HOME > ブログ > 2ページ目

ブログ 2ページ目

危険なウォーキング

近年の健康ブームということもあって中高年を中心に歩くことの重要性が見直されているようです。
日常の風景でも歩くということが日課になっていると思われる方をよく見かけます。

当店でもお客様には「痛みがなくなったら歩きましょう」と声をかけていて、健康管理の基本と位置付けています。
目標としては一日10000万歩、時間にして1時間半程度かと思われます。
もちろん体調にもよりますがそれ以上でも構いませんし、もっと少ない目標から始めて徐々にボリュームを上げていくのでも構いません。

ただしこれはあくまでも体調がいい方の場合で、明らかに腰や膝に重大なトラブルを抱え痛みに必死に耐えながら頑張っている方をお見掛けします。

誰かにアドバイスされたのかもしれませんが、その痛々しさは見るに堪えません。



Leopold BöttcherによるPixabayからの画像) 

腰痛・ひざ痛の治療現場ではごく普通に指示されているようですし、Webを見ても当たり前のようにそのような
内容が氾濫しています。筋肉量が不足しているから増やしなさいという理由からのようですがそもそもそんなに筋肉量が不足している人は多くはありません。

原因に占める筋肉量の不足は優先順位ではずっと下の方と思われます。

そんなことよりも体の使い方に注意する方が重要です。
痛みがあるということはそこに異変が起きているということで、我慢をしながらその行動を続けるのは更なる悪化をもたらします。

悪化した腰痛と股関節痛・膝痛はセットのようなもので、やがて修復の利かないレベルまで到達します。
体を動かして痛いということは、その部分の症状が悪化していると判断していいと思います。

この場合の悪い症状とは、ごくまれには内科的な病気の場合を除いては骨格の異常(関節の変形)の場合がほとんどです。
特に体幹(首・背中・骨盤・股関節・膝・足首)は常に体重による負荷にさらされながら動いています。
異常のない関節であれば体重を受け止めて支えていますが、変形した関節にかかった体重は変形を拡大する動きに変換されますので日常生活のほとんどのシーンで変形が進行することになります。

この時に関節の周辺組織(関節包・靱帯・筋肉)は骨格を補う働きをしますが、限界を超えるとやがて炎症を起こし痛みを覚えることになります。
(この部分に関してはエビデンス・科学的な根拠がありません。それはエビデンスを行う医療機関が腰痛の八割は
原因不明というスタンスをとっており、検証できる環境ではないためです。ですのであくまでも私個人の意見とご理解ください。)

つまり痛みを我慢して体を動かすことは、決して問題の解決にはならないばかりか悪化の一途をたどることになります。
おそらく大部分の方はほんのわずかでも快方に向かったという実感のないままにその運動を続けておられると思います。
それどころか、半年前や1年前と比べて間違いなく悪い方に進行していませんか。

ストレッチやトレーニングなどはあくまでも予防法であって、身体の状態が良いときに行うものです。
痛みが出るなどの万全ではないときには予防ではなく、手入れをするのが大切です。

無理をしたツケは大きいですよ。



坐骨神経痛・椎間板ヘルニアの症状がみられる方へ

(この内容はお客様へお配りしているリーフレットです。)
坐骨神経痛・椎間板ヘルニアの症状がみられる方へ
坐骨神経痛・椎間板ヘルニアは骨盤・仙骨・背骨の歪みが原因で神経と周辺組織が触れることで引き起こされています。

早期に対処をしておけばそれほど深刻なことにはならないのですが、数十年単位で手入れをしてこなかった場合の回復までの道のりはかなり遠のきます。

その多くが脊柱や骨盤周りの関節が悪い形のままで癒着を起こし正常な形に戻れなくなっているためです。
関節の周辺組織が硬くなっている場合と関節が周囲のほかの骨と結合している場合があります。
(骨学のすゝめ 中野隆 愛知医科大学医学部教授編著 南江堂刊 176P参照)

つまり悪化した腰痛の結果が坐骨神経痛・椎間板ヘルニアということが言えます。
こうならないためにも早めの手入れ・定期的なメンテナンスが欠かせません。

症状の種類は、腰・臀部・ふともも・ふくらはぎや脛・足先の痛み・しびれ・ハリ・痛みなどで足先は感覚がなくなることもあります。
どの場所に違和感があるかを教えていただくだけで損傷個所が特定できますので、あとは全身の歪みと関連付けた修正ができます。
重症の度合いが強く期間が長かった場合は、全身にその影響が及ぶことが珍しくありません。

例えば股関節・膝・足首・などに痛みを覚える方は多くみられますが、この多くは骨盤のゆがみが坐骨神経痛や椎間板ヘルニアを起こした結果、筋肉が強い張りを起こしている痛みです。

したがって坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの痛みを抑えるだけではなく、根本の歪みを修正することが大切です。
坐骨神経痛と椎間板ヘルニアは障害場所が異なるだけなので同列に扱っています。

ただ腰痛が悪化した状態が坐骨神経痛や椎間板ヘルニアですので、痛みが収まっただけで問題が解決したわけではありません。
全身骨格の歪みは依然として残っていますのですぐに再発することがほとんどで、継続した骨格矯正をお勧めします。

重症にまで進行する要因としてむち打ちがありますがそれ以外では生活習慣の問題があります。
予防として「驚き!こんな体の使い方が腰痛の原因だった」をご覧ください。




骨盤矯正で本当に痩せるの?

たまにお問い合わせいただく質問に、「骨盤矯正をすると本当に痩せますか」というのがあります。
確かにこれは永遠のテーマかもしれませんし、それを謳い文句にしている美容系の整体院も数多くみられます。内容を見ると骨盤を締めることで下がっていた内臓が元の位置に収まり内臓脂肪が減るので痩せる・・と、こんなことを言っているように思われます。
本当でしょうか。


  (’No-longer-hereによるPixabayからの画像 ’)
もし本当に内蔵が下がるほど骨盤が開くようなことがあったら、おそらくその人はきちんと歩けないし、日常生活も満足にできないでしょう。
仙腸関節(骨盤の関節)はそんなに極端には動きませんし、そのわずかな動きでも十分に体は機能しているのです。
ですからこの内臓‥という説は多少無理があるのではないかと思います。
しかし実際にお客様からは喜びのご報告が寄せられています。
〇以前は穿けなくなっていたローライズのジーンズが、楽に穿けた。
〇一か月に1KGのペースで体重が落ちている。
〇スカートが緩くなってきた。
これらは皆さんにおきた身体の変化に関する実際の声です。
(すべての方の結果をお約束するものではありません)
残念ながらこの件については医療機関のエビデンス(科学的な証明)が無いようです。
医学の世界では仙腸関節が動くということに関して否定的な考えもあり、骨盤を矯正するという概念自体がないからです。
しかし腰痛やギックリ腰などが起きること自体、骨盤が動いていることの証明になるのですが・・・・。
では痩せる理由ですが、痛みが出るほどの骨盤のゆがみができると関節は変形していますので正常な動きができなくなり、身体が動きにくくなることで作業量が減ります。筋肉を使わなくなるのでエネルギー過剰になり太ります。
一方腰痛の手入れをすることで骨盤をはじめとして全身の骨格の形が改善して正常な動きができるようになると、関節の可動域が広がり体全体の動きがスムーズになります。動作の一つ一つが苦痛でなくなることで作業量が増え、しかも疲れることが少なくなります。その結果基礎代謝が増えて日常生活でもエネルギーの消費量が増え脂肪が燃焼されることになります。
また身体を多く使えば筋肉量も増えますのでさらにエネルギーは消費されます。
このように効果的な骨格のメンテナンスをすることは身体の痛みをなくすると同時に健康面でもメリットがあることと言えます。
 


研修生(第二期)募集中

カイロイズムを学びませんか。
研修生第二期生募集を始めました
一期生の方は順調に研修を進めており、すでに簡単な骨格矯正をするまでになっています。

カイロイズムは腰痛のみならず全身の骨格を矯正する技術で、崩れたバランスを取り戻すことで皆さんの健康管理のお手伝いをします。
骨格バランスの崩れは様々な症状との関係が考えられます。

一生使える技術ですので年齢性別に関係なく経済的に現役生活が可能で、流行や景気の波の影響を受けにくい技術といえます。



こんな場合はご検討ください。
 
〇会社員の定年後も働きたい
〇この先独立自営を考えている
〇一生使える施術家の技術を身につけたい
〇身体の痛みで苦しむ人を助けたい
〇柔道整復師・理学療法士などの国家資格を持っているが、更に技術を向上したい。
〇整体やリラクゼーションなどの仕事をしているが今の技術に自信がなく集客できない。

これまで培ってきた豊富な社会経験と人脈を武器に、人生の後半を縦横無尽に活躍してみませんか。
そんなあなたにうってつけの技術です。

退屈よりも充実を選択する結果は、感謝と安心という形で帰ってきます。
大きな決断をすることになりますが、間違いなくやってくる未来に備えて準備を始めるのは今です。

研修期間は3~5年を見ていますが、 最初の1~2年間は基礎を学んでいただきます。
基礎期間が終了した後はインターンとして店舗で実際のお客様に接しながらの研修をしていただきますが、その方の進捗状況に応じた進め方をします。
皆さんの状況により研修頻度は異なるため、無理のない日程で進めてゆきます。

研修費用は1,000,000円(税込み)で教材費、制服、その他必要経費を含みます。
基本的には前納していただきますが事情によっては分納のご相談にも応じます。
お問い合わせはお気軽に 0566-55-4508まで

私の「院長挨拶」をご覧ください 

私のこだわり 「カイロイズムとは」をご覧ください 







当店の感染症対策 第3弾(2020.8.28)

ここ安城市内でも50人弱の累計感染者数が報告されています。(8月27日現在)
 
しかし多くの方からお話を聞いてみると、多くの企業では更に多くの感染を疑わせる従業員に自宅待機を命じている様です。つまり異常を感じた場合は出勤せずに症状が収まるまで様子を見させる方針を取っている様です。
 
 
若年者の場合は多くが2週間程度で症状が治る為(無症状感染)に感染者にカウントされずにすみます。恐らくこの時点でPCR検査をすれば陽性の結果になるケースも多いのではないでしょうか。特に若年層ではこの傾向が強いものと思われ、普通に生活することは可能ですので日常の生活でも身の回りには無症状感染者がいてそれに気が付かないことは十分に考えられます。
家庭内感染が増加していることを考えると無症状感染が拡大しているのは明白でまだまだ気を抜けない状態が続いています。
そこで個人レベルでできる感染症対策を考えてみました。
基本的には
〇体力をつけて基礎体温を上げ免疫力を向上させる。
 プロアスリートの感染も多いので万全ではないと思うのですが重症化を防ぐ効果はあると思われます。体温が一度下がれば免疫は30%低下すると言われておりこれが一番の基本ではないかと思います。
 規則正しい生活とバランㇲのとれた食事、積極的に体を動かすことが重要です。
 
〇手洗い・うがいをまめに行う。
 すでに身の回りにはコロナウイルスが蔓延していると考えれば、行動の区切りの度に手洗い・うがいをして体内に取り込まないことが重要です。
私は手洗いとアルコール除菌はこまめに、のどのうがいと鼻うがい・舌のブラッシング、眼球の洗浄を行っています。
 コロナウイルスは舌の表面・粘膜で繁殖していると言われており、不幸にして感染した時もウイルスの増殖を抑えれば重症化は防げるのではないかと思います。
(感染症の専門家ではないのであくまでも推測の域は出ませんが)


  (Me MessickによるPixabayからの画像 )

高齢者で重症化することが多いのは、上記二点について若年層よりも機能が低下していることが多いためと考えられます。
高齢化により筋肉量が減少し日常生活での運動量の不足で体温は低下していることが一般的です。
これが免疫力の低下を招いているのではないかと思います。
一方、下の粘膜上でのウイルスの増殖については、高齢化により唾液量の減少が原因ではないかと思います。
70歳では20歳と比較して半分ほどに減少すると言われており、ウイルスを洗い流せなくなったことが逆に増殖をするための環境を整えているのではないかと思います。
 https://lidea.today/articles/713
鼻うがいについては、痛みを心配する方がおいでになりますが、海水と同じ塩味にしておけば浸透圧が細胞と同じになるので痛みは全くありません。
口腔、鼻腔粘膜についたコロナウイルスは洗い流すことが重症化防止の基本です。
 


コロナ禍の夏休み

コロナ禍で行動自粛を余儀なくされているこの夏休み
帰省や旅行はおろか、外食さえもままならないようで
スケジュール表は空白のまま夏休みを迎えることになりそうです。


   (joronoによるPixabayからの画像 )
そんな今年の夏休み、否応なしに手にしたたくさんの時間を有効に使いませんか。
普段から時間が取れずに諦めていた腰痛の手入れを、この時期に集中して取り組み
ましょう。
 
我慢を重ねた腰痛はなかなかしぶといこともあり、ある程度の回数が必要になってきます。
そこで当店では短期集中コースをご用意してお待ちしています。
通常では施術間隔を開けるところを可能な限り詰める事で短期集中を実現しました。
(施術間隔には個人差があります)
リセットした体で休み明けを迎えるチャンスです。
皆さんの夏休みの日程に合わせたプログラムを準備すると同時に、夏休み期間では不足の場合はその後も継続した施術を行います。
 
当店はコロナ対策を行っており、安心してご利用いただけます。
なお、接触確認アプリ COCOA を運用しており、お客様にも協力していただけると幸いです。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

 





お客様へのお願い(愛知県の基準です)

お客様へのお願い
 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、しばらくの間、以下の点を厳守の上ご利用頂きますよう、強くお願い申し上げます。
少しでも該当すると感じる点がある方のご来店は固くお断り申し上げます。 また、ご来店の際は、常時マスクの着用をお願い申し上げます。
 ●次の症状がある方、該当する点があるお客様の来店をお断りします。
 ① 風邪の症状(くしゃみや咳が出る)がある方
② 熱がある方
 ③ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある方。
④ 咳、痰、または胸部に不快感のある方
⑤ 強い味覚・嗅覚障害がある方
⑥ 過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・ 地域等への渡航者の方、並びに当渡航者との濃厚接触がある方
⑦ 過去14日以内に、新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団感染)が発生したとされる場所を訪れた方
⑧ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
⑨ その他新型コロナウイルス感染可能性の症状がある方
⑩ 1週間前くらいまでにインフルエンザ・ノロウイルス等にかかっていた方
また、糖尿病、心臓疾患、呼吸器疾患等の基礎疾患がある方、人工透析を受けている方、免 疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方等については、新型コロナウイルスに感染しますと 重症化の可能性があるため、来店の可否について必ず主治医にご相談の上ご来店ください。
 
なお、地域の学校で学級(学校)閉鎖などが行われた際は、乳幼児・学童・中学生及び高校 生の方を同伴されてのご来店はご遠慮ください。

尚、接触確認アプリ COCOA を携帯にインストールしてくださるようお願いします。
   


接触確認アプリcocoaをインストールしてください

お客様へお願い
 
接触確認アプリcocoaをインストールしてください
 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりませんが、当店では接触確認アプリcocoaを使用しています。
 これは感染者と濃厚接触することで感染した可能性がある時に連絡がもらえるもので、無症状感染の状態で媒介するのを防ぐことができるものです。
 
ただ個人情報には全く立ち入ってくることはないとのことで心配はないようです。
 多くの方が使うことで効果を発揮しますので是非皆さんも携帯に入れて感染予防の輪に加わってください。
 
インストールの仕方は簡単で、このバーコードを読み取り案内に従って操作すると完了します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 



当店の感染症対策(2020.7.13 第二弾)

首都圏での感染症が多発しており全国的な拡大が懸念されます。未知の感染症のようで単なる風邪にすぎないという説から侮ってはいけないという説まで飛び交っており、私としては最悪を想定して行動することにしています。
これまでは接触感染と飛沫感染を中心に対策を講じてきましたが、新たに空気感染とエアロゾル感染の可能性もあるようで対策を追加しました。
〇会話は必要最低限にとどめています。何より飛沫を出さないことが重要と考えますのでこれが基本です。
〇換気扇を常時使用しており、積極的に外気を取り入れ室内空気の入れ替えを行っています。
〇クレベリン(大幸薬品)を追加してこれまでの2個から3個にすることで空間除菌に力を入れています。
〇空気清浄機(シャープ プラズマクラスター)の導入。
〇湿度を60%程度に維持してウイルスを床に落下させ、感染しにくくしています。
 
またこれまでの接触感染対策を強化しています。
〇お客様用スリッパの使用後にアルコール除菌を行っています。
〇トイレの定期的なアルコール除菌を行っています。
〇店内を汚染エリアと除菌エリアに分けて、お客様が常時入れ替わる入り口から施術ベッドまでを汚染エリアと設定、ここの重点的なアルコール除菌を行っています。

 (mohamed HassanによるPixabayからの画像 )

お客様が接触する部分は施術後にアルコール除菌を行い、施術中にお客様の呼気が当たる床面もアルコール除菌の対象にしています。
これらの除菌作業はお客様の入れ替え時に行いますが、作業量が増えることで施術時間が少なくなってはいけませんので、施術の空き枠を適時挟むことで施術時間の短縮にならないようにしています。
次の方をお迎えする前に除菌作業を入念に行なっております。
その結果一日の施術枠が15枠から12枠に減少していることをご了承ください。
 
次に施術終了後、事務机(除菌エリア)に移動しての術後処理を行うことになりますが、この前に私自身の手指及びお客様に接した着衣のアルコール除菌を行ってから移動しています。
最悪を想定して、感染・発症者の施術を行ったとしても汚染エリアで食い止めて、除菌エリアにはウイルスを持ち込まないための工夫です。
さらに使用する筆記具と文具類は定期的に除菌ペーパーで除菌を行っています。
これで万全とは思っておらずウイルスの媒介をしない方法を日々考えています。

厚生労働省の作成による接触確認アプリ COCOA を導入しています。
初期トラブルがあったり個人情報の取扱いに対する意見があるようですが、初期トラブルは現在解消しているようです。
個人情報の入力もしませんので情報漏洩の恐れはないものと思います。
感染を拡大させずに安心して当店をご利用いただくために、感染拡大を防止するためにも、
おいでになるにあたって携帯にインストールしていただくようにお願いします。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html


  



予約枠に空きがない場合の対処法

予約枠に空きがなく予約できない場合はこんな対処をお試しください。
 
希望時間に余裕を見て数日先の日程で予約をしてください。
予約が満杯になっているのは当日かせいぜい数日の間だけです。
ですから、数日先に日程を組んでいただければ結構空きがあります。
 
一日の中で、いくつかの候補を考える。
時間の幅を持たせることで空きが見つけられます。

ひと月の中旬以降に予定を組む
一般的にひと月の前半は予約が多く込み合う傾向にあります。
もし緊急の症状(ギックリ腰など)でないようなら少しだけ待っていただいて
空きができてからご予約いただくのも無理のない方法です。
そして一旦ダイアグラムに乗ってしまえばあとは自然に流れてゆきます。

緊急の場合はとりあえず電話をください
とはいっても突然ギックリ腰に見舞われたような場合はそんなこと言っていられませんよね。
そんな時は何とかしますのでまずは電話をしてください。時には強引なことも有効です。
 
当店ではWeb予約を承っています。
WEB予約では予約時間が一覧表になっていますので、希望の時間を確認しながら選べます。
しかしWeb予約は当日分は表示していませんので、当日分のご予約は電話をご利用ください。


 
  (Elena BorisovaによるPixabayからの画像 )

キャンセル待ちを承っています。
希望の時間帯や予約パターンをお聞きして、キャンセルができ次第お知らせします。
 
一度施術をした後は次回の予約をしてお帰りいただくので、次回以降の予約が取りにくいことはありません。
予約が取りにくいのは最初だけです。




<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ