HOME > ブログ > 施術に際してお願いしている事

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

施術に際してお願いしている事

当店ではいくつかのことをお客様にお願いしていますが、そのうちの一つに身体の力を抜いてくださいというのがあります。
関節の形が悪くなるとその関節は可動域が減少して痛みが伴うことがあります。
この可動域を広げるのが骨格矯正の目的なのです。
実際に対象の部位を動かしてみて、骨格の問題なのか筋肉の問題なのかそれともほかに阻害する要因があるのかを突き止め、可動域の制限を解消してゆきます。
ですからその関節がどこまで動くのかを正確に知ることが大切なのです。
ところがまれにではありますが体に力が入ってしまい正確な可動域が調べられない場合があります。それまでは何一つ問題はなく自然に動いているのですが、いざ身体を動かす時になると力んでしまうのです。ただ身体を動かすだけなので痛いわけではありません。


 (Scott WebbによるPixabayからの画像 )

「力を抜いてください」などと余計なことを言おうものなら全身がガチガチに硬直して余計に硬くなり、動かそうと抱えていた手足が宙に浮いている状態です。
関節の可動域を調べる目的で体を動かしますので、これでは正しいデータが得られません。もしかして、何をされるのか怖いというのがあるのかもしれませんが、私を信頼していただいて身体の力を抜いてください。




< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ