HOME > ブログ > 坐骨神経痛 > 坐骨神経痛と便秘は原因が同じ場合があります

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

坐骨神経痛と便秘は原因が同じ場合があります

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

こんな症状も坐骨神経痛の仲間です普通は坐骨神経痛と言えば、お尻から太腿の痛みと痺れがあります。
背骨の下の方(腰椎)から脚へ伸びる神経を、ずれた背骨が圧迫して坐骨神経痛を発症している、非常によくある症状です。

実は兄弟のような関係にあるのが、皆さんおなじみの便秘なのです。

still-life-2338824_640.jpgstill-life-2338824_640.jpg

便秘はいろいろな原因が考えられますがすべて試してみて全部だめだった場合はこんな事で解消することもあります。
背骨の下の方から小腸や大腸の神経が枝分かれして伸びています。

カレンダー.jpg

その神経を背骨が圧迫して神経の伝達をブロックすることで腸の活動が鈍くなり便秘が起こります。
腰痛の手入れをするうちに便秘が解消することも珍しくありません。

全く反応のない便秘に長年苦しんでいる方は、もしかすると改善の可能性があります。

adult-1867743_640.jpg

また免疫機能の多くが腸でも作られているといわれており、腸の機能低下は免疫力の低下を意味しています。

詳しくは https://www.youtuu-anjou.com/ 
をご覧ください。
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508まで
お気軽にどうぞ


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ