HOME > ブログ > 骨密度 > 当院の取り組んでいること

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

当院の取り組んでいること

お客様の中にはご高齢により体力が低下してフルボリュ
ームの骨格矯正では強すぎる場合があります。

骨密度の低下により、骨に強い負荷がかけられない場合
や、高血圧の方で午前中の血圧に合わせて降圧剤を服用
しているために午後からは血圧が下がりすぎて施術による
血圧の低下を招かないように施術が制限される場合もあり
ます。

また脳動脈に梗塞がある場合や腎臓結石がある場合など
様々な健康状態の方が骨格矯正を必要としてご来店にな
っています。



それらの制約の中で最大の効果を上げる為には何ができ
るのかを工夫しながら施術を行う必要があり、そのため
に同じ目的の複数の施術法を用意する必要があります。
時にはその場で更にアレンジをすることもあります。

このような施術を可能にしているのが解剖学・生理学を駆
使して骨格の力学(ダイナミクス)による分析をしている
からで、最初にやってはいけないことをよくお聞きしてか
ら施術の工程に入ります。

そのような理由でご高齢の方でも安心して通院していただ
けます。
(ホームページの「お客様の笑顔の数々」 https://ww
w.youtuu-anjou.com/guest/
 をご参照ください。)

このように当店はより多くの皆さんの生活の質(QOL)
を高めるために努力を惜しみません。
 


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

【骨密度との戦いです】

骨格矯正をするときに常に気に掛ける
ことに、その方の骨密度があります。

年齢・性別・運動量・食生活など様々
な条件で骨密度の差が出ます。

同じ体の中でも骨によって骨密度のば
らつきは大きく、隣り合った骨同士が
30%以上も開きがあることも珍しくあ
りません。

検査方法によっては大雑把に全身で●
%と表示することもあって、参考にな
る程度でしかありません。

犬.jpg
   (骨密度を維持しましょう)

したがって全身の骨格を矯正する場合、
何か所かは脆弱な部分があると考える
必要があって、しかもそれがどこにあ
るのかはわかりません。

骨の強度が不足するということは強い
負荷がかけられないということで、施
術効果が出るまでに多くの時間を必要
とします。

日常生活で運動量が少なそうな場合は
年齢・性別も加味して施術を行って
います。

散歩.jpg
 (日常生活で骨に刺激を与えましょう)

また過去に圧迫骨折の経験がある場合
も同様に施術強度を調整しています。

関節は変形の度合いが強ければ動きが
悪くなり、時間が経過するほどに周辺
組織は硬さを増してゆき強い圧力を必
要とします。

しかし骨の強度に問題がある場合は、
周辺組織を柔軟にするなどの下準備か
ら始めることになりその分だけ時間が
余分に必要になります。

もし骨密度に不安がある場合は、悪化
してさらに時間経過で固着する前に骨
格矯正を行なってから良い状態を維持
するという長期戦略をお考え下さい。

カルシウム.jpg
(ビタミンC・Dはカルシウムの吸収を助けます)

それよりも重要なのは骨密度の低下を
招かないように、日ごろから良く体を
動かして、屋外で日光を浴び、カルシ
ウムとビタミンCの摂取を心掛けるな
ど積極的なコントロールを行い
ましょう。

ホームページトップへ
https://www.youtuu-anjou.com/
お問い合わせ・ご予約は
0566-55-4508
Web予約は
■スマートフォン
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PC
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
でお待ちしています。

このページのトップへ