カテゴリ

HOME > ブログ > 2ページ目

ブログ 2ページ目

前屈と同じくらい後ろに反りたいという希望

お客様の中には時として、「後ろに反れないんです」と言いながら見せてくださる方がいます。
確かに骨盤部分の動きがよくないようですがそんなに気にするほどでもないことを伝えると、「前屈に比べると全然できない」とおっしゃいます。
でもこれはできなくても構わないのです。
                          (Rolanas ValionisによるPixabayからの画像 )

人間の骨格はこれ以上後ろに反るようにはできていないからです。
前屈ができるのは股関節が曲がるからなのですが本来の股関節は太古の昔は四足歩行をしていたため直立二足歩行ではなく直角に前屈をしていたのです。
それが股関節の自然な形なのです。

直立の姿勢では90度も後ろに反った形をしているわけです。個人差があって多少それよりも多く反れる人もいるかもしれませんが、無理はしないでください。
あとは骨格のゆがみが少ない場合は関節の遊びの部分で多少は柔軟になることがあります。
左右と後ろには最初から曲がるようにはできていませんのであまり無理はしないでください。

あとトレーニングの目的でyoutubeなどを見て「マッケンジー体操」を自己流でまねするのも極めて危険です。一時的に軽減する可能性はありますが、全身の骨格の仕組みを理解しない無謀な行いで指導者の指示に基づいて行ってください。
あと筋肉が固いから後ろに反れないなどと考えるのはやめてください。


努力家の現役治療家さん大募集

【第一期研修生受付中】
苦しむ人を救いたい!!と熱い志を抱いて資格を取ったものの、実際の現場ではなかなか思うような結果が出せない毎日、もっと多くの技術を身に着けて苦しむ人のお役に立ちたい・・という努力家さん大集合!!

人間の体は様々な要因で不具合を起こし、さらに他の部分に拡大をしてゆき大変なつらい状態の方が多くいます。
そんな方の体で何が起きているのかを正確に突き止めるのも技術が必要です。
いくつもの可能性を的確にとらえて解決するには豊富な経験に支えられた技術力があればこそですが、一朝一夕で身につくものではなく一生のテーマなのかもしれません。
一般的な治療法はマニュアルを覚えるものが主流ですが無限に等しい多様な症状に対応するには膨大なマニュアルが必要になります。
でも実際にはそんなことはできませんね。
そこでカイロイズムのすべてをあなたに開放します。
カイロイズムはそのような多様な症状を見極めて解決する手法の一つで、20年の時間をかけてきてこれからも進化を続けます。

解決するべき課題はまだ多く、多くの優秀な頭脳と熱い志で苦しむ人を救いたいのは私の目指してきたところです。
あなたの力と志を貸してください。
一期生定員は3~6名で、定員になり次第募集は締め切ります。

詳しくは https://www.youtuu-anjou.com/blog/entry/post-320/index.php 
をご覧ください。


カイロイズムが定期的なメンテナンスをお勧めする理由

二足歩行をする人類の骨格は簡単なことでゆがみを起こしますが、それはなかなか自然治癒することがありません。
もともと四足歩行をしてきた骨格で真っすぐ立つということは非常に不安定な姿勢になるからです。

その結果日常の生活環境のわずかな変化によって体調を崩すことになります。
例えば寝具やまくらの経年劣化があると体は異常を起こし、新しい寝具やまくらに変えても体に合わなければさらに体調を崩します。
仕事の内容が変わったり家庭内の構造が変わったり、普段と違う体の使い方をしたりとその要因は様々で時間の経過とともに骨格のゆがみは蓄積を続けているといっても差し支えありません。
                         Gerhard GellingerによるPixabayからの画像 

当店ご利用の皆さんには予想される項目をお知らせして予防に役立てていただいていますが、それでも完全ではありません。
いけないと思いつつもよくない姿勢をとってしまったり、粗悪な椅子に座るなどで骨格のゆがみは避けられません。
(当店のホームページのコーナー “驚き!こんな体の使い方が腰痛の原因だった” をご覧ください。 https://www.youtuu-anjou.com/cause/ )
 
このように特別なことをしていなくても腰痛をはじめとした骨格のトラブルはあなたに忍び寄ってきますので、痛みのあるなしにかかわらず定期的なメンテナンスは欠かせません。


低すぎる机・テーブルは注意が必要です



椅子に座って仕事や勉強・食事をするときに、机やテーブルが低すぎるのは腰痛の原因になる場合があります。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

仕事や勉強・食事の時に机やテーブルが高い時には腕を上に上げるので何も問題はないのですが、低い時は問題があります。
字を書く・作業をするなどの時に机やテーブルに肘をつくことになりますが、高さがあっていない場合は背中を丸める・骨盤を左右どちらかに倒す
などをして肘の位置を無意識に低くすることになります。

多くの方が右利きのようですが、字を書く・鋏を使う・食事をするなどの動作で使い分けている左利きの方もおいでのようです。
この時に右利きの方は右の肘をつけることになるので上体を右に傾けて肘の位置を低くします。この姿勢が多くの方の腰痛を引き起こしています。
またパソコンの作業をするときにパソコンが机の奥にあってマウスやキーボードの操作をするために前かがみになる場合、右利きの方は骨盤が右に傾くことが多くなります。

1(1780443によるPixabayからの画像 )

特に激しい動きや悪い姿勢をしたつもりがないので「疲れ」で片づけることになりますが、詳しく調べるとそのような仕組みが見えてきます。
 
ではテーブルや机が低いのか遠いのか見極める方法ですが、骨盤を立てて背筋をのばして机・テーブルにできるだけ近づいて座ります。
その状態で机・テーブルに肘をついてみてください。またはマウスやキーボードに触ってみてください。
その時に背筋を伸ばしたままでいられれば問題はありませんが背中を丸めたり体を傾ける必要があるときは低すぎや遠すぎが疑われます。

机の高さは変えられないので椅子を低くすることや、机の上のレイアウトを変えてマウスやキーボードが近くなるようにしましょう。
何気ない小さな動作でも長時間にわたり毎日繰り返すことで、骨格はその動作に適した形に変形をします。それが骨格のゆがみなのです。
必要のない動作を無意識にしていてその結果が悪影響を及ぼすのであればその動作をやめるに越したことはありません。
 
ただ成長の早い児童が学習する環境は必ずしも良い状態で維持できるのかが疑問で、教育現場や家庭での環境整備が必要です。


研修生随時募集中



カイロイズムを学びませんか。

カイロイズムは腰痛のみならず全身の骨格を矯正する技術で、
崩れたバランスを取り戻すことで皆さんの健康管理のお手伝いをします。

骨格バランスの崩れは様々な症状との関係が考えられます。
一生使える技術ですので年齢性別に関係なく現役生活が可能で、流行や景気の波の影響を受けにくい技術といえます。

こんな場合はご検討ください。
 
〇定年後も働きたい
〇独立自営を考えている
〇一生使える治療家の技術を身につけたい
〇苦しむ人を助けたい
〇柔道整復師・理学療法士などの国家資格を持っているが、技術を向上したい。

これまで培ってきた豊富な社会経験と人脈を武器に、人生の後半を縦横無尽に活躍してみませんか。
退屈よりも充実を選択する結果は感謝と安心という形で帰ってきます。
大きな決断をすることになりますが、間違いなくやってくる未来に備えて準備を始めるのは今です。



カイロイズムのお試し体験をしてみませんか。
実際の施術を見た後にご自分も簡単な施術を受けていただきます。
そうすることで可能性が見えてきます。
さらに身に着けていただく内容のご説明をして簡単な講習を行います。
世間で言われている常識とは違うことが多い内容です。
〇腰痛の仕組み  二足歩行~ぎっくり腰
         全身骨格との関連の問題
〇検査法
〇施術法
〇経営理念、接客のノウハウ
解剖学・生理学を取り入れた内容は多岐にわたりますがその分だけ充実の内容です。
その内容を、目標としては5年間をかけて習得していただき独立開業を目指します。
さらに5年をかけて月商100万円を目指していただきます。
この技術はただ単に腰痛だけを対象としたものではなく、医療の手が届かない全身の様々な症状に波及する可能性を秘めていてこれからの研究開発が有望な分野といえます。
 
研修期間の最初の1~2年間は基礎を学んでいただきます。
基礎期間が終了した後はインターンとして店舗で実際のお客様に接しながらの研修をしていただきますが、その方の進捗状況に応じた進め方をします。
皆さんの状況により研修頻度は異なるため、無理のない日程で進めてゆきます。
研修費用は1,000,000円(税込み)で教材費、制服、その他必要経費を含みます。
基本的には前納していただきますが事情によっては分納のご相談にも応じます。
お問い合わせはお気軽に 0566-55-4508まで

私の「院長挨拶」をご覧ください

私のこだわり 「カイロイズムとは」をご覧ください



腰が痛いけれど残業が減ってしまって・・・

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
経済が減速しているようで残業が激減していて、収入も頭打ちの方が多いようです。
それに伴って体の手入れに使えるお金も減ってはいませんか。
それが危険なのです。
腰などの痛みは気になる程度の段階で手入れを始めるのがベストです。
そんなに何回もかかることはなく数回の来店で終わることが大部分です。
しかし経済的理由などで体の手入れの先延ばしをしているうちにさらに悪化させることが珍しくありません。


3D Animation Production CompanyによるPixabayからの画像) 

ギックリ腰・坐骨神経痛など次の段階に進んでしまうと来店回数は一桁上がります。
さらに動けなくなり休職することになっても有給がなくなると収入に響きます。
そうならないためにも症状が軽いうちに手入れをしておくのが鉄則です。
お問い合わせ・ご予約は 0566-55-4508
Web予約
スマートフォン http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
PC http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
この施術は数多くの実績があります。
したがって初回の施術終了後に何一つ効果を感じていただけない時は初回料金(施術料+初診料)は頂きません。



座るだけで腰痛になる椅子もあります


 あなたの健康に夢中です
シリーズ「腰痛原因」

椅子の形によっては座るだけで腰痛を引き起こすものもあります。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

椅子に座るときには骨盤を立てて座るのがおすすめなのですが、それができないデザインのものがあります。
背もたれの下の部分が前に前に出ていて骨盤が立てられず、後ろに傾いてしまうものです。

(図の緑の〇の中の赤線の形です。)
本来であれば黄色の部分に仙骨・骨盤を奥まで入れて骨盤を立てるのですが、このタイプは逆の形を余儀なくされます。
骨盤の仕組みを理解しないメーカーが作っているのでしょうが、このタイプをけっこう多く見かけます。どんなに注意しても正しい座り方にはならない椅子です。

    (実際にはこんな感じです)

さらに背もたれのでっぱりのおかげでただでさえ骨盤が後傾になっているところに、背もたれにもたれかかることでさらに骨盤が後傾をします。
これがまさに腰痛の始まりなのです。
これは強力な “腰痛促進装置” と言わざるを得ません。

そこで、このような不健康椅子に座らざるを得ない時の対処法ですが、背もたれをあてにしないことに尽きます。
「そんなことしたら疲れるにきまってるだろう」というご心配の声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。
皆さん、立っているとき極端に疲れることがありますか。
腰が痛くなることが場合によってはありますが体力を消耗することはあまりないと思います。
座っているときの上半身も、立っているときと同じ形で背骨が体重を支えれば何一つ問題ははありません。
それが座ったときは後ろにもたれかかることを前提にするからいろいろな弊害が起こるのです。
基本的に背もたれは必要ありません。

大事なのは骨盤を立てて座ることで、その時に邪魔をする形状の椅子は誘導に従わないことが大切です。


悠々自適の生活6か月後に起きたこと

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
ゆうゆう自適の生活6か月後に起きたこと
現役をリタイアして憧れの悠々自適生活を開始した半年ほどで駆け込んでくる方が相次いでいます。

現役時代は毎日決まった時間体を使って仕事をこなしてきた皆さんはそれなりの運動量になっていたはずです。
例えば座って仕事をする方でも椅子に何時間も座るだけでも筋肉を使います。
疲れたからと言ってすぐに寝転ぶことはありません。
他の部署との打ち合わせや顧客の対応など意識していなくても勤務時間中は動き回っていたはずです。

ところが束縛するものが何もない生活に慣れてしまうと体を使わないことに慣れてしまうのでしょう。
仕事以外に趣味を持たない方は特に何もしない時間が増えてもそのまま一日が終わってしまいます。
おそらく現役時代の10%~50%程度の運動量でしかないのかもしれません。

ご来店のたびに筋肉量が落ちてゆくのがわかりますのでそのたびに体を動かすように助言をしてきていますが、一旦切れた緊張感の糸はなかなか元には戻らないようで、明らかに運動不足になっていました。
四肢はもちろん、体幹の筋肉が衰えてくると骨格を維持できなくなってきてわずかなことで骨格がゆがみます。
それが体中のいろいろなところで起こり蓄積してゆきます。

そして何気ない体の動きで突然のギックリ腰を発症、しばらく忘れていた体の痛みと対峙することになります。
ところが今度はこれまでとは状況が一変していて、体が施術を受け付けなくなっています。
戻りの幅が大きく術後の状態が長続きしなくなり、極めて短期間での施術が必要になってきます。以前は1か月の間隔でも十分に余裕があったのに、いまは体がついてこないもどかしさを覚え体力の低下を実感します。

そこから人生の残り三分の一以上を健康で暮らすためのアクションが始まります。
何もしなくてもいい生活に慣れること、それが老化の始まりだと思います。


   (Free-PhotosによるPixabayからの画像 )

仕事でも趣味でも何でも構わないので、夢中になれるものを見つけましょう。
多少つらいくらいの日課をこなすのが心にも体にもいいようです。
楽をしたツケは必ず帰ってきます。


走る・歩くスピードが遅くなった・・・

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

「一生懸命に歩いているのにどんどん追い越されるようになった、歳かな」
こんなことを感じている方、いませんか。

確かに運動量の不足で筋力が落ちているのかもしれません。しかしもう一つ重大な原因が隠れていることがあります。
痛みをそれほど感じなくても骨盤が歪んで動きが悪くなっているのかもしれません。

関節は変形すると十分に動けなくなりますが、骨盤の関節(仙腸関節)でもそれが起きていると歩くための動きができなくなります。



仙腸関節はそんなに激しく動く関節ではありませんが、それで歩く時の動きには十分なのです。
しかしそれができなくなっているのかもしれません。

骨盤が動くことで仙腸関節から下が足の長さになりますが、骨盤が動かない時は股関節から下が足の長さとなり歩幅が短くなります。

更に骨盤が動く時は大殿筋を使った歩行ができるのに対し、骨盤が動かない歩行は太腿の筋肉が推進力になるので
パワーダウンをして歩くスピードが遅くなります。
更に少ない筋肉で動くので疲労は大きくなり、体力が落ちたと感じるのも無理はありません。

自覚症状のない骨盤の歪みでもこのような影響があります。
この場合骨盤の形を適正に調整することが必要です。
(すべての方の結果をお約束するものではありません)
(B-step 参照) https://b-step.org/blog/diet002/

お問い合わせフォームはこちら
https://www.youtuu-anjou.com/inqfm/general/
 
0566-55-4508でお問い合わせ
 
Web予約をご利用ください
■スマートフォンの方は
http://t6410.jp/yoyaku/s/242691

■PCの方は
http://t6410.jp/yoyaku/p/242691


歩くのは自分でできる腰痛予防です

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

【歩きましょう】
様々な骨格のトラブルの施術をしていて回復のスピードに個人差があります。
1の施術をして10の効果が得られることがある反面、10の施術で1の効果の方もいます。

一般的にこれまでの状態が悪くて長いほど効果が出にくい傾向があります。
20年~30年越しのギックリ腰・坐骨神経痛になるとかなり根気が必要です。

ところが一見してかなりの重症の方がみるみる回復することがあります。
まるで砂に水がしみこむような感覚で身体に施術が吸い込まれてゆき、野生の力強さを思わせる自然治癒力に出会うことがあります。

これまで素早く反応していただけると、術者としてはうれしい限りです。
さすがにそこまでではないにしても、この差は何なのかを考えると歩く量の差ではないかと思います。


   (pixel2013によるPixabayからの画像)

一般的にその重要性は盛んに言われますが、シニアだけの問題ではなさそうです。
歩く動作は体幹の筋肉を使いますので柔軟で強い筋肉が手に入ります。

筋肉は骨格を守る鎧の働きがり体の歪みを防いでいます。

もう一つの効果は、歩く動作によって全身の関節が緩やかに動き続け、少しくらいの歪みであれば自然治癒力の働きで回復に向かいます。きっかけを作る感覚です。

歩くのがそんなにいいのであれば走ったらもっといいだろう、という声が聞こえてきそうですが必ずしもそうはならないようです。
ずれた関節を強く動かすとかえってずれが大きくなるようです。

あくまでも緩やかに根気よく歩くのがいいようです。ただしあまりにも痛い方は先に手入れをしてからにしましょう。

(CRE) 参照 http://crea.bunshun.jp/articles/-/12709


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ