HOME > ブログ > ①膝周りの筋肉量が不足して骨格を維持できない膝痛

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

①膝周りの筋肉量が不足して骨格を維持できない膝痛

膝の関節には非常に強い力がかかっており、
筋肉と靭帯が強い力で関節の変形を防いでいます。

ところが筋肉量が不足した場合、
体重を支えきれずに関節はズレを起こします。

代表的な例としては年配の女性によく見られる

〇正座をすると激しく痛むケース。
 膝から下の部分が前方にずれています。
 膝が曲がった状態の時に体重が加わり
 耐えられずに変形をしたものです。
 腰痛の影響も受けています。

 対処法は関節の形を調整して、
 硬くなった靭帯と筋肉をほぐします。
 
〇階段の上り下りに痛みが出るケース
 太腿の筋肉の伸縮性が低下していて
 膝の皿の動きが悪くなり
 膝の前側に痛みが出ます。
 
 対処法は太腿の筋肉をほぐして

 皿の可動性を回復して
 関節の調整をします。

痛みが引いた後に徐々に運動を始めて
筋肉をつけることが根本的な解決法です。 

 

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ