HOME > ブログ > むち打ち症 > かくれむち打ち症が思わぬ結果に・・・

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

かくれむち打ち症が思わぬ結果に・・・

ヘルニア日記(36)
このページは椎間板ヘルニアやぎっくり腰など、重症の腰痛にまつわるあれこれをご紹介いたします。
(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。) 

【かくれむち打ち症の話】
 当店にご来店の方には最初に過去のムチ打ち症の有無をお聞きしています。
 
皆さん正確に答えていただいていますが、中にはすっかり忘れていたり、軽い事故だったので、10年以上前だから、自覚症状がない
からなどの理由でなかったことにしている場合があります。
 
ところがこのような皆さんの骨格を探ってみると明らかな特徴があり、さらに背骨も骨盤もなかなかいうことを聞かないので、よくよく聞いてみると、「そういえば・・」と思い出ことがあります。
 
むち打ち症は的確な処置をしなければ30~40年でも残っています。
 首が痛くなくても全身の不具合を伴うのがムチ打ち症の自覚症状です。
 
しかもきちんとむち打ち症を対処していなければ骨格矯正は先に進みません。
 何をやっても腰痛が改善しない方、原因不明の全身の不具合でお困りの方、ムチ打ち症の心当たりはありませんか。
 
むち打ち症が潜んでいたために椎間板ヘルニアやギックリ腰を発症している方が多く見られます。
 そんなあなた、一度腰痛バスター安城をお試しください。

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ