HOME > ブログ > 2ページ目

ブログ 2ページ目

整体師が考えるコロナ対策

今世界中で新型コロナ感染症が猛威を振るっていて、多くの命が失われています。
幸いにも我が国は他の国に比べると比較的穏やかに見えるものの、急速に状態が悪化しています。感染を抑え込む努力はしていてワクチン接種も進み、治療薬も認可されてきているけれどまだこれといった対抗策に欠けているように思います。当店は医療機関ではありませんので医学的な対処はできませんが、自然療法の範囲で対策を考えています。
人間には免疫力というのが備わっていて異物が体内に侵入したときに排除する働きが幾重にも用意されています。今回の新型コロナ感染症に限らず一番基本的な免疫を活性化するのは広い意味での体調管理の面で大切と考えます。



Bruno /GermanyによるPixabayからの画像)

①ウイルスを体内に入れない
発症した方が排出したウイルスは全身の粘膜にとりつくことを暴露と言いますが、その数が少なければ涙・鼻水・唾液などが洗い流します。これが第一の免疫です。
しかし自律神経の働きが悪かったり加齢などにより唾液や涙の分泌が少ないとこの機能が発揮できませんので、整体で自律神経の調整をすることは有効です。
ウイルスの数が多かったり手洗い・うがいが不十分だと粘膜で防ぎきれずに細胞内に侵入されてしまします。これが感染というようです。
②侵入したウイルスを駆逐する
細胞内で増殖を始めたウイルス量が多くなると発症するわけですが、このあたりの時点で何重にも張り巡らされた免疫の働きでウイルスを駆逐できれば治癒は可能になります。
免疫の60%は小腸で造られていて乳酸菌を積極的に摂ることで腸の働きを活性化できることはよくご存知のことと思います。
腸には絨毛(じゅうもう)があってその密度や長さによっても免疫に影響が出ます。食物繊維のペクチンを摂取することで絨毛が伸びます。https://www.gifu-u.ac.jp/about/publication/g_lec/special/35_3.html 
その際にタンパク質をきちんととっておくことも絨毛の伸びを助けます。
ペクチンは果物や野菜に多く含まれていますので、いろいろな食材を満遍なく食べるということは理にかなっているわけです。
③免疫の働きをパワーアップする高体温
一般的に体温が一度下がると免疫力は30%ほど下がると言われています。昔のひとは37℃くらいが平均的な体温だったと言われていますが、現代人は約36℃程度のようで更に低い方もみかけます。これは生活が便利になりすぎたおかげで体を動かさなくても生きて行けるようになったことが原因かとおもいます。
何かのスポーツをやるのもいいですが日常生活で積極的に体を動かすことが無理なく始められる対策です。あとは車を使わずにできるだけ多く歩くこととよく笑うことも大事です。
つまり規則正しい生活とバランスのとれた食事、ポジティブな生活を心がけて免疫をあげることと並行してワクチンや各種治療薬を使用するのが最良かと思います。
コロナウイルスの暴露を防ぐにはビタミンCとビタミンD,亜鉛を摂取して粘膜を丈夫にするのがおすすめです。
ちなみにですが積極的に体を動かすことは腰痛の予防の面から非常に重要なことです。
 
 
 



椎間板ヘルニアと軽い気持ちで言ったのが・・・

先日、ある方とのやり取りでの中で感じたことです。
初めてめてお越しになった方とは、まず最初のお話を聞いていきますが、その方はおしりと太ももの痛みがあるとのことでした。その痛みが出てからまだ2年程度とお聞きして、「椎間板ヘルニアか坐骨神経痛のようですね」と軽い気持ちでいったのですが、その方の表情がみるみる険しくなりました。どうやらその方にとっては余命宣告に等しい一言だったようで、これからの長い人生を考えると愕然とされたようです。
その方の身内にでも長年にわたり痛みに苦しんだ方がいて、それを目の当たりにしているとむしろ当然のことかもしれず、私の配慮が欠けていたようです。
すぐに表情の変化に気が付いて、2年くらいでは心配はいらないことを説明、もっと長年のヘルニアの方でも多くが解消していることをお話ししました。
論より証拠ですのでそれ以上の会話はやめにして、早速施術に移り必要個所に手を入れ最終確認により痛みがなくなったことを確認してようやく笑顔が戻りました。


 (PexelsによるPixabayからの画像)
確かに世間一般では椎間板ヘルニアや坐骨神経痛は不治の病との認識で間違いないですが、よほどの長期間を経過した場合や重症でなければそんなに心配はいらないことをご説明しました。
ただし先延ばしや様子を見ているのは厳禁です。できるだけ早めに手入れを開始する必要があります。
我慢は美徳ではありません。




少しだけ寂しくなりました。


6月6日に店頭に燕が巣を作り懸命に子育てをしていましたが、きょう4羽のうち3羽が飛び立ちました。数日前からはばたく練習をしていてもう少しとは思っていたのですが、ついに残りが一羽となっています。
多分この子はいつも一番端っこにいてなかなか餌をもらえてなかったようで少し遅れていたようです。でも今は親の愛情を一人占めしてたくさんの餌を食べてあともう少しです。巣の端に身を乗り出して時折羽ばたいてみるけれどまだ勇気がでないのかも。
例年カラスに襲われて残念に終わることが多かったのですが、今年はそれもなくてほっとしています。さあ、元気に旅立って、一年間旅をして経験を積んで来年も元気に戻ってきてほしいものです。バケツいっぱいの水とデッキブラシを用意して待ってるよ。



当店は痛い方の味方です


  (Mylene2401によるPixabayからの画像)
先日、ふと思い立って調べてみたところ、2013年の開業以来最多来店回数の方は177回の方でした。その方を筆頭に150回超えの方が5人、100回超えの方が8人となっていてピラミッド型の構成比になっています。
皆さんそれぞれ思うところがおありですが、共通しているのはそれまでが大変辛かったということです。そしてこんなことも続けていただけてる理由なのかもしれません。
ふと気が付くと足の甲が痛い、脛が痛い、肘が痛い、手首が痛いなどあまり深刻ではないけれど気になっている痛みのご相談をいただきます。たいていは痛くなったいきさつを聞いて修正することで解消できています。
ですがたまに体幹の故障の原因となる痛みのこともあって、その都度取り除く必要があります。
また施術を進めるうちにまだ違和感を感じていないけれどこのまま放置していれば悪化しかねないケースを目にします。触った感触や筋肉の張り具合をヒントに、状態の説明をしながら了解をいただいてから施術を行います。痛みが出てからよりもはるかに少ない負担で解消できますので、究極の予防法と言えます。
ご自分の体がコントロールできなくなった時、だれでも不安を覚えています。
そんな皆さんに寄り添って楽な体を取り戻すお手伝いをしています。
さらにすぐに痛みがぶり返さないように体の使い方のアドバイスも行います。
そんな取り組みで多くの皆さんに支持していただいています。
恋の悩みとお金の相談以外で気になる痛みは遠慮なくご相談ください。




うれしいお知らせがあります


  (Maja CvetojevićによるPixabayからの画像 )
かれこれ3か月ほど前になりますが、かねてより定期的にお越しいただいているSさん(91歳)がご自宅の浴槽で転び胸椎12番の圧迫骨折で入院していました。
Sさんとは2015年10月からのお付き合いで、最初はまさに全身痛みの塊のような状態でした。
当時85歳というご年齢から骨密度はかなり低いようで強い施術は厳禁です。
頸動脈に血栓があり首には触れない、右の腎臓には結石があり触ってはいけない、以上2点の制限がある中で椎間板ヘルニアと坐骨神経痛、股関節痛と膝の痛み両方のかかとと足首の痛み、肩の激しい痛みが常にある状態で寝ても起きても地獄のような状態でした。制約だらけの施術でなかなか進まないにも関わらず根気強く通ってくださること数か月、ようやく膝と足首、かかとの痛みが軽減されてきてからは徐々にほかの部分にも改善の兆しが表れて最近ではかなり楽なご様子でした。
ところが更なる試練が待ち構えていました。
かなりの高血圧のために服用していた強い降圧剤の影響で午後からは低血圧だったのですが、入浴中に転倒して胸椎12番を圧迫骨折、即入院をしていました。
これまで強い信念で健康維持の努力をされてきましたが、年齢を考えると、不謹慎でありますがもうこれまでかなという考えがよぎりました。
それから3か月ほどたった昨日、Sさんご本人から電話がありお元気な声を聴くことができました。ご来院は難しいようなのでこちらが伺うことになりますが、また体調管理のお手伝いをさせていただきます。
Sさんのメンタルの強さにただただ脱帽した次第です。
退院おめでとうございます。




仙骨、それはミラクルです

当店で “仙骨” の調整を導入してかれこれ2年ほどになりますが、これによりお客様満足度が上がっています。仙骨は左右の腸骨の間にあって骨盤(システム)を構成する大変重要な骨です。左右の腸骨に比べて手に触れることが少なく、あまり意識されない日陰者といった存在ですが、脊柱を支える土台であって下半身の多くの部分に神経を分岐させている重要なパーツで、その働きはまさにミラクルと言えます。
脊柱の土台ですのでそのわずかな傾きは脊柱のゆがみをもたらします。


Milius007によるPixabayからの画像)
腰痛を患っている方は100%ここがの位置が良くなく、ここを積極的に調整をしないと改善は進みません。
ところが困ったことにこの仙骨は左右の腸骨に比べて小さいうえに、筋肉や靭帯に厳重に守られているためにその形を確認しづらいのです。
そして長年の試行錯誤の末ようやく検査方法を確立したことでまた一歩前進しました。それまでなかなか痛みの取れなかったぎっくり腰や重症の部類の腰痛各種がこれまでの半分くらいの時間で改善できるようになりました。
それと同時に膝から下の神経障害・痛みにもすばやく対応できるようになっています。
心当たりのある方は一度ご相談ください。

本日の予約状況と明日以降の見通しを見る




燕からのお願いです

少し前に店の軒先に巣を作りました。
これから子育てが始まります。
でもよく見ると巣の下に駐車場があって、車が停まるようです。
糞や藁が落ちて汚さないか心配です。



お店の人が段ボールを置いてあまり汚れないようにしてくれています。
どうかその段ボールを見たら少しだけ離れた場所に車を停めてくれたらうれしいです。
あと、車は大きくて怖いので少し離れていると安心します。
子育てが終わるとまたほかに行きますので、それまでの間温かく見守ってください。
お願いします。
燕より

先日お邪魔した、近くにある理髪店での話です。

二点あります。
まず一つ目が、椅子に座ってすぐにその椅子の形が実に素晴らしい形でした。
見た目ではなくて、座ってみて機能面で骨盤を立てて座ることが自然にできる工夫が施されていて、実に座りやすい椅子でした。そのことをお話ししたところお店の方は自慢げに、椅子と鏡と洗面台とのワンセットで軽自動車一台分と仰っていて、それが三台ありました。
普段から劣悪な構造の椅子が増えてきていて日ごろから憤慨している身にとって、明るい気持ちにされてくれる椅子でした。
市役所桜井支所の近くの理髪店ですので是非お立ち寄りください。


jplenioによるPixabayからの画像 )

その話から進むうちにコロナ以後、子供の姿勢が驚くほど悪くなっているとのお話がありました。
日ごろから来店する児童を見ていても感じるそうで、学校の先生も同じことを言っているそうです。運動をする機会が減り部屋にこもってゲームなどをする時間が長くなった結果、座り方が非常に悪くなったようです。
10年・20年と時間が経過するにつれて腰痛を抱える世代が増えてくるように思います。
親や学校が生活習慣の正しい知識を身に着けて、事あるごとに注意をする必要があります。
正しい座り方を身に着け体を積極的に動かすことは重要で、これは大人にも言えます。
 




研修の途中経過報告

昨年の3月頃から始めました私の後継者研修は,約一年を経過して順調に進んでいます。
仕事をしながら進めていますので週に一日の頻度になりますが、家庭を持ち生活をしながらの研修ですので、無理のないところで進めています。


 (Gerd AltmannによるPixabayからの画像 )

当初は5年間くらいはかかると予想してスタートしましたが、この分では合計3年ほどで開業も可能かと思えるようになってきました。
そもそもなぜ5年と設定したかといえば、私は開業までに14年の歳月を要した経験から、それを大幅に短縮させることを考えての事でした。
私も当初は2~3年で開業するつもりで扉をたたいたのですが、始めて見て驚いたのは師匠はほとんど何も教えるつもりがなく1年間は基礎練習しかさせてもらえず、しかもそれが終わった時点で研修終了となってしまう有様でした。
実践的な技術がないままに放り出されたわけで、私も家族の生活を支えながらの独学が始まりました。
主に職場の同僚にほとんど無料で体に触らしてもらう状態の日々が続き、ようやく認知されるようになります。
チラシを配って出張整体を試みたこともありますが、素性の知れない人間を家の中に招き入れてくださる方は皆無です。
そんな苦労はさせたくないとの思いで研修期間を短縮できるように工夫しています。
多人数の学校と違いマンツーマンの特徴を生かしてきめの細やかな研修を行っています。様々な問題を一つ一つ解決しながら、そのプロセスをケーススタデイーにより身に着ける方法です。
やがて皆さんの身体をお借りしての実地研修に入ると思いますがその時はご協力をお願いします。



感染症対策(第五弾・2021/4/26)

新型コロナウイルスの第四波は変異株にとって代わって増加を始めています。
いくつかの種類があるようで、感染力が強いもの・毒性が強いもの・両方がともに強いもの・ワクチンが効かないもの、二重に変異をしているものがありさらに新たに変異を繰り返しているようです。肝心のワクチンの普及もなかなか進まないようで更なる対策の強化が求められているようです。
とはいっても感染症の専門家ではありませんので一般のレベルでできることを行っていて、感染しないための対策になります。感染力が強いということはウイルス量が多く体内での増殖が格段に速くなっているようです。ウイルスが取り付いてから二週間で発症と言われていましたが変異株は約4日程度で発症するようです。この場合飛沫感染を防止するための対策として、室内空気の攪拌と換気を行っています。
お客様を施術するベッドは室内の中央にありますが、その左側を通過するようにエアコンの風を調整して扇風機をその反対側において空気を時計回りに巡廻させることでウイルスが排出された時でも攪拌・希釈され感染リスクを下げます。
さらにCo2モニターを参考に常時換気を行っています。

Sebastian ThöneによるPixabayからの画像 )
 
次に施術終了後には使用したベッドとスリッパの消毒とうがい・手洗いを実施し ています。また施術間隔が密にならないように間隔をあけて予約を取るようにしています。
すぐにうがいができるように塩水を作ってあり施術の合間のわずかな時間にでも対応できるように準備しています。
常時換気とプラズマクラスターの空気清浄機とクレベリンの空間除菌で対策をとっています。マスクは高密度静電フィルター採用の高機能マスクを使用しています。
以前は医療用マスクのN95に性能が近いと言われる市販品のJN95を使っていて、これは生地がしっかりしていて安心なのです。しかしこれから夏に向けて非常に暑いし、施術をしていても酸欠になってくるもので、生地の薄い高性能のマスクを調達しました。この私の暑さと酸欠の対策は深刻で、昨年も苦労しましたが、今年は室内の温度を23℃まで下げる方針です。また施術の間隔も多めにとるようにしてクールダウンをしながらの施術を行い、一日の施術件数も制限しますので20:20で営業を終了します。
薄着でご来店の方には寒すぎるかもしれませんがタオルをおかけするなどで対応したいと思います。
また施術中には必要最小限の会話にとどめ、無駄な飛沫を排出しないことも心がけますので、不愛想と思わないでください。
超が付くほどの濃厚接触の業種ですので、もしかすると変異ウイルスの菌の排出が活発な方が来たらひとたまりもないのかもしれませんが、上記のような対策を行い万全を尽くしたいと思います。
 

 


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ