HOME > 慢性的なお悩みをお持ちの方へ > 反り腰

慢性的なお悩みをお持ちの方へ : 反り腰

【反り腰】

他の腰痛のように激しい痛みや痺れに見舞われることがなく、「反り腰」は主訴になることが少ないようです。
しかし軽い症状のも含めると大変多くの方にみられる状態です。

おそらくその方が物心ついた時からその状態だったのでそれ以外の体との比較が出来ず、違和感がないのかも知れません。
それよりも外見で比較をして違いを感じているようです。

骨格矯正により湾曲が解消された時に初めて、これまでの身体が辛い状態だった事に気がつくことが多いようです。

腰椎の反り返りが強いのでその反動で背中の部分(胸椎)の前湾も強くなります。
いわゆる ”猫背” と呼ばれる状態です。


  (実際にはの部分から湾曲が始まります)

この反り腰は背中や腰の張りがあり辛いのですが、それよりも怖いのが骨折です。
腰椎部分の湾曲が強いために腰椎の一部が疲労骨折を起こすことがあります。

「腰椎分離 ・滑り症」と言う病名ですが重症になるとお尻から下半身にかけての痛みや痺れが起こります。
この骨折が自然に治ることはなく、一生付き合っていくことになります。

一般的には腹筋と背筋のバランスが悪い事が原因と言われています。
皆さんの中にも腹筋が弱いので腹筋運動で筋力をつけるように言われている方がいると思いますが、通常の腹筋運動ではかえって腰を痛める事になる方が多いようです。

おそらく仰向けで寝ることでかなり痛みがあるはずで、腹筋運動どころではないと思われます。
それでも無理に続けることで腰痛は悪化します。

又、別の説では「動的な骨格」に分類されて、異常ではなくその方の「特徴」「個性」とされてしまいます。
この場合「動的」なのは湾曲の強さであって、骨格が「動的」で可動性が十分にあるわけではないのです。

骨格は限界まで湾曲をしていて大変窮屈な身体になっています。
そのような「特徴」「個性」は解消されなければなりません。

【そり腰の正体】
腰椎1番〜3番(写真の部分)からは大腰筋 小腰筋の神経が分岐していて、腰椎の異常が大腰筋と小腰筋を収縮させています。
大腰筋・小腰筋は胸椎12番~腰椎5番のおなか側にあり大腿骨と骨盤につながっていて、脚を持ち上げるときに働く筋肉です。


   ( ちょっと見にくいですがの部分)

日常的に内側から腰椎を引っ張りますので腰椎は湾曲を強めることになります。
多くの反り腰が腰椎1番〜3番の骨間が狭くなっていますので、細かい歪みを修正することで反り腰が解消して背中の張りもなくなるようです。
このまり背骨のゆがみに端を発した神経症状で腰痛から派生する症状の一部と思っていただいて差し支えありません。
腰が反っている・猫背が気になる方はこの症状の可能性があります。

【この症状の方が同時に発症しやすい症状】
この症状の方は腰椎の1番~3番にずれがありますのでその部分が神経支配している場合に起こりやすい症状は
①    便秘をはじめとした内臓の不調
②    太腿全体⇒膝痛、股関節痛、臀部痛、
などになります。

お問い合わせ・ご予約は 0566-55-4508
Web予約
スマートフォン http://t6410.jp/yoyaku/s/242691
PC http://t6410.jp/yoyaku/p/242691
この施術は数多くの実績があります。
したがって初回の施術終了後に何一つ効果を感じていただけない時は初回料金(施術料+初診料)は頂きません。


トップページへ戻る https://www.youtuu-anjou.com/



 

  



このページのトップへ