HOME > ブログ > 感染症対策(第五弾・2021/4/26)

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る

感染症対策(第五弾・2021/4/26)

新型コロナウイルスの第四波は変異株にとって代わって増加を始めています。
いくつかの種類があるようで、感染力が強いもの・毒性が強いもの・両方がともに強いもの・ワクチンが効かないもの、二重に変異をしているものがありさらに新たに変異を繰り返しているようです。肝心のワクチンの普及もなかなか進まないようで更なる対策の強化が求められているようです。
とはいっても感染症の専門家ではありませんので一般のレベルでできることを行っていて、感染しないための対策になります。感染力が強いということはウイルス量が多く体内での増殖が格段に速くなっているようです。ウイルスが取り付いてから二週間で発症と言われていましたが変異株は約4日程度で発症するようです。この場合飛沫感染を防止するための対策として、室内空気の攪拌と換気を行っています。
お客様を施術するベッドは室内の中央にありますが、その左側を通過するようにエアコンの風を調整して扇風機をその反対側において空気を時計回りに巡廻させることでウイルスが排出された時でも攪拌・希釈され感染リスクを下げます。
さらにCo2モニターを参考に常時換気を行っています。

Sebastian ThöneによるPixabayからの画像 )
 
次に施術終了後には使用したベッドとスリッパの消毒とうがい・手洗いを実施し ています。また施術間隔が密にならないように間隔をあけて予約を取るようにしています。
すぐにうがいができるように塩水を作ってあり施術の合間のわずかな時間にでも対応できるように準備しています。
常時換気とプラズマクラスターの空気清浄機とクレベリンの空間除菌で対策をとっています。マスクは高密度静電フィルター採用の高機能マスクを使用しています。
以前は医療用マスクのN95に性能が近いと言われる市販品のJN95を使っていて、これは生地がしっかりしていて安心なのです。しかしこれから夏に向けて非常に暑いし、施術をしていても酸欠になってくるもので、生地の薄い高性能のマスクを調達しました。この私の暑さと酸欠の対策は深刻で、昨年も苦労しましたが、今年は室内の温度を23℃まで下げる方針です。また施術の間隔も多めにとるようにしてクールダウンをしながらの施術を行い、一日の施術件数も制限しますので20:20で営業を終了します。
薄着でご来店の方には寒すぎるかもしれませんがタオルをおかけするなどで対応したいと思います。
また施術中には必要最小限の会話にとどめ、無駄な飛沫を排出しないことも心がけますので、不愛想と思わないでください。
超が付くほどの濃厚接触の業種ですので、もしかすると変異ウイルスの菌の排出が活発な方が来たらひとたまりもないのかもしれませんが、上記のような対策を行い万全を尽くしたいと思います。
 

 


< Prev  |  一覧へ戻る

このページのトップへ