HOME > よくある質問 > 3ページ目

よくある質問 3ページ目

背中や腰が痛くてよく寝られません


骨盤が歪んで腰痛が起きていますが、その時に仙骨の角度が湾曲して反り腰の状態になっています。腰椎の湾曲も強くなっているのですがそのバランスをとるために背中の湾曲も強くなり、いわゆる猫背の状態になります。そうなると仰向けで寝た時に背中が痛むことになります。

施術で楽になったのですが、また痛くなりました

二足歩行(二本足で真っすぐに立つこと)は大変に不安定な姿勢で、骨格に無理をさせています。さらに悪い生活習慣が骨格の歪みのもとになりせっかく矯正した骨格をもとの悪い状態に戻すことになります。ですから骨格矯正と同時に生活習慣の見直しもしていただくとよいでしょう。当店では施術と同時にご説明をしています。

ストレッチをやっているのですが腰痛が良くなりません

そういう方が非常に多いのですが、腰痛に対してストレッチをするのは根本的に間違っています。ストレッチは硬くなった筋肉を伸ばすために行うものですが、腰の痛みは筋肉の硬さが原因で起きているわけではありません。
骨格の歪み・関節の形状が変形して起きていることがほとんどですので、この場合の解決手段はゆがんだ関節を適正な形に戻すことです。
確かに関節が変形することで筋肉は固くなりますし、背骨から枝分かれした神経を脊柱が圧迫して筋肉が硬くなりますのでストレッチをしたくなる気持ちもわかりますが、いくらやっても変化がないばかりか関節をさらに変形させることになり結果的に悪化することが多くなります。


腰が痛いときには腰だけを施術するのですか

骨盤がゆがむと背骨や首や顎、肩や膝 足首など広い範囲に影響が出ます。それらの関連のあるところは全て修正します。また、仕事やスポーツなどで体を使いすぎた時に起きる肩や膝などの痛みも対処します。ご来院の際に違和感のある場所をメモなどでお持ちいただけば、一連の施術として行います。

カイロプラクティックは癖になるという話を聞きますが本当ですか

そのことに関しては2つのことが考えられます。一つは施術を継続していく途中で何らかの理由で中断してしまった場合です。何日かの間隔をあけて施術をしてゆきますが、その途中で来院されなくなった場合は数日で元の状態に戻ります。一人一人の治癒の状態に合わせたスケジュールを組み立てていますので、担当者のお願いしたスケジュールはできるだけ尊重してください。もう一つは施術スケジュールが終了した後の問題です。終了したからと言ってもう腰痛が発症しないかというとそうではありません。様々な生活習慣があったり骨格を支える筋肉量が不足していたり筋肉の質が固かったりと、腰痛を引き起こす原因はたくさんあります。終了後も定期的なメンテナンスをしながら原因を特定して取り除き、腰痛の起こりにくい体を手に入れるお手伝いをさせていただきます。

カイロプラクティックは痛いというイメージがありますがどうですか

骨格を矯正するときに痛みがあると、力が入ることにより正しい結果につながらないので、できるだけ痛みのない方法を選択します。
ただ、矯正は手や指を使って骨を所定の位置に導きますので、炎症がある場合に痛みがあることもありますが、基本的に矯正をしているときには気持ちがいいという評価をいただいています。

<<前のページへ123

このページのトップへ