HOME > ブログ > 椅子に座るとしっぽが当たる

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

椅子に座るとしっぽが当たる

椅子に座った時に尾骨(尾骶骨・しっぽの部分)が椅子の座面にあたりませんか。
これは結構多くの方に見られることとなのですがあまり気にしていないことが多いようです。
ところがこの状態を放置することで腰痛が悪化を続けてゆくことになる可能性があります。


( 
Michael WedermannによるPixabayからの画像 )

この状態は骨盤や腰椎の歪みの一部と言ってもいいのですが、反り腰の原因にもなっていて決して良いことではありません。
椅子に座っていて尾骨が座面に当たり不快感を感じると無意識に体を左右にずらすことで楽なポジションを探します。
多くの方は左に体を傾けることで気にならなくなるのですが、実はこのポジションこそが骨盤のゆがみを加速させる一因になります。(中には逆の方もいます)
違和感を覚えた時点で骨格矯正を受けることをお勧めしますが、お近くにそのような施設が見当たらないときは座る時に骨盤を立てて座ってください。
左右に逃げるのは骨盤のゆがみそのものですので、おへそを前に倒すことで尾骨の当たりを和らげてください。

同様に、仰向けで寝ているときに尾骨が寝具に当たることもありますが、これは反り腰が進行して仙骨の角度が悪くなっている為です。腰の痛みで横向きに寝ることになり肩を痛める原因となり、さらに腰痛は悪化します。
この場合は早めの手入れを心がけてください。
(2020/12/8加筆訂正)




< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ