ブログ

仰向けで足を組む

驚きヘッダーfacebook.pngのサムネイル画像

仰向けに寝た時に足を組むことがありますね。実はこれも腰痛の原因になっています。

(※人間の体の不具合には様々な原因が考えられますので、以下の内容はすべての方の結果をお約束するものではありません。)

2仰向け.jpg

大腿骨の骨頭(大転子)の微妙な角度のなせる業で、通常は歩行を絶妙に助けているのですが、仰向けになった場合には逆に悪い作用を及ぼす場合があります。



足を組んで寝た時に上方の足は外側に回転する力が働きます。
大腿骨が外回転をしたときには大転子(大腿骨の骨頭)の角度の働きにより骨盤が後方に傾く作用があります。

もともと仰向けで寝た時の骨盤は後方へと傾きますので、相乗効果のために後傾が強まります。
このときに骨盤が後に傾くのが腰痛の始まりです。

更に左右どちらかが後傾している場合は、身体は同じ側にねじれますので背骨の湾曲も複雑なものになります。

 
大腿骨骨頭の角度はもともとは四足歩行の時に骨盤の形状に合わせて形成されてきたのもですが、二足歩行に転用している為のミスマッチと言えます。
四足歩行の動物が仰向けに寝ることは殆どありません。
生物の一番の弱点のお腹をさらけ出すことは本能的にしないからです。

しかし危険を取り去ったために四足歩行以外の体勢が可能になり、その結果として不具合を起こしたものです。


仰向け.jpg

ただすでに骨盤の形が悪くなっている場合(後方変位)、その形に合わせるために足を組みたくなる悪循環に陥
っています。
その場合は骨格矯正で悪循環を断ち切る必要があります。

(以下の部分を2020.10.20に加筆訂正しました)
私は常に技術の見直しを行っておりますが、この内容につきましても一部見解の見直しを行いました。
このページをアップした2017年5月時点では骨盤の変異について検証を行っている最中で、断定するだけの明確な症例数が不足していました。その後およそ3年半の時間をかけて、800例ほどの実績を根拠にこのほど記述を加筆訂正します。

背骨の一番下に位置する仙骨の左右両側に骨盤(腸骨)が位置していて、この三つの骨が連結した構造に下肢がつながっています。歩行・走行するときには体全体は捻じれ・しなりなどの動きを伴うことで滑らかな動きをしています。この動きを実現するのには仙腸関節(仙骨と腸骨の間の関節)もごくわずかではあっても動いています。
(一部には固定されたままなので動かないと主張する意見もありますが、死体を解剖しているために動くのを見たことがない、関節面の凹凸が仙腸関節・腸骨ともに符合していて固定されたものであるという根拠のようです。この一番基本になる事実を誤認しているために腰痛の八割は原因不明という誤った結論に至っているのではないかと思われます。)
この右変異に偏るのが何故なのかが解明できれば腰痛の更に詳しい原因が突き止められるのではないかと思います。

この仙腸関節の歪みが腰痛の正体で、関節の可動域の限界を超えた時がギックリ腰になります。
仙腸関節面は実に巧妙な角度で構成されていて身体の動きに合わせて斜めに動きます。頭頂部から見た骨盤は、身体の前部分が開き背面は閉じる八の字の形になっていて、関節部分で回転運動をすることで身体の滑らかな動きに貢献しています。
この関節は平面関節と言って両方の骨が平面で接しており、上下左右前後とかなり自由な動きが可能な関節です。
実はこの仙腸関節は後ろから見て、右方向に変異することが圧倒的に多くみられています。本来ですと左右ほぼ同じ割合になってもおかしくないのですが何らかの原因で同じ方向にしか変異していません。

2017年5月時点ではこのことに気が付いてはいたのですが本当にそう言い切っていいのか、症例が少なくその理由も明らかでないために記事内容には反映できませんでした。
症例数はその後800例ほど集まり、その中で逆の変異は3例だけでした。
しかしながらその理由を探してきたのですが未だに不明のままです。
利き手・利き足・利き目の問題も調査しましたが無関係と分かりました。
心臓の位置・肝臓の位置が関与している可能性もあるのですが、3例とも心臓は左・肝臓は右でした。
地球の自転の関係?・・・違いますよね。
どなたかこの問題に造詣の深い方、ヒントでも結構なのでアドバイスいただけましたら幸いです。
今現在の私の仮説は腸の蠕動運動の関与ですが参考になる文献にはいまだに巡り合っておりません。
ただ右変異に偏っているのは間違いのない事実です。

前置きが長くなりましたが、右方向に変異しているということは骨盤が前方の変異もしています。仰向けで足を組んだ場合骨盤は後方に動きますのでもともと前方変異がある骨盤は打ち消しあうことになります。
ところが左の骨盤は右変異が後方の動きになりますので、足を組んだ場合の後方の作用に加算されることになります。
つまり多くの方は右足を上で組むのはそれほどの影響はないものの、左足を上で組むのは腰痛を加速させることになります。
身体の使い方による影響はほかにもあって、それぞれがプラス・マイナスの喧嘩をしています。
多くの方はご自分の腰痛の原因に心当たりがないようですが、特に悪いことをしていなくてもこの程度のことで腰痛は進行するということです。

 

過去の記事

全て見る