HOME > ブログ > ハイアーチ > かかとが痛くて歩けない、その理由とは

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

かかとが痛くて歩けない、その理由とは

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)


まさかそんな、と言われそうな話。
ところが意外と多い事なんです。

 

このような場合は、同時に膝が痛くて腰にも痛みがあるなど、何が何だかわからない、ということが多いのです。

これまでは普通にできていたことがなぜか今はできなくなった。

すっかり自信を無くしてしまいます。

 

この場合は腰から下の骨格がバランスを失っていて、正常な動きができずにあちこちに痛みが出ていることが多いです。

足底は偏平足やハイアーチ、膝は外旋してO脚、骨盤は後傾をして重症の場合はギックリ腰の症状になっていることが殆どです。

 


足底、膝、腰のどれかが引き金になっていて他の部分を巻き込んでいます。

履物が足に合っていない、筋力が衰えて体重を支えるだけの力がない、良くない生活習慣が身についているなどの要因も無視できません。

そのほかに多い原因として、腰椎5番から出ている神経がかかとの神経支配をしていて腰が悪い時によくみられる症状です。

 


自然に回復するのは難しいので、格矯正をしながら原因を探り当てて再発を防止する取り組みが必要です。


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ