HOME > ブログ > 3ページ目

ブログ 3ページ目

今日は皆さんに嬉しいご報告があります

昨年9月にご来店いただいたKさん、妊娠5か月で坐骨神経痛を発症されていて腰や仙骨・足の付け根付近の痛みのため歩く・しゃがむ・寝返りを打つなどの動作に支障をきたしていました。
基本的に妊娠中はうつ伏せになれないために強い施術ができず、骨盤もあまり大きく動かせないので症状を和らげる程度の施術で了解をいただいています。
しかしこのような重症の場合、満足な生活ができないうえに骨盤の歪みが原因で難産になる恐れがあります。
そこで出産を無事に乗り切るために、通常行っている妊娠中の施術を再度見直しを行い、安全で効果の高い施術を取り入れました。
ほどなくKさんは日常の生活が普通に送れるようになりました。



Madlen DeutschenbaurによるPixabayからの画像 )
その後も定期的に経過観察を行い再発がないようにしたのですが、予定日の一か月前で骨盤に手を加えることを停止しました。それは分娩の時の骨盤の動作を邪魔しないように考慮したためです。あくまでも自然に任せられるように準備を進める計画を立て、仙腸関節の可動域を広げていきました。
4月22日、産後の一か月検診を終えて産後の骨盤矯正にご来店になり、元気なお嬢さんも目にすることができました。そして気になっていた分娩も7時間ほどで済み比較的順調だったそうで、私としては方針に間違いがなかったと安堵しました。
二つの意味で嬉しいお話です。




人類は腰痛と引き換えに二足歩行を選んだ

驚きヘッダー.png

シリーズ「腰痛原因」

腰痛をひき起こす最大の原因は何といっても二足歩行につきます。両手を自由に使えるようになり、目線が高くな
りより広い範囲が見えるようになったのですが、代わりに腰痛の宿命を背負うことになりました。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。


走る.jpgのサムネイル画像
それに加えて様々な身体の使い方をすることで、そのズレに拍車をかけることになります。

このコーナーはまさにその部分の説明をさせていただく事になります。
長年にわたり骨格と向き合ってきた視点から、予防法をお伝えできたらと思います。

施術に際してお願いしている事

当店ではいくつかのことをお客様にお願いしていますが、そのうちの一つに身体の力を抜いてくださいというのがあります。
関節の形が悪くなるとその関節は可動域が減少して痛みが伴うことがあります。
この可動域を広げるのが骨格矯正の目的なのです。
実際に対象の部位を動かしてみて、骨格の問題なのか筋肉の問題なのかそれともほかに阻害する要因があるのかを突き止め、可動域の制限を解消してゆきます。
ですからその関節がどこまで動くのかを正確に知ることが大切なのです。
ところがまれにではありますが体に力が入ってしまい正確な可動域が調べられない場合があります。それまでは何一つ問題はなく自然に動いているのですが、いざ身体を動かす時になると力んでしまうのです。ただ身体を動かすだけなので痛いわけではありません。


 (Scott WebbによるPixabayからの画像 )

「力を抜いてください」などと余計なことを言おうものなら全身がガチガチに硬直して余計に硬くなり、動かそうと抱えていた手足が宙に浮いている状態です。
関節の可動域を調べる目的で体を動かしますので、これでは正しいデータが得られません。もしかして、何をされるのか怖いというのがあるのかもしれませんが、私を信頼していただいて身体の力を抜いてください。




予約の変更はお気軽に

予約の変更はお気軽に
当店はご予約の方を優先して営業していますが、一旦予約したけれど変更が必要になることは有り得ることですね。そんな場合でも遠慮なく予約内容を変更してください。
そんな時にお勧めの変更の仕方をご紹介します。

  • Gerd AltmannによるPixabayからの画像 
     
  • ①一番簡単でおすすめなのがWeb予約を利用する方法です。
  •  新たな予約をWeb予約で入れていただき、メッセージの欄に変更の内容を書いてください。
  • ②ホームページの最初のページや施術料金ページにお問い合わせメールのボタンがありますので、変更内容を記入してください。
この二つは時間を気にしないで操作できますので忙しい方にはうってつけの方法です。
  •  
  • ③最後は、普通に電話してください。
  •  施術中でも気にしないでください。
  •  施術中の方には申し訳ないのですが、これはお互いさまなのでいつでもお受けしています。
 
もしあなたが施術中に電話がかかってきても暖かい心でほんの一分間お待ちいただけますか。すべて私一人で対応していて、皆さんのご協力がいただけるとありがたいです。
 
無理のない日程を組むことが長続きの秘訣と考えますので、必要な時はお早めに変更してください。




施術時間を守っています

施術時間を守っています

 (Adam DereweckiによるPixabayからの画像)
多くの皆さんは時間を決めて行動されていて、予定が狂うのは避けたいものですね。
当店でも施術開始の時間と同時に終了の時間も、定刻通りを心がけています。次の予定にも影響しますので終了の時間が計算できなくてはいけません。そこで皆さんにご協力をお願いしたいのですができるだけ来店時間には遅れないでください。
(道路状況その他の他の条件がありますが)
私の方も終了時間は定刻で納める努力をしていますので次のスケジュールに影響が及ぶことの無いようにしています。万が一20分以上遅れておいでの場合には別の日程に変更していますが遅れそうなときにはご連絡をお願いします。
また予定の変更が事前にわかっているときはご連絡をしていただき、無断でのキャンセルの無いようにお願いします。無断キャンセルは場合によっては一回分の料金をいただき以後の予約はお受けできなくなります。




さあ、感染症が落ち着いてきたようです。

さあ、感染症が落ち着いてきたようです。
今まで我慢をしていた方は手入れをしましょう。


🎄Merry Christmas 🎄によるPixabayからの画像)

腰痛は刻一刻と進行してゆきますが、常に同じペースで進行するわけではありません。ある時は緩慢に、ある時は急激に、行きつ戻りつを繰り返しながら長い目で見ると確実に進行しています。
そして悪い状態まで行ってしまうと戻ってくるまでに余計に時間がかかり、次第にできることが限られてきます。
最終的には残念ながら何もして差し上げられない状態のこともあります。
身体の不具合には我慢は美徳ではないのです。
くれぐれも早めのお手入れを心がけてください。

とはいっても、感染症予防は手を抜いてはいません。
これまで通りの対策を実施していますので安心してお出かけください。

料金を見る


ご予約はこちら




皆さん、ぶら下がりましょう

当店の施術の大きな特徴に関節の隙間(骨間)を広げるというのがあります。
直立二足歩行をしている人間は重力が働いていて、常に脊柱や骨盤など体幹の骨格を圧縮するようになっています。
この上下に圧縮する力こそ腰痛の最大の原因と言っても良いくらいなのですが、こればかりは排除できませんので一生うまく付き合っていくしかありません。
重力に負けない体を作るためにトレーニングをする方法もありますが、簡単に手に入るわけではなく、すでに歪みがある時に強いトレーニングをすることでかえってゆがみを大きくすることも稀ではありません。むしろ無難な方法としては日常生活で積極的に体を動かしながら背骨や肩関節・骨盤の骨間を広げることをお勧めします。可動域が広がり多少の歪みであれば改善されるうえに、神経に触っているときも痛みしびれが改善されるときもあります。



ご自分で行う方法としてはぶら下がること。ぶら下がり健康器など身のまわりに何かぶら下がる場所があればそれで十分で、見当たらない場合は通販サイトでも一万円しないくらいでいいものが手に入ります。


接触確認アプリCOCOAについて

お客様各位
いつも格別のお引き立てを賜りありがとうございます。
感染症の第3波が始まって以来ご協力をお願いしてきた接触確認アプリCOCOAですが、田村厚生労働大臣による発表にでAndroid版で9月末以降の作動をしていなかったことが判明しました。これまで4か月の間その事実を公表せず修復の手配もしなかったようです。
陽性であるにもかかわらず機能していないアプリを信用して行動をすることでいたずらに感染を広げる恐れがあります。
またiOS版でも頻繁に初期化が行われたり、本来14日間のデータの保存期間が2日間になっているなど、極めて不安定な状態がみられていてその信頼性に問題があるようです。
そこでこれまで皆さんにお願いしてきたアプリのインストールを中止します。
再開するかどうかは今後の推移を見守ることになりますのでアプリを削除していただいても結構です。
(アプリの削除方法:アイコンを長押しすると項目が3つ現れますので、その中から削除を選択してください。)
感染拡大に歯止めをかけようと皆さんにお願いしてきましたが、このような結果になってしまい申し訳ありません。
もし再開することがあれば改めてお願いいたします。



こんなエピソードがあります

当店のご説明をするのにこんなエピソードがあります
名古屋市にお住いのKさんのお話です。
Kさんはかれこれ10年以上にわたりご利用いただいていて、私が当店開業前に他の施術施設にいたころからのお付き合いです。いつも3~4か月に一度程度でお越しいただいていたのがここ3か月ほど毎月ご来店になっていて、気になってお聞きしたところ首の調子が良くないのと偏平足があって左足だけが疲れるとのこと。
かねてより首と腰の手入れをしていて枕のアドバイスをしてからは状態も安定していましたが、寝ていると首がつらいようです。偏平足は両足にあってむしろ右足の方が低くなっていますが今回は左足に問題があるようです。


Rolf MontagによるPixabayからの画像 )
 
色々調べて行くうちにわかってきたのは、背骨の肩甲骨より上のあたりの可動性が悪く湾曲も強いために首が後ろに引っ張られることでつらくなっている可能性があること。足に関しては膝裏にある足底筋の緊張により足の疲れを誘発しているようで、その原因が腰椎4~仙骨のずれで神経を圧迫して足底筋に神経障害を起こしている可能性があること。以上2点の仮説により施術を行い、術後の検査では良好な結果のため経過観察を行い異常があれば再度ご来店いただくことで終了しました。
このように常日頃からかかりつけとして身体を診ているから気が付けた部分が多く、ご本人もいつもと違う感覚を説明していただき大きなヒントになりました。
さらに当店の施術は定形の施術ではなくて症状に合わせた施術を行っていて、日ごろの健康管理にご利用いただいています。




和室の生活よりも洋室の生活の方が身体には優しい

和室の生活よりも洋室の生活の方が身体には優しい
このことに関しては漠然とでも感じている方も多いのではないでしょうか。両者を比べてみて身体の疲労度の差を比べてみてもおそらく洋室の方が支持をされると思います。
それは座る時の問題なのです。
和室で座る時には、正座か胡坐、女性の場合は横座りもありますがこれらのすべて、膝が180度あたりまで曲げることになります。これは膝関節の可動域の限界まで曲げているのですが、関節の遊びがなく窮屈な状態になり、その窮屈さが周囲の関節にも伝わります。骨盤周りや脊柱も稼働域が制限されるのですが、それ以上の動きを要求されたときに骨格はゆがむことしかできず、蓄積した時に腰痛が姿を現します。


Viveka RosinによるPixabayからの画像)
一方洋室で座る場合は椅子に座りますので膝を極端に曲げることはありませんので、骨格は十分な可動域が残されて状態でいられます。したがって腰痛を招きづらいことになります。
あとは座った状態から立ち上がる場合、和室の場合は膝を180度曲げた状態から伸ばしますのでその運動量は大変なものです。
それに引き換え洋室の場合は約90度から伸ばすだけですのでその差は歴然としています。
もし事情が許すのであれば洋室での生活をお勧めします。




<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ