HOME > ブログ > 関節可動域 > 例えばこんな重症のケースもあります

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

例えばこんな重症のケースもあります

当店には様々な方がおいでになりますが、中には非常に
重症の方がおいでになります。

一般的には椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を思い浮かべる
ことが多いと思いますが必ずしもそれだけではありま
せん。

その一つに骨の癒着の強いケースがありますが、医学的
には強直というそうで、決して稀な例ではありません。

全身の関節が変形をすると動きが悪くなりますが最終的
には全く動かないことになります。


  (Kalman KovatsによるPixabayからの画像 )

この状態は痛みのほかに体が硬いという自覚症状を伴い
ます。

さらにこの状態が数年~数十年という長い期間を経過する
ことで癒着を起こします。

おそらくこうなるまでには相当辛い時期が長く続いたので
はないかと思います。

この状態を解決するには関節包や骨事態を損傷しない程度
の力を加えて、関節の形を整え動ける環境にすることで可
動域を増やす施術を行います。

日常生活の体の動きでも関節の動きを促す事になります。
ただこの場合も施術の進み具合は個人差があります。

この状態は痛みや体の動きの悪さだけの問題ではなく内
臓や筋肉の働きにも影響を及ぼします。

背骨からは内臓や筋肉への神経が枝分かれしていて、脳
からのいろいろな信号が届かなくなることでずれた部分
の器官が機能不全に陥ります。

これは全身のどこの関節でも起こりえます。
神経の通り道の背骨はその位重要な働きをしています。

この癒着の問題に関しては関節の周辺組織(関節包・筋肉
・じん帯)の炎症も関与していると思われ医学的専門機関
での研究の進展が待たれるところです。
 
(免疫と「病」の科学)宮坂昌之・定岡恵 著 BLUE BA
CKS刊 参照
 
強直:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)参照
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E7%9B%B4

お問い合わせフォームはこちら
https://www.youtuu-anjou.com/inqfm/general/



カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ