HOME > 慢性的なお悩みをお持ちの方へ > 腱鞘炎

慢性的なお悩みをお持ちの方へ : 腱鞘炎

腱鞘炎・ばね指(手首や指の痛みの原因と対策)

腱鞘炎

物をつかむなど、手や指を使いすぎたために痛みが出た症状です。
理容院・美容院やキーボード入力等手や指を多く使う方に多く見られます。
育児をしているママにも大変多く見られ、ダッコや家事の疲れが原因です。
当店では産後の骨盤矯正のコースに含まれているほどです。

痛みは手首の部分に出る事が多いですが、肩から手首までの筋肉に疲労が蓄積しています。
強いハリと痛みが伴っていて作業の継続が困難になります。
身体を休ませれば軽減してゆきますが、実際には休めない方がほとんどでしょう。
大変深刻な症状ですが、外見上は何の変化もないために周囲の理解が得られない場合があります。
手首の部分には指の腱が通っている鞘(トンネル)があり、太く縮んだ腱がこすれて炎症を起こし痛みが出ます。
この段階まで来ると腱の収縮力で手首が前腕に引き寄せられ、手首の骨(手根骨)が癒着を起こし手首が動かなくなります。

腱鞘炎と関節の痛みで大変辛いのですが、さらに進行すると肘と肩にも痛みが出てきて、全く使い物にならなくなり、ばね指の症状が現れると、意思に関係なく指が曲がるようになります。
つかんだものを落とすなど事態は深刻で一刻も早い対処が必要です。

腰痛バスター安城では手首の関節も含めて適切に対処をしています。

施術内容

首の回りの骨格のズレが肩や腕の筋肉のハリに影響を及ぼしていることがあります。

首・背中・腰の矯正を行い体幹の土台を整えます。

次に肩回りから上腕・前腕の筋肉に干渉波の電流を流し弛緩させてからほぐしてゆきます。

つぎに手首の部分の骨(手根骨)の癒着をとり動きを良くします。

症状によって数回の施術で回復してきます
が、そのあとも同じ作業を続けているわけですので、月に1度程度の頻度で継続してゆけば楽な状態を維持できます。

施術料金

1回5000円
3回券14000円
5回券22000円

このページのトップへ