向きで寝ることが多くなってきて、この先は悪循環になり最初に述べた状態になります。

 

 このように腰痛とは全く異なった仕組みで起きている骨格の異常ですので、もう一つの腰痛と定義しています。そしてこれらのどちらかだけの手入れをしても痛みが解消することはなく、いつまでも悩まされ続けることになります。このように反り腰は通常の腰痛と同じ程度の深刻な症状ですので、ご自身の努力や注意で何とかできることではありません。専門家の骨格矯正をご利用ください。

なおこの内容は全ての方の結果をお約束するものではありません。

 
 

尾骨の激しい痛みがありました

 3週間ほど前からご来店の方は、尾骨(仙骨)の痛みが主訴でした。一口に尾骨の痛みといってもいくつかの状態が考えられて、ぶつけるなどして尾骨が骨折もしくはひびが入っている場合、仙骨が飛び出すことで椅子に座るときや就寝時に痛みがある場合、身体を動かすときに痛みがある場合などが考えられますが、この方は最後の身体の動きで痛みがありました。あまりの痛みのためにほとんど歩けない状態で、そのほかにも様々な体の動きにつれて激しい痛みがありました。

 調べてみると骨盤は大きく歪んでいてほとんど動きがない状態で仙骨は後方へ飛び出しています。多分座った時や寝るときにも痛みはあると思うのですが、それよりも動いた時の痛みが激しくて感じていない様子でした。これは慢性のギックリ腰といってもいいようで重症の分類です。交通事故によるむち打ちの経歴はないのですが、この方は以前実業団のバスケットボールの選手をやっていてその時に首を痛めた可能性があります。


バスケットボールは全力でダッシュする格闘技ですのであたりが強く、その分だけ体の故障も多いスポーツです。骨盤の歪みもおそらくその時の損傷が今まで残っていたものかと思われます。通常はこの状態まで骨盤が歪むと腰痛が激しく起こるのですが腰に痛みはなかったのですが、その分が尾骨に痛みが出たようです。おそらく現役の選手の頃から腰痛をこらえることが多く、痛みに対して耐性ができていたのかもしれません。


施術が進むにつれて当初は痛みのなかったところに痛みが現れてそこを修正して楽になり、また次の場所に痛みが出てを繰り返すのですがそのたびに楽になっていきました。そして6回目の施術の先日、これまでにないような楽な感覚になり体の動きも滑らかで自然な体を思いなされたようです。これからは施術間隔を広げる段階に入っていますので、次回の来店が楽しみです。

なおこの内容は全ての方の結果をお約束するものではありません。

 


1

« 下肢静脈瘤 | メインページ | アーカイブ | 冷え性 »

このページのトップへ