HOME > ブログ > 腰痛バスター安城の取扱説明書 > 予約枠に空きがなく予約できない場合の対処法

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

予約枠に空きがなく予約できない場合の対処法

予約枠に空きがなく予約できない場合はこんな対処をお試しください。
 
希望時間に余裕を見て数日先の日程で予約をしてください。
予約が満杯になっているのは当日かせいぜい数日の間だけです。
ですから、数日先に日程を組んでいただければ結構空きがあります。
 
一日の中で、いくつかの候補を考える。
時間の幅を持たせることで空きが見つけられます。
 
当店ではWeb予約を承っています。
予約時間が一覧表になっていますので希望の時間を確認しながら選べます。
 
  (Elena BorisovaによるPixabayからの画像 )

キャンセル待ちを承っています。
希望の時間帯や予約パターンをお聞きして、キャンセルができ次第お知らせします。
 
一度施術をした後は次回の予約をしてお帰りいただくので、次回以降の予約が取りにくいことはありません。
予約が取りにくいのは最初だけです。



カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

当店の感染症対策(2020.7.13 第二弾)

首都圏での感染症が多発しており全国的な拡大が懸念されます。未知の感染症のようで単なる風邪にすぎないという説から侮ってはいけないという説まで飛び交っており、私としては最悪を想定して行動することにしています。
これまでは接触感染と飛沫感染を中心に対策を講じてきましたが、新たに空気感染とエアロゾル感染の可能性もあるようで対策を追加しました。
〇会話は必要最低限にとどめています。何より飛沫を出さないことが重要と考えますのでこれが基本です。
〇換気扇を常時使用しており、積極的に外気を取り入れ室内空気の入れ替えを行っています。
〇クレベリン(大幸薬品)を追加してこれまでの2個から3個にすることで空間除菌に力を入れています。
〇空気清浄機(シャープ プラズマクラスター)の導入。
〇湿度を60%程度に維持してウイルスを床に落下させ、感染しにくくしています。
 
またこれまでの接触感染対策を強化しています。
〇お客様用スリッパの使用後にアルコール除菌を行っています。
〇トイレの定期的なアルコール除菌を行っています。
〇店内を汚染エリアと除菌エリアに分けて、お客様が常時入れ替わる入り口から施術ベッドまでを汚染エリアと設定、ここの重点的なアルコール除菌を行っています。

 (mohamed HassanによるPixabayからの画像 )

お客様が接触する部分は施術後にアルコール除菌を行い、施術中にお客様の呼気が当たる床面もアルコール除菌の対象にしています。
これらの除菌作業はお客様の入れ替え時に行いますが、作業量が増えることで施術時間が少なくなってはいけませんので、施術の空き枠を適時挟むことで施術時間の短縮にならないようにしています。
次の方をお迎えする前に除菌作業を入念に行なっております。
その結果一日の施術枠が15枠から12枠に減少していることをご了承ください。
 
次に施術終了後、事務机(除菌エリア)に移動しての術後処理を行うことになりますが、この前に私自身の手指及びお客様に接した着衣のアルコール除菌を行ってから移動しています。
最悪を想定して、感染・発症者の施術を行ったとしても汚染エリアで食い止めて、除菌エリアにはウイルスを持ち込まないための工夫です。
さらに使用する筆記具と文具類は定期的に除菌ペーパーで除菌を行っています。
これで万全とは思っておらずウイルスの媒介をしない方法を日々考えています。

厚生労働省の作成による接触確認アプリ COCOA を導入しています。
初期トラブルがあったり個人情報の取扱いに対する意見があるようですが、初期トラブルは現在解消しているようです。
個人情報の入力もしませんので情報漏洩の恐れはないものと思います。
感染を拡大させずに安心して当店をご利用いただくために、感染拡大を防止するためにも、
おいでになるにあたって携帯にインストールしていただくようにお願いします。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html


  



当店の新型コロナウイルス感染症対策

当店では感染症流行発生当初より対策をとってきました。
今ではどこでも行っていることですが、
〇お客様への非接触型体温計による検温、
〇手指のアルコール消毒殺菌
〇マスク着用のお願い 
を行ってきました。

 

お客様をお迎えするにあたり実施してきたことは、
〇入り口ドアノブの消毒殺菌、
〇ベッドや枕の使用ごとの消毒殺菌、
〇使い捨て枕カバーの使用、
〇室内換気扇による換気、
〇除菌剤による空間除菌、
〇私の検温とマスク着用、
〇手洗い・うがい・眼球の洗浄
を行ってきています。
 
更に待合スペースでの新聞・雑誌を撤去して、お子様の同伴をせずお一人でのご利用をお願いして遊具・書籍も撤去いたしました。
 
マスクや消毒用アルコール類も品薄になるのを見越して常に一定量の確保を行ってきました。
当店で行うことは、超が付くほどの濃厚接触ですので感染の媒介をすることがあってはなりません。
幸いにもこれまでに感染に関与したことはなかったですが、たまたま保菌・感染者がいなかっただけかもしれず、今後とも気を引き締めて日々の業務に当たっていきたいと思います。


新型肺炎の対応につきまして

新型肺炎の流行が懸念されていますが、当店ではお一人ごとに設備のアルコール除菌を行っています。



ご入店時には非接触型体温計で検温しております。
その時の体温が37・5以上の場合や咳・倦怠感・風邪の症状のある方は施術をお断りいたします。
また備え付けのアルコールジェルで手指の除菌をお願いします。




拡散させないための措置ですので、何卒ご了承ください。


店内の携帯のご使用についてですが

当店では携帯はOFFにしなくても結構です.
皆さん店内にお入りになると携帯をマナーモードに
なさいます。

公共の場所ではマナーですが、当店ではその必要は
ありません。

むしろWi-Fiも設定していただき、通話も施術に支障
のない程度であればお使いいただいています。
それは当店がほとんど貸し切り状態ですので他の方
を気にする必要がないからです。


   (projectmgmtによるPixabayからの画像 )

更に社会的責任から常に連絡がつながる状態にしておく必
要がある方が多いこともあります。

重要な緊急連絡を遮断できない重要ポストのかたも少なか
らずおいでです。

そんなわけで施術に影響が出ない範囲でお使いください。
あとゲームは、私もやりたくなるのでお控えください。
 
お問い合わせフォームはこちら
https://www.youtuu-anjou.com/inqfm/general/
 

0566-55-4508でお問い合わせ
 
Web予約をご利用ください
■スマートフォンの方は
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691

■PCの方は
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691


大げさな説明は判断を誤らせます

【大げさに言わないで】
当院ではご来店のたびに様子をお聞きしています。
前回の施術から当日までの経過を伺って、その日の施術計画を作るためです。

前回の施術の効果が当日までどの程度維持できているかを知ることで前回の施術方針を継続するか別の施術に変更するか判断します。
中には、「結構いい症状になったけれどまだ痛いと言っておけばもっとしっかりやってくれるだろう」と思ったのでしょうか、「まだ痛い」とのご説明でした。



ところが私の立場は、できる限りのことをやってお帰り頂いているのでそれでも効果がなかったのであれば施術方針を変更せざるを得ないと判断します。
当然、次善の策ですから効果が少なくなりそこから無駄な紆余曲折が始まります。

いろいろやってみた挙句よく聞いてみると先ほどのいきさつが判明することになります。
もっと良くなりたい気持ちもよくわかりますので、それからは質問に工夫をして行き違いの起こらないようにしていますが、くれぐれも大げさな説明はご容赦ください。



私がお聞きしたいのはどのくらいの効果があって、それがどのくらいまで戻っているかです。
 
Web予約
■スマートフォンの方は
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
■PCの方は
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691

 
 

このページのトップへ