HOME > ブログ > 私の修業時代のお話です#2

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

私の修業時代のお話です#2

【2.災い転じて福と為す】

そんな折、転勤して安城市で勤務していた時にぎっくり腰を患いました。
30歳ころからすでに腰痛持ちだった私は、それまでに様々な治療を試みて空振りに終わっていました。

整形外科では高齢だから仕方がないといわれ「30歳で高齢なのか?」と悲しくなりました。

高齢者.jpg

鍼治療では使いまわしの鍼が原因で肝炎をもらい1カ月入院しました。(今は完治しています)
ある時はカイロプラクテイックで教わったストレッチをまじめにやってかえって悪化しました。

そんな矢先のぎっくり腰です。
今当店にお越しになる多くの方とまったく同じ状況でした。
(ですから今皆さんが説明してくださる症状は、すべて経験していてわが身に置き換えて理解できるのです)


3.転機が訪れましたへ続く
ページトップに戻る

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ