ブログ

体に合わない 椅子のひじ掛け


あなたの健康に夢中です
シリーズ「腰痛原因」

あまりにも当たり前のようについていて疑問を持たない
存在の椅子のひじ掛け

これが体に合っていないと腰痛を引き起こします。
皆さんは椅子に座るときに骨盤の前後の角度にはかなり注
意を払うようになってきていますが、左右の傾きは意識さ
れていないのでは。

本当は体格に合わせてひじ掛けも高さを調節できればいい
のですがそんな椅子にお目にかかったことがありません。
つまり大部分の方が合わない肘掛けの椅子を使っているこ
とになります。



体に合わないとどうなるのかと言えば、ひじ掛けに肘を合
わせる動作、つまり体を傾けることになります。↑↑↑↑
骨盤も背骨もは左右に歪みますが、その形はほかでもない
「ぎっくり腰」の形なのです。合わせるのは骨盤と背骨を
ゆがませた「ぎっくり腰」の形を作ることになります。

ほとんどの椅子はひじ掛けの高さも計算したうえで作って
いると思いますが、一番基本的な骨盤の仕組みに対する
認識が不足しているため骨盤を後ろに倒す座り方で設計し
ているようです。
腰痛予防の観点からすると骨盤は立てて座るのが良いとさ
れているのですが、それをするにはひじ掛けが低すぎる
ことになり、高さを合わせるために骨盤と背中をゆがませ
た「ぎっくり腰」の形をとらざるを得ないのです。

Bauhutte(骨盤を立てるいすの座り方!3つのポイント)
より引用
https://www.bauhutte.jp/bauhutte-life/correct-pelvis/
交通機関をはじめ世の中の既製品の椅子は、この間違った
骨盤の認識を基に作られているようですので、
以下の二点を理解してください。
①背もたれは使わない
  •      (体重は背骨で支える。もたれかかる必要はない)
  • ②ひじ掛けが低すぎるときはその存在を無視する。
  •  
このことで骨盤を立て左右はまっすぐに座ることができ、
腰痛の原因を排除できます。
立っている時の腰と背中と同じ状態で座るのが理想です。

過去の記事

全て見る