HOME > ブログ > 気付かぬうちに静かに進行する膝痛

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

気付かぬうちに静かに進行する膝痛

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

あなたは大丈夫?
膝がまっすぐに伸びない!
自覚症状が殆どない間に静かに進行してゆく不具合の一つに膝痛があります。

事の始まりは骨盤のゆがみが背骨の歪みを作り、臀部や脚周りの筋肉の神経に触りその筋肉が硬くなります。
そうすると膝はまっすぐ伸びなくなり重大な症状の始まりなのです。

knee-2253047_640.jpg

膝痛のごく初期の段階のこの頃はまだ自覚症状のようなものはなく、膝裏の張りを感じる程度のことが多いようです。

仰向けに寝ると膝が下につかないで浮いている状態を経て、さらに進行するとうつ伏せで足首が浮いている、あるいは膝の皿(膝蓋骨)が圧迫されて痛いという状態に続き、徐々に痛みが出てきます。

正座ができなくなり常時痛みが続くようになります。

腰痛の手入れをしないでこの状態を放置していると、10年~20年という時間が経過する間に曲がらなくなり、下肢が外側に回転してO脚になる変形性膝関節症へと移行してゆきます。
そのころになると半月板や軟骨が摩耗して激しい痛みが伴うようになります。

このように膝に痛みを感じるようになるのは、かなり症状が進んだ時です。
最終的には歩行が困難になり、どんな体勢でも激しい痛みで日常生活に支障が出てきます。

legs-1031318_640.jpg

こんなことにならないためにも初期の段階で腰痛の手入れをして、芽を摘み取っておくことが大切です。

カイロイズム腰痛バスター安城では膝と腰の手入れを承っています。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
へどうぞ。

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ