HOME > ブログ > ギックリ腰症例 > ギックリ腰の症例と喜びの声 名古屋市 A・Kさん

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

ギックリ腰の症例と喜びの声 名古屋市 A・Kさん

スキャン沓名.jpg安城市 A・Kさん 30歳代 ギックリ腰でご来店 会社員 女性
<喜びの声>
急なギックリ腰でこちらにかかりました。
腰痛は20年以上前からあり、整体などにも通っていました。
 
なので気を付けていたのですがギクッとなってしましました。
 
歩いたり座ったりすることが苦痛で、でも子育てもあるので、とお話をしたらすぐ見てもらえました。
 
中へ入る時には腰を曲げてでないと歩けなかったのに、帰るころにはまっすぐ立てるようになりました。
 
それからも定期的にお世話になっています。
 
行くたびに自分の身体がまっすぐになっていること、足の裏がきちんと地面についていることを感じます。
 
そして体を動かしやすいです。
これからもよろしくお願いします。
 
<症例>
主訴:ギックリ腰 まっすぐ立てない
   腰全体と首の左側の痛み
問診: 15歳のころから腰痛と肩こりがあり、それ以来整体に通っていた。
 
 前日に急に立ち上がった時に腰に痛みが起き、まっすぐに立てなくなった。
触診: 背中全体と首に湾曲があり骨盤は左に傾くギックリ腰。
 
施術効果:初日でかなり好転している。
   湾曲は半分以下になりハリも消失。
   骨盤の可動性はかなり回復している。
   来店時前屈は一切できなかったのが、
   45度あたりまでは曲がるようになる。
お帰りになる時はまっすぐに立てるようになり、元気に歩いて帰宅されました。
 
その後は急速に回復して安定期に入りました。

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

ギックリ腰の影響であなたの背骨はどうなっているのでしょう

多くの症例を見ている ”あなたのかかりつけ” が驚きの報告!!

骨盤が前後・左右・上下と複雑に歪んでいるギックリ腰ですが
その影響で背骨もまっすぐではいられません。
 
土台が捻じれて傾いているにもかかわらず上を向いていなくてはならず、
各関節の可動性いっぱいまで動くことで身体全体の柔軟性は失われ、
「最近身体が硬くなった」と感じる方が多くなります。
ここまで来ればストレッチをやってはいけないことはお分かりになりますよね。
無理に動くことは更に歪みを増やすだけです。
腰椎4~5番は湾曲を強くして骨盤の後傾をカバーしますが、その結果
椎間板の髄核が押し出されて椎間板ヘルニアを発症します。
 
左右・上下のズレをカバーするために、背骨が横方向に湾曲しますが
その結果脚の神経を圧迫して坐骨神経痛を、腸の神経を圧迫して便秘を発症します。
この形状が長期にわたって続くと脊柱側弯症に発展して、左右の肩の高さが違うことになります、肩こり・首の痛み・頭痛・めまい・吐き気なども現れます。
 
ギックリ腰の痛みが時間とともに収まって、治ったと思うのは大間違い!!
次のギックリ発作に向けてカウントダウンを始めています。 (@Д@;
次の発作はよりパワーアップしてあなたを襲います。
 
痛くなってから・・・ではなく、痛みが収まっている時こそ手入れのチャンスです。 ガーン
 
ご予約・お問い合わせは0566-55-4508 お気軽にどうぞ
貴方のかかりつけ 腰痛バスター安城です

ギックリ腰では骨盤は複雑な変化をしています②

その時骨盤で何が起きているのか。
 
この横方向の歪みは、横座りや腰回しなど骨盤を大きく動かした時にも起こります。
「最近身体が硬くなったから」と言ってストレッチやトレーニングを一生懸命にやって、そのまま動けなくなるのも珍しい話ではありません。
 
腰痛によって仙腸関節の可動性が減少している時に強く動かすと、限界を超えた関節は
炎症が起きさらに動きが悪くなり激しい痛みが起きます。
 
左右にずれた骨盤はその幅が増大してゆきやがて上下の動きも加わります。
 
また左右どちらかの骨盤だけが後方にずれるケースもあります。
この場合も仙骨を含めた骨盤全体は捻じれた形に変形します。
(割りばしの束を両手でねじったイメージです。)
 
骨盤の関節(仙腸関節)は仙骨と腸骨が面でつながっている関節のためにこのような多様な動きをすることになります。
 
前後左右上下すべてが同時に起きている場合もあり、この場合はより深刻な状態になります。
このように一口にギックリ腰と言っても軽いものから深刻なものまで、幅が広い事がお分かりいただけたと思います。
 
詳しくはwww.youtuu-anjou.com/strained_back/
お問い合わせ・ご予約は0566-55-4508迄お気軽に
 
 
 

ギックリ腰では骨盤は複雑な変化をしています

二足歩行をする人間には骨盤の歪みはつきものです。
それは骨盤が後方に傾く事で始まります。
椅子の座り方などの身体の使い方が悪いなど、原因は様々です。
 
次に悪化した状態がギックリ腰です。
第一段階は左右どちらかに回転します。
といってもほんの数ミリ程度のことですが、骨盤周辺では大きな動きになるために
骨盤に付着した筋肉が引き伸ばされて痛みになります。
過去に一度でもギックリ腰になったことのある人は入浴時に裸で足の爪先を見てください。
体幹(胸・おへそ)がつま先まで一直線になっていないと思います。
それが歪みで、自然に治ることはなく、筋肉が歪みになじんでいて痛みを感じなくなっているだけです。
 
時間の経過とともに次の歪みが起きて一段と強いギックリ腰になります。
詳しくはwww.youtuu-anjou.com/strained_back/をご覧ください
お問い合わせ・ご予約は0566-55-4508までお気軽に
 

ギックリ腰 腰痛バスター安城が最も得意としています

 
一年間を通じて最も多く見られる症状がギックリ腰です。
 
先ず最初に腰痛は骨盤が後ろに傾くことから始まります。
これは二本足で立っている人間には避けられないことで
誰にでも起こりうることです。
 
骨盤の後傾がさらに進み、限界を超えると左右どちらかに逃げる動きをします。
その時骨盤と仙骨は複雑に歪み、前後、左右、上下の3次元の動きをしてその影響で背骨も歪むことで全身のバランスをとります。
 
腰や背中は激しく痛み、全身が強張ったように硬直します。
 
しばらくすると、筋肉や靭帯はその形になじんできますので
痛みは薄れてきますが歪んだ骨格が元に戻ったわけではありません。
 
そのように歪んだ状態で日常生活を営んでいる人は大変多く
何かのきっかけで次のギックリ発作を起こします。
 
これがギックリ腰は繰り返すといわれる理由です。
KIMG0285色男2.jpg
この痛みが収まった時期が手入れのチャンスなのです。
痛みが激しい時期は、痛みを抑えるための施術が必要です。
痛みが激しくて何一つ手当てができない場合もありますので
ギックリ腰の経験がある方は痛くなる前に手入れをしましょう。 
 
詳しくはhttps://www.youtuu-anjou.com/strained_back/
お問い合わせはお気軽に0566-55-4508まで

ギックリ写真.jpg
 

お客様の喜びの声と症例

お客様の声
安城市 会社員 50歳代 女性
 
一度ひどいギックリ腰をし、接骨院でのScan_藤田千春.png電気治療と毎日の湿布で治ったのか、
月日が経ち忘れるようになりました。
 
気を付けてはいたものの、二度三度と
ギックリ腰です。
 
よく人が言う ゛癖になる“ ってこれだ
と思いました。
 
不定期に起こる首の痛みにも悩んでいた
ので、インターネットからカイロイズム
を知り腰痛バスターさんにたどり着き
ました。
 
最初の日、腰を曲げて来院しましたが、
帰り道には足取りも軽く、買い物も
できました。
 
首の痛みはむち打ちだと分かり、頭痛薬が
手放せなかったのが飲まなくて済んでます。
 
骨格の歪みはけがのように自分の目では
分かりにくく、足腰の痛みは筋肉のなさと。
年齢によるものだと思い込んでいました。
 
将来今以上の症状があることは明らかです。
もう少し自分の身体を大切に使っていこう
と思います。
 
毎回汗だくで治療して頂き感謝しつつも、
私は痛みが薄れスッキリでき、申し訳ない
程です。(笑い)
 
 
<症例集>
ギックリ腰と坐骨神経痛のお客様
 
主訴:右の腰の痛み、大腿部のしびれ、頭痛、
   肩甲骨周辺の痛み
 
問診:ムチ打ち経験はなし(その後2年前に
軽いむち打ちの経験に訂正)
5年ほど前から3回のギックリ腰
自律神経系にも問題がある様子。
 
触診:全身の筋肉量の不足、ムチ打ちの影響と思われるが
   強く複雑な全身の歪みがあり、これでは非常につらい状態と思われる。
   体幹の全てが歪んだ状態。重症の部類。
 
施術経過:4~5日の間隔で施術を開始。
   当初はムチ打ちとハイアーチを中心に処置を行う。
   頸椎1番(環椎)左に変位して自律神経の不調の原因か
   4回目からは7日間隔の施術に拡大し、次第により広げてゆく。
 
   頭痛、めまい、吐き気、肩こりも収束し坐骨神経痛と肩甲骨周辺の痛みもおさまり、薬なしでも生活に支障をきたさない程度まで回復。
 
   
 
評価:長い期間体調不良が続き体力が落ちていました。
   筋肉量が少なく骨格を維持するのがやっとの状態です。
   頭痛やめまいなどの神経症状を抑えるために、ムチ打ちの処置から開始。
   またハイアーチもかなり強めの症状で、骨盤を後傾していたために腰痛が悪化していた。
   両者とも程なく安定し体力の回復を待ちながら施術をすすめている。
   
体調に波はあるものの経過観察期間を過ごしています。

このページのトップへ