ブログ

脚を組んで座る

驚きヘッダー.pngのサムネイル画像


「脚を組んで座る」
足を組む.jpgのサムネイル画像
(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)
 
足を組む.jpg
足を組む.jpg
これが良くないのは皆さんもよくご存じのことと思いますが、漠然と理解しているのではないかと思います。
そこでその仕組みを説明します。

脚を組む時の動きを分解すると、
①足を上にあげる、
②太腿を外旋させる
の二つになります。

①脚を上にあげると骨盤は後傾(上向き)になり、坐骨は位置的には高くなり、骨盤は歪みます。
②太腿が外旋すると、
骨盤は後傾する仕組みになっています。

これは大腿骨の形が関係していて、絶妙のしくみが悪い方に働いています。



①②の働きにより骨盤が後傾すると、上方に変位しますので骨盤は左右に傾き、背骨は湾曲をします。
上方に変位した側に体重がかかり続けるので身体全体の歪みは進行を続けて、とどまるところを知りません。
 
また骨盤の形が悪いために身体全体のバランスが不安定になり、足を組まずにはいられなくなります。
興味本位や何気なしに始めた足を組む動作がやめられなくなりますので、心当たりのある方は早めに骨格矯正を受けましょう。
 

過去の記事

全て見る